« オグリキャップ産駒 イギリスで300万円で落札 | トップページ | 京成杯回顧 松岡正海が亡き師匠に捧げた好騎乗 »

2007.01.14

JRA賞 私が記者投票に”理由の付記”を求める訳

今週、発表されたJRA賞で、年度代表馬部門でダイワメジャーに票を投じた報知新聞・浜木俊介記者「私がディープを年度代表馬に選ばなかった訳」という記事を同紙に掲載した。このなかで浜木記者はディープを推さなかった理由として「スポーツの大原則である『フェアプレー』を守ることができなかった」と述べている。

競走能力を高めるために常用していたものではないにしろ「薬物違反」という事実は重い。私は、初めからディープインパクトを候補として頭に置いてはいなかった。 …競馬は馬と人がいて初めて成り立つものだ。もしも、馬には罪がないという理論が通用するのなら凱旋門賞も3着のままで、トレーナーのみ制裁を受ければいいという話になる。しかし、現実は失格。それがスポーツだ。…JRA賞の投票は、競馬界で最高の名誉を与える行為だ。手元にある国語辞典には、名誉とは「道徳的尊厳が他人に賞賛せられること」と記してある。(浜木俊介)

JRA賞の投票内容について、このような記事が発表されたのは極めて有意義なことだと私は考える。浜木記者の主張には多くの反論があるかもしれない。一度の失格でGⅠ4勝の価値を否定するのかといった感じ方は自然だろうし、それならば1位入線で失格になったカワカミプリンセスに投票したことと整合性を欠くようにも見える。だが、多様な主観の集合体こそが投票を行うことの真価である。私自身は浜木記者とは意見を異にするが、真摯な態度で一票を投じた結果は少数派ゆえにより尊重されるべきだと思う。ひとりひとりが自律的に導いた意見を自由に表明できない投票は、何ら意味をなさない。

10日の日刊スポーツ「ダイワメジャーは短距離馬? 失礼のような」も、記者の投票理由をテーマにしたものだ。"該当馬なし"とした水島晴之デスクは「秋の天皇賞を勝った馬に『短距離馬』の称号はかえって失礼ではないか。マイルの部門があればよかった」としている。ベテランの堀内泰夫記者はダイワメジャーに投じたが「マイルとスプリントを分けると、安易に最優秀短距離馬が生まれる可能性も無視できない」と水島デスクのマイル部門分離に疑問を呈している。短距離は何メートル以下を指すのか定義がないことに驚いたが、それぞれ記者の考え方があって投票したことは良く分かる。

そもそも、投票の信頼性が揺らいだのは、一部記者によるお粗末な行動が原因だった。近年では、父内国産部門でテイエムオペラオーに少なくない票が入ったり、混合GⅠを勝ったビリーヴが牝馬だと認識されずに古馬牝馬で選ばれなかったり、障害で相応しい実績を持った馬がいるのに多数の該当馬なしの票があったことが指摘されている。去年、ハットトリックを父内国産だと勘違いした二人の記者がいたことも有名になった。この他、担当厩舎へのゴマすり目的だとみられる一票も散見され、こうした浅はかな投票行動が、「JRA賞は現状ファンが競馬マスコミ人の見識をチェックする場」(昨日の風はどんなのだっけ?)へとしてしまったのではないか。

先般、バーバラ・バイヤー記者を引き合いに出したが、彼女が浜木記者らと同様、熟慮の末、「最優秀3歳牡馬はロジック」と結論に至ったのなら何らおかしくはない。しかし、思考過程が明らかでない以上、外側からは悪ふざけにしか見えない。だから、議論すべきは個々のモラルより、システムの信頼性をどう担保するかということになる。拙ブログでは4年前から事ある毎に「投票理由の付記」を訴えてきた。理由の付記は記者投票の信頼性、権威を強くし、JRA賞のエンターテイメント性も高めるだろう。さらに発表されたものは歴史的な資料として後世に残っていくはずだ。一行でも二行でも良い。競馬を生業とする三百人のプロが、一年間の総決算として競馬観をファンに披露するのは競馬界、マスコミ、ファンにとって素晴らしいイベントではないか。こんな簡単なことを何故やらないのか、不思議でしょうがない。

|

« オグリキャップ産駒 イギリスで300万円で落札 | トップページ | 京成杯回顧 松岡正海が亡き師匠に捧げた好騎乗 »

コラム・書評」カテゴリの記事

コメント

んじゃあ、アンバージャックに票を入れた理由って何なんでしょうね?

投稿: 通りすがり | 2007.01.14 19:41

ご本人に聞いて下さい。。。

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2007.01.19 00:10

単にディープインパクトが嫌いなだけでしょ?
まぐれ勝ちのダイワメジャーを選ぶのもどうかと思いますけど?

投稿: 通りすがり | 2010.01.01 18:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/13483320

この記事へのトラックバック一覧です: JRA賞 私が記者投票に”理由の付記”を求める訳:

« オグリキャップ産駒 イギリスで300万円で落札 | トップページ | 京成杯回顧 松岡正海が亡き師匠に捧げた好騎乗 »