« 札幌で4頭立て 堅いレースでガッチリ稼ぐ? | トップページ | "いつかは社台" ブランド信じてキャロットクラブへ »

2006.09.18

ダービーGP 中央勢vsオウシュウクラウン

日本列島に大雨を降らしながら北上を続ける台風13号。昨日(17日)、私は出張で九州に滞在していたが、欠航になる一便前のフライトでギリギリ帰京することができた。今日(18日)、盛岡競馬場ではGⅠ・ダービーグランプリが行われる。日中の降水確率は70%。強い雨が降ることが予想されている。先行力と時計への対応が求められそうだ。過去の勝ち馬はカネヒキリ、パーソナルラッシュ、ユートピア、ゴールドアリュールなど、中央の一線級がズラリと顔を揃えるレベルの高い3歳交流重賞。今後のダート戦線を占う上でも、見逃せないレースだ。

今年はフラムドパシオン、フレンドシップという中央ダートの二強が故障中で、例年より少し寂しいメンバーとなった。中央勢ではユニコーンS勝ちのナイキアースワーク、同2着のヤマタケゴールデン、ジャパンダートダービー2着のバンブーエールあたりが人気を集めている。だが、絶対的な能力を持つ馬がいない今年は、前走で古馬1000万条件を勝ったシルクウィザードを中心に取る。 3歳3月とデビューは遅かったものの、着実に力をつけて8月までに8戦。前走後は短期放牧に出され、ここを目標に仕上げられてきた。追い切りの動きは抜群。リンドシェーバーの代表産駒となれ。

地元ファンの期待を一身に背負うのがオウシュウクラウン。盛岡では敵無しだったがジャパンダートダービーで3着に好走して、南関東時代とは"馬が変わった"ところを見せつけた。ひさしぶりに現われた強豪だけに、中央勢を蹴散らすようなことがあれば、存廃に揺れる岩手競馬の大きな精神的支柱になるかもしれない。他の地方勢では笠松ミツアキサンキュウ、船橋サンダーオブハート、岩手の牝馬サイレントエクセルなどが出走しているが、馬券に絡むレベルには達していないか。『中央勢 VS オウシュウクラウン』の対決を楽しみにしたい。

◎シルクウィザード ○オウシュウクラウン ▲バンブーエール
△ナイキアースワーク、ヤマタケゴールデン、マンオブパーサー

|

« 札幌で4頭立て 堅いレースでガッチリ稼ぐ? | トップページ | "いつかは社台" ブランド信じてキャロットクラブへ »

地方競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/11938750

この記事へのトラックバック一覧です: ダービーGP 中央勢vsオウシュウクラウン:

« 札幌で4頭立て 堅いレースでガッチリ稼ぐ? | トップページ | "いつかは社台" ブランド信じてキャロットクラブへ »