« 欧州馬の底力 気を引き締めさせられた一戦 | トップページ | 八百長考 競馬とファロンとボクシング »

2006.08.01

出資馬決定 アグネスデジタル&マイネルラヴ

今年もクラブ馬主の出資の季節がやってきてしまいました。一口への課税強化でクラブ法人は揺れていますが、深刻な影響が出るのは50万とか100万とか出資している大口会員の方々。 500分の1で一口数万円の貧乏馬主には関係のねぇことでござんす。というわけで、どうせ勝てないんだろうなと思いつつ、シルクホースクラブの1歳牡馬から2頭、会員優先期間に申し込みました。去年は満口馬が6頭いたのですが、今年は当歳の1頭だけ。売れ行きはどうだったのでしょうか。

では、値段が高い方から。5-16、アグネスデジタル×スニーカー(byアスワン)。総額1800万円、一口3万6000円です。父は芝、ダートを問わずGⅠで6勝をあげたオールラウンダー。1歳が初年度産駒になります。母は芝スプリントの1000万特別を連勝した馬。祖母の姉に桜花賞2着のコーセイがいる母系は少し古いのかな?でも、こういう血統にミスプロ系を重ねたら、良い塩梅で復活しそう。父がどんな産駒を出すのかは分からないが、本馬は短距離の差し馬っぽい。名門・千代田牧場産、母と同じ美浦・鈴木伸尋厩舎。

続いては5-48。マイネルラヴ×ピュアルージュ(byスキャン)。ぐっとお安く総額800万円、一口1万6000円。父はコンスタントにB級ホースを送り出してますね。本馬は初仔。母は4戦未勝利ですが、叔父に七夕賞を勝ったミデオンビット、中央3勝のシルクヒーロー(現役)がいます。その母系の勢いに賭けた1万6000円ですよ。ただ、スキャンの血からしても、ダートの方がよさそう。ナイスネイチャの主戦でお馴染み、栗東・松永昌博厩舎。んー、この世代は芝とダートの短距離の差し馬のコンビっつー感じか?とにかく無事で来年のデビューに漕ぎ着けてほしいです。

|

« 欧州馬の底力 気を引き締めさせられた一戦 | トップページ | 八百長考 競馬とファロンとボクシング »

若駒・POG・一口」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/11174916

この記事へのトラックバック一覧です: 出資馬決定 アグネスデジタル&マイネルラヴ :

« 欧州馬の底力 気を引き締めさせられた一戦 | トップページ | 八百長考 競馬とファロンとボクシング »