« "いつかは社台" ブランド信じてキャロットクラブへ | トップページ | 三冠馬誕生の可能性は十分 敵はプレッシャーだけ »

2006.09.24

1分遅れの無意味な完走 脳震とうも下馬せず

走破時計は2分3秒5。競馬ファンなら、2000メートル戦のタイムだと推測するはずだ。だが、これが1200メートルのものだとしたら、驚くのではないだろうか。 23日(土)の中山メイン・ペルセウスSはダートのスプリント戦。 3番人気ミリオンベルと1番人気サクラビジェイで決着したレースは平穏なものにみえた。しかし、テレビ東京の矢野アナは、勝ち馬がゴールして掲示板に表示された結果を伝えている頃、 1頭の馬がフラフラになりながら4コーナーに差し掛かっているのに気がついた。長谷川浩大が操るウインレジェンドだった。

ウインレジェンドを買っていたファンは、レース中に同馬がどこにもいないことに戸惑っていたかもしれない。ウインレジェンドがゲートから出たのは、スタートして5秒ほど後。しかも、ゲートの前で立ち止まってしまっている。完全に1頭だけ取り残され、まともにレースに参加できない状態に陥っているのは明白だ。 JRAのパトロールビデオで確認すると分かりやすい。この時、ウインレジェンドはゲート内で頭をぶつけて脳震とうを起こしていた。

スタート直前ゲート内で激しく顔を打ち一瞬、気を失っていた ヨロヨロとゲートを出、身体が横に向き倒れそうな走りを促された途端 鼻血が吹き出した 長谷川は気がつかなかったようだ 4コーナー回ってゴールに向かう時、既に鼻から胸から脚から血だらけだった ゴール板を過ぎてすぐ下馬、鞍を外した 馬運車を待つ間、鼻からは血がボタボタ滴っていた 長谷川はジョッキールームで先輩騎手達から、すぐ止めなかった事を叱られたにも関わらず、 「無事ゴールする事だけを心掛けました。すみませんでした」と 動転していた (同馬の生産者・シンコーファームのblogより)

公式記録では発走状況は発進不良【膠着】、競走中に疾病【外傷性左鼻出血】を発症したとアナウンスされている。いずれにせよ、大量に出血しながら1200メートルを走った事実には間違いないようだ。長谷川がいつの時点で出血に気づいたかは分からないが、馬が脳震とうの影響を受けていたことは分かっていたはずだ。再スタートさせて巻き返せるものでもなく、結果的には速やかに下馬するケースではなかったか。同馬は出走停止期間満了後、発走調教再審査となった。

かつて、田中勝春は立て続けに馬体異常を誤認して競走を中止させ、処分を受けたことがあった。騎手としては明らかな故障でもないのに、馬を止めることには強い抵抗感があるのだろう。長谷川も"敢闘精神の欠如"を指弾されるのを恐れる気持ちがあったのかもしれない。だが、騎手の仕事は馬をゴールさせることだけではない。止めたくても止められないプレッシャーや、処分を受ける可能性があるのなら走らせてしまえという雰囲気が蔓延しているなら、改善されなければならないことだ。

|

« "いつかは社台" ブランド信じてキャロットクラブへ | トップページ | 三冠馬誕生の可能性は十分 敵はプレッシャーだけ »

コラム・書評」カテゴリの記事

コメント

日本の競馬においては性悪説のような、つまり関係者ならば誰でも「八百長ありき」という観点で規則が作られているのではないかと思います。今回とは逆に騎手の一存で馬を止めやすいということになれば、ファロン騎手が陥っているような事態を引き起こすこともあるでしょうね。その騎手が「わざと」止めているのか「本当にどこかおかしいと思ったから」止めたのか、客観的な判断は難しいところだと思います。

投稿: ぷる | 2006.09.25 13:03

蛇足ではありますが、カブラヤオーも一度脳震盪で大敗したことがあったと思います。歴史的名馬でそれを体験した菅野騎手のその時の心情やいかに、と聞いてみたいところではありますが。

投稿: ぷる | 2006.09.25 19:46

>ぷるさま せめてゲートで頭をぶつけて、発走しても立ち止まっている場合は止めても処分されないようにしてほしいですね。

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2006.09.26 01:27

>ぷるさん
今回に限っては、あれだけの鼻出血を起こしているのですから八百長も何もないでしょう…。

長谷川騎手は、走り出してすぐ、鼻出血には気付いていたようです。
ただ逆に脳震盪については、何故ゲートから出ないのか、何故ゲートを出ても走らないのか、その部分でパニックになった可能性はありますね。

投稿: バーリンと呼ばれた女 | 2006.09.26 12:56

>バーリンと呼ばれた女さま 長谷川個人としては相当、パニックになってたんでしょうね。

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2006.09.27 11:48

長谷川騎手は、馬が止まった時、すぐ下馬しようと思った(つまり脳震盪にも気付いていた)、しかし馬が走る気になってしまったので完走せざるを得なかったと発言しているようです。
自分は近くで観ていましたが、今にも止まりそうな走りにしか見えませんでした。現実にゴール板を過ぎた処で同レース出走の馬&騎手が待ち構えていましたが、長谷川騎手はその手前ですぐ馬を止め、下馬しました。

・・・もう何が何だか解りません。

投稿: バーリンと呼ばれた女 | 2006.09.27 21:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/12017906

この記事へのトラックバック一覧です: 1分遅れの無意味な完走 脳震とうも下馬せず:

« "いつかは社台" ブランド信じてキャロットクラブへ | トップページ | 三冠馬誕生の可能性は十分 敵はプレッシャーだけ »