« 年末年始は売り上げ増 踏んばった地方競馬 | トップページ | JRA賞 年度代表馬・ディープインパクトは満票ならず »

2007.01.09

新春恒例 2007年のダービー馬を占う!

2歳戦をもとにダービー馬を占う恒例記事も今回が4回目。毎年3頭ずつ候補をあげてきたが、キングカメハメハディープインパクトはチョイスできたものの、メイショウサムソンは漏れてしまった。ちなみに去年、選んだのはサクラメガワンダー、ジャリスコライト、ナイアガラ。何とも己の不明を恥じなければならない結果になってしまった。三冠のなかでダービー馬は「最も運の良い馬」と形容されるが、やはり一度でもアクシデントに見舞われると、出走自体は間に合っても優勝には手が届かない。2歳ナンバーワンと評されたマルカシェンクが典型だ。

順調なら東京スポーツ杯、ラジオNIKKEI杯を連勝中のフサイチホウオーが最有力候補。東スポ杯では気性の幼さを見せながら、素質の違いで朝日杯FSを勝つドリームジャーニーらをねじ伏せた。続くラジオNIKKEI杯は直線で寄れる場面がありながらも、中団からの競馬で折り合い面で進展を見せた。父ジャングルポケットと同じく府中向きなのは間違いなく、ダービーこそベストの条件だ。不思議なことにラジオNIKKEI杯の偶数年の勝ち馬はヴァーミリアンを除いて全馬、GⅠを勝っている。ヴァーミリアンも統一GⅠには手が届きそうで、ホウオーにとって心強いジンクスになろう。

ライバルはベタと言われようが、ディープインパクトの弟、ニュービギニングか。兄の引退レースの日に十八番を奪う最後方一気でホープフルSを快勝。ブラックタイドやオンファイアが怪我でクラシックを棒にふった印象が強いためか、あるいは調教が動かないためか、血統に見合った評価は受けてこなかった。陣営も半信半疑だったのではないか。だが、レース後、武豊が「少し飛んでくれた」とコメントしたのも、あながちリップサービスばかりとは言えまい。父がサンデーからアグネスタキオンに代わってスピード色が強くなった感はあるが、今後、人気を落としてもホープフルSの強さは忘れずにおきたい。

3頭目は期待料を込めて、まだデビュー前の馬に食指を伸ばしてみたい。管理する伊藤正師がゾッコンのエアシャムス。母はオークス2着など3歳GⅠで常にトップ争いをしていたエアデジャヴーで、エアシェイディ(ホープフルS)、エアメサイア(秋華賞)の弟になる。昨秋に入厩してから冬の府中デビューを目標にじっくりと乗り込まれてきた。皐月賞は捨ててダービー一本に狙いを絞った伊藤正師は、はやる気持ちを抑えてデビューのタイミングを図っている。新馬→500万→青葉賞→ダービーが理想だろうが、それに見合う素質を持ち合わせているかどうか、初戦が待ち遠しい。

|

« 年末年始は売り上げ増 踏んばった地方競馬 | トップページ | JRA賞 年度代表馬・ディープインパクトは満票ならず »

若駒・POG・一口」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。いつも楽しく読ませて頂いています。
2007年のダービー馬ですが、取り上げられた3頭の
他に、タスカータソルテはどうでしょうか。
フサイチホウオー同様、父の傾向から東京コースではさらに爆発力が増しそうで、楽しみにしています。

投稿: participant | 2007.01.10 01:28

フサイチホウオーは確かに強いけど行儀が悪いので多頭数で揉まれたらアウトかも。何となくですがアグネスタキオン産駒の中からダービー馬が出そうな予感がします。サンデー後継はこれとディープで二分するんでしょうかね。

投稿: ジュサブロー | 2007.01.11 14:26

>participantさま 姉のジェミードレスもトニービン産駒でしたし、この配合は合うんでしょうかね。 >ジュサブローさま ホウオーにとって難関は皐月賞でしょうか。府中なら何とかなるかと。

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2007.01.13 00:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/13397708

この記事へのトラックバック一覧です: 新春恒例 2007年のダービー馬を占う!:

« 年末年始は売り上げ増 踏んばった地方競馬 | トップページ | JRA賞 年度代表馬・ディープインパクトは満票ならず »