« 高知 最多勝記録挑戦とウララ主戦騎手引退 | トップページ | 2分26秒3 凱旋門賞のタイムは5秒速かった?  »

2006.10.02

再び世界へ歩みだそう ディープの挑戦を誇りにして

3着。残念な結果だったというのが素直な感想だろう。その上でディープインパクト陣営と武豊騎手には感謝の意を表わしたいし、ディープが日本代表として恥じぬ走りを見せてくれたことに誇りを持ちたい。レース後、武豊は相当なショックを受けていた様子だった。中継では合田直弘氏の質問に答える余力もなかったが、オフィシャルサイトにはまもなくコメントが掲載された。

最後の競り合いの場面、いつものディープインパクトなら、あそこからもう1枚の超トップギアが出てきて突き放していたはずですが、今日はそれがありませんでした。馬場や展開は思っていた通りでしたし、ディープの力を100%引き出せていたら、決して負けることはなかったと思うのです。本当に悔しいです。勝ちたかったです。(武豊日記)

レースは予想通り、少頭数でスローな流れ。ディープは普段より良いスタートを切ったため、アイリッシュウェルズの2番手を進むことになった。追い込みが身上のディープにとって、初めての正攻法の競馬だったが、先行することは陣営は想定していたようだ。坂の途中でシロッコを先に行かせ、3番手に下げる。課題とされていた折り合いはフォルスストレートでも欠くことはなく、 4角も充分な手応えでまわってきた。これまでにない優等生的なレースぶりは、違う馬を見ているようだった。

直線ではシロッコを前に見ながら、最大のライバルとされたハリケーンランを内に閉じこめる格好。武豊としては最高の形になったと思ったのではないか。この2頭を負かすには、ラスト400を過ぎて追い出したのも好判断だった。だが、解説の岡部幸雄が「まだまだ、まだまだ」と叫んでいたのは、ディープを徹底マークしていたレイルリンクが視野に入っていたからだろう。スローの上がり勝負なら、マークして仕掛ける馬の方が圧倒的に有利だ。斤量差もある。一度は差し返すファイトは見せたものの、ゴール前は脚があがった。

直線で追いだした時に突き放せなかったのは、武豊の敗戦の弁のように「ギアが出てこなかった」のか、スローで差がつかなかったのか、相対的な能力の問題なのか、断言はできない。但し、天皇賞春で発揮した驚異的なスタミナを引き出させられることなく、ロンシャン400メートルの瞬発力勝負に敗れたとは言えるだろう。そして、まるでシービーがルドルフとの対決で採った先行策と同じく、破天荒な競馬をしてきた馬が他馬を意識して"常識に適った"乗り方をしたことに、一抹の不完全燃焼感は求められるのかもしれない。

日本競馬界にとって、ディープ敗戦は大きな挫折となることは認めねばなるまい。ディープの超えられなかった世界の壁に、一から挑戦しなくてはならないのだ。しかし、5年、10年、20年の歳月をかけてでも、彼の地にスーパーホースを連れて行く気概を忘れずに歩んで行こう。ディープの偉業を糧にして…。最後につまらない繰り言になるが、重圧を背負った騎手に静かにするようたしなめさせたり、パドックで無神経にフラッシュを焚いていたファンは、何のためにフランスまで出かけたのか、良く考えてほしい。

|

« 高知 最多勝記録挑戦とウララ主戦騎手引退 | トップページ | 2分26秒3 凱旋門賞のタイムは5秒速かった?  »

海外競馬」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。悔しいのただ一言です。今は精神的な疲労で何もやる気が起きないので帰国後、レースについては改めて振り返りたいと思います。本日、帰国いたします。

投稿: triomphe | 2006.10.02 15:59

>triomphe おつかれさまでした。現場にいたファンの疲労は凄かったかもしれませんね

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2006.10.04 02:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/12119858

この記事へのトラックバック一覧です: 再び世界へ歩みだそう ディープの挑戦を誇りにして:

» 凱旋門賞結果〜凱歌を挙げられず〜 [Re:F's blogroom]
 凱旋門賞、ディープインパクトは3着。  1着レイルリンク、2着プライドか。  「三強勝負」では最先着も、「競馬で勝って勝負に負けた」感。そして斤量差なのか。かくも、栄光に立ちはだかる「欧州競馬の歴史と伝統... [続きを読む]

受信: 2006.10.02 21:41

» 日本競馬を背負ったディープは負けたけど、日本競馬が負けたわけではない [Brain Squall 【競馬ニュース&コラム】]
ショック覚めやらぬ凱旋門賞翌日。反応集でもまとめながら、昨日の続きを少々。 【よく頑張ったよ、仕方ないよ派】 ◆凱旋門賞、勝ったのは3歳馬レイルリンク!!!ディープは3着!<stay_gold.com> ◆そう悲観すべきではない<りあるの競馬日記> ◆再び世界へ歩みだそう ディープの挑戦を誇りにして<馬券日記 オケラセラ@馬耳東風> ◆ 凱旋門賞回顧/でもハリケーンランやシロッコには勝ったじゃない...... [続きを読む]

受信: 2006.10.02 23:31

» 凱旋門賞、勝ったのは3歳馬レイルリンク!!!ディープは3着! [stay_gold.com]
凱旋門賞はA.ファーブル厩舎のレイルリンクが勝利!! 日本から参戦したディープインパクトは3着に敗れた。 中継を見た上で思ったことをつらつらと。 まず勝ち馬レイルリンクから。 わりと多くのマスコミが3歳馬で怖いのはこいつと挙げていたように、見事に伸びてきた。 ディープと競り合う形に持ち込んだのも上手かったのだろう。 これは誉めるしかない。 来シーズンのファーブル厩舎を引っ張っていくであろう。 2着プ�... [続きを読む]

受信: 2006.10.02 23:42

« 高知 最多勝記録挑戦とウララ主戦騎手引退 | トップページ | 2分26秒3 凱旋門賞のタイムは5秒速かった?  »