« ばんえい競馬 きょうにも存廃の判断下る | トップページ | フジキセキ産駒 南アフリカでクラシック制覇 »

2006.12.03

9531勝 ラッセル・ベイズが歴代最多勝樹立

世界の歴代騎手、最多勝記録と言えば、ラフィット・ピンカイ・ジュニアが持つ9530勝が不滅の金字塔だった。しかし、アメリカは広い。 1日、カリフォルニア州ベイメドウズ競馬場で、ラッセル・ベイズ騎手がレコードとなる9531勝をあげた。ベイズは48歳。父ジョー・ヘイズもジョッキー。 74年にデビューして、4万2570回目の騎乗での記録達成だった。これまでベイズは7度の全米リーディングを獲得しているものの、米三大クラシックなど大レースに縁がないこともあって、日本での知名度は高くない。

評論家のアンドリュー・ベイヤー氏は「レベルの低い地方競馬場だから達成できたこと」(東京スポーツ)と辛口のコメントを出したそうだが、今年も350勝をあげている強靱な肉体と精神は、レベル云々を凌駕して賞賛されるべきだろう。日本の最多勝記録は鉄人・佐々木竹見の7153勝、中央所属では岡部幸雄の2981勝であることを考えてみればいい。ちなみに記録を破られたピンカイ(引退)は、世紀の瞬間を現地観戦して新記録を讃えたという。イチローとシスラー遺族の関係のようで清々しい。いつもスポーツの記録やタイトルは正々堂々とありたいものだ。

|

« ばんえい競馬 きょうにも存廃の判断下る | トップページ | フジキセキ産駒 南アフリカでクラシック制覇 »

海外競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/12912324

この記事へのトラックバック一覧です: 9531勝 ラッセル・ベイズが歴代最多勝樹立:

« ばんえい競馬 きょうにも存廃の判断下る | トップページ | フジキセキ産駒 南アフリカでクラシック制覇 »