« 革命の時は来た 世界を決する武豊のゴーサイン | トップページ | 高知 最多勝記録挑戦とウララ主戦騎手引退 »

2006.09.30

ディープに熱狂する日本列島 国民的祭典を楽しもう!

一般メディアも巻き込んで、ヒートアップしていくディープインパクト報道。当初の「もしかしたら勝てるかもしれない」という控えめな評価が、「勝って当然」という興奮気味の雰囲気に変わりつつあるのは、ワールドカップのような国民的祭典になった証左。しかめ面をして憂う必要はなく、競馬ファンとしては喜ぶべきことではないか。過剰な期待は大きな落胆を引き起こすかもしれないが、そこはコアなファンがしっかり受け止めよう。どのような結果でもディープが歴史的な名馬であることには違いないのだから。日本中の関心を集める未曾有の海外挑戦を、勝利を信じて楽しんだ方が良いと思う。ディープと同時代にファンであったことに感謝しよう。 こんな出来事は人生で二度とないだろうから。

枠順も確定した。ディープは2番枠。ハリケーンランは1番枠、シロッコは6番枠だ。先行勢が外枠に入ったことで、ディープは先行集団を前に置きながら内々を進むことになりそうだ。ハリケーンランも同じような位置取りか。どちらが先のポジションを取るかは気になるところ。 28日の調教はリードホースを追いかける形で行われ、最後まで追い抜かずに我慢させる訓練を課した。勝負は時の運とはいえ、折り合いさえつけば実力は出し切ることができるはず。結果は自ずとついてくる。 30日にはダニエルウィルデンシュタイン賞(仏G2)に帯同馬のピカレスクコートが出走予定。武豊は同馬を含めて、凱旋門賞まで数鞍の騎乗機会があり、しっかり馬場の具合も確かめることができる。

28日から旅行会社の凱旋門賞ツアーも続々と出発している。当日、ロンシャンには数千人規模の日本人が押し寄せるとみられており、こうした現象は世界でも希有な出来事ではないだろうか。日本人向けマークカードも用意されたという。ロンドンのブックメーカーでは日本人男性がディープの単勝に360万円を投じて話題になっている(フサローなら平場で突っ込む程度の額かもしれないが)。 さらにAmazonでは 「ディープインパクト凱旋門賞制覇」 なる大型本の購入予約も始まった。出版元は日刊スポーツ。値段は950円。無事に発売されることを願って、今からレビューを書いておくのも悪くないかもしれない。

幻となった優勝記念本。予約した人はいた?

|

« 革命の時は来た 世界を決する武豊のゴーサイン | トップページ | 高知 最多勝記録挑戦とウララ主戦騎手引退 »

海外競馬」カテゴリの記事

コメント

なんかプログラムかき集めて、ヤフオクで転売してるのがいますね。大衆競馬と社交競馬の差がいたるところに…
残念です。

投稿: KAT | 2006.10.02 03:52

ヤフオクで高額で取り引きされているのは嘆かわしい限りですね

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2006.10.04 02:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/12092001

この記事へのトラックバック一覧です: ディープに熱狂する日本列島 国民的祭典を楽しもう!:

» オリビエ・ペリエは断言した [地方競馬のたどる道〜武豊も訪れるブログ]
10月1日に開かれる世界最高峰の競馬レース、フランスの凱旋門賞に、日本人とみられる男性がロンドンのブックメーカーで、ディープインパクトに現金で1万6000ポンド(約350万円)を賭け、話題になっている。 賭け率4倍で引き受けた世界最大規模のブックメーカー、英ラドブロークスは、凱旋門賞の賭け金1万6000ポンドに「現金での最高額」と驚く。ディープインパクトが勝てば、男性は賭け金を含め8万ポンド(約17... [続きを読む]

受信: 2006.09.30 10:27

» 凱旋門賞まであと24時間ちょっと!〜ディープインパクトにかかる不安と期待〜 [Re:F's blogroom]
 いよいよ、ディープインパクトが挑戦する『凱旋門賞』の発走が、あと1日というところまで迫ってきた。この間、スプリンターズSをも差し置いた感でスポーツ紙は勿論、一般紙にも特集が組まれるなどして、世間一般にも大... [続きを読む]

受信: 2006.09.30 23:09

» 長かった直線・・・ [今週の気になる馬]
本当に残念・・・ 斤量でしょうかね・・・ この借りは府中で返して欲しいです。 [続きを読む]

受信: 2006.10.02 00:57

« 革命の時は来た 世界を決する武豊のゴーサイン | トップページ | 高知 最多勝記録挑戦とウララ主戦騎手引退 »