« 1分遅れの無意味な完走 脳震とうも下馬せず | トップページ | 凱旋門賞 ディープの命運を握るロンシャンの馬場 »

2006.09.26

三冠馬誕生の可能性は十分 敵はプレッシャーだけ

地味な二冠馬、メイショウサムソンが菊花賞を制することができるのか。大きな試金石となった神戸新聞杯だったが、三冠馬誕生を実現させるのに十分な及第点だったと捉えたい。石橋守の騎乗は誉められたものではなかった。1コーナーでタマモサポートらと接触(過怠金3万円)、 4コーナーでアドマイヤメインと接触(過怠金1万円)、ゴール前で内に斜行(過怠金3万円)。二冠馬でなければ、降着処分になっていたかもしれない。内枠だったのと、スタートしてかかったことに石橋が焦ったようにみえた。それでも叩き合いを制して、勝ったと思わせた内容での2着だから、悲観する必要は全くない。

ドリームパスポートはサムソンとは対照的に、高田潤の完璧な騎乗が勝利へと導いた。通常より前に位置する6番手追走。 4角では他馬を先に行かせて、一呼吸おいてから追い出した。ドリームパスポートはきさらぎ賞でも先に抜けたサムソンを差しきっているが、早い時計の馬場ほど能力を発揮できるタイプ。距離の融通は利きそうで、菊花賞でも必ず上位に食い込んでくるのは間違いない。2番人気アドマイヤメインは完調さを欠いていた。本番まで何処まで戻してこれるか、調教に注意したい。

セントライト記念が低レベルな結果になり、春と上位陣の勢力図は変わらなかった。勝負根性とスタミナが特長のサムソンにとって、菊花賞は他馬より有利な条件だ。三冠を阻むものがあるならば、それは鞍上へのプレッシャーだろう。長丁場で折り合いを欠いた場合に、石橋が落ち着いて馬を御せるか。神戸新聞杯の失敗を糧にできるか、トラウマとしてしまうかで結果は正反対になる。トライアルで不利のあったアペリティフ、北海道で1000万条件を楽勝したアクシオンらが、菊の伏兵陣としては面白い存在だろう。

|

« 1分遅れの無意味な完走 脳震とうも下馬せず | トップページ | 凱旋門賞 ディープの命運を握るロンシャンの馬場 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/12042432

この記事へのトラックバック一覧です: 三冠馬誕生の可能性は十分 敵はプレッシャーだけ:

» メイショウサムソンは菊花賞を制し3冠を達成する? [tom5412@eBet]
 1983年ミスターシービーが3冠を達成し、翌1984年シンボリルドルフが3冠を達成し2年連続の3冠馬が誕生した。  2006年メイショウサムソンが2年連続の3冠馬誕生へ向けて菊花賞に臨む。  2005年ディープインパクトが無敗で3冠を達成したのに対し、メイショウサムソンはここまで12戦6勝。  秋初戦の神戸新聞杯ではドリームパスポートに敗れたものの2着に入り、実力上位を示した。  メイショウサムソンが菊花賞を制し三冠馬となるのかが問題。 <メイショウサムソンのライバル馬> ○ド... [続きを読む]

受信: 2006.09.27 00:04

« 1分遅れの無意味な完走 脳震とうも下馬せず | トップページ | 凱旋門賞 ディープの命運を握るロンシャンの馬場 »