« タジマセンチュリー引退 忘れ得ぬ燻し銀コンビ | トップページ | 酷量62キロ コスモバルクが札幌参戦を敢行 »

2006.08.27

夢の未勝利戦? 3頭のオークス馬の娘が激突

もし、これが1年前だったらPOGファンの注目を集めたであろう、良血馬が激突した夢のレースがひっそりと行われた。 26日の札幌5レースは牝馬限定の未勝利戦(芝二千)。姿を現したのはオークス馬の3頭の子どもたちメジロアレグレット(母メジロドーベル)、ダンスオールナイト(母ダンスパートナー)、ショウケイ(母アドラーブル)と、母は歴史に名を残した馬ばかりだ。当然、去年のドラフトでも人気だったが、未だに未勝利に甘んじている。

これまでの戦績はメジロアレグレットが【0220】、ダンスオールナイトが【0315】、ショウケイが【0133】。体質が弱くて全くレースに出れなかったわけではない。いずれの馬も2着、3着を繰り返しており、詰めが甘い、切れ味に欠けるということになるのかもしれない。レースぶりを見ていると、母の勝負根性が全く遺伝していないようにも思える。アドラーブルもエモシオンやサリーレ(父トニービン)の頃は勢いがあったが、ショウケイ(父サンデー)が最後の産駒だ。

レースは1番人気メジロアレグレットが4番手につけ、中団にダンスオールナイト、さらに後方からショウケイという隊列で進んだ。ゴール前は5頭による一団の叩き合いになったものの、メジロアレグレットはクビ差の2着、ダンスオールナイトは4着、ショウケイは遅れて9着に敗れた。相変わらずのレースをしてしまったわけであるが、当の本人からすれば「母親と私は別人格なのよ!」と、比較されて怒っているかもしれない。気持ちは分かるが、勝利はもう少し。ガンバレ、女王の娘たち!

|

« タジマセンチュリー引退 忘れ得ぬ燻し銀コンビ | トップページ | 酷量62キロ コスモバルクが札幌参戦を敢行 »

若駒・POG・一口」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/11625151

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の未勝利戦? 3頭のオークス馬の娘が激突:

« タジマセンチュリー引退 忘れ得ぬ燻し銀コンビ | トップページ | 酷量62キロ コスモバルクが札幌参戦を敢行 »