« セレクトセール初日 バクシンオー産駒に9600万円 | トップページ | バブル再来? キンコンカンが霞んだセレクトセール »

2006.07.11

真夏の夜はJDD 砂のクラシックで全国の雄が激突!

今年の夏は大井が熱い! 先日の帝王賞ではアジュディミツオーとカネヒキリの一騎打ちに沸いたが、今度は全国の競馬場を代表する3歳馬が大井に集い、ダートクラシックのチャンピオンを決するジャパンダートダービー(12日)が行われる。先月、ダービーウィークとして札幌から佐賀まで6つの競馬場で施行された各地のダービーで優先出走権を得た馬に加えて、中央のダートの雄も招待して勝負を決しようと言うのが新生JDDだ。

残念ながら札幌代表のフジノダイヒットは取消しになってしまったが、全国から個性的なメンバーが顔を揃えた。岩手ダービー馬・オウシュウクラウンは目下、4連勝中。ジェイドロバリー産駒の外国産馬で、南関東在籍時よりパワーアップが期待される。東海ダービーを圧勝したホウライミサイルも怖い。中央挑戦では土を付けたが、地元では敵なし。外弁慶への試金石。この他、兵庫代表・ウインドファンタジ、荒尾ダービー馬スターオブジャパンが何処まで食い下がれるかも見物だ。

迎え撃つ南関東勢は東京ダービーを勝ったビービートルネードが回避してしまったため、 3着のサンキューウィンが大将になる。東京ダービーに挑むまでは羽田盃を含めて3連勝を飾っていた上がり馬。今回も積極的にハナを叩くことになりそうで、先行有利の馬場なら逃げ切り勝ちも充分にありえる。アジュディミツオーの再現といきたいところだ。東京ダービー5着のトネノキング、6着のキングトルネードは堅実味はあるが決め手に欠ける。混戦で浮上とみたい。

ここ4年連続で勝ち馬を送り出している中央勢。だが、今年はフラムドパシオンの故障でカネヒキリ、ゴールドアリュール級の参戦はなし。それでも連勝でユニコーンSを制したナイキアースワークの力は一枚上手か。但し、差し馬で最内を引いてしまったのがどうでるか。それならば好位で立ち回れるフレンドシップに食指が動く。前走の兵庫CSまでダートで6連対中。鞍上は大井リーディングの内田博幸だ。ユニコーンS2着のヤマタケゴールデン、武豊ナイアガラは連下までだろう。

◎フレンドシップ ○サンキューウイン ▲ナイキアースワーク
△ヤマタケゴールデン、ナイアガラ、ホウライミサイル

>>ジャパンダートダービー出馬表 (大井2000m・7/12)

|

« セレクトセール初日 バクシンオー産駒に9600万円 | トップページ | バブル再来? キンコンカンが霞んだセレクトセール »

地方競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/10894168

この記事へのトラックバック一覧です: 真夏の夜はJDD 砂のクラシックで全国の雄が激突!:

» ジャパンダートダービー予想 [本間甲斐奈のサラブレッドの心]
今年で8回目となるジャパンダートダービー(JDD)。 南関東クラシックロードの最終関門であり、交流GIでもある3歳ダート界No.1決定戦。 ここ最近の交流GIでは、力の抜けた馬が1頭または2頭いますが、今年のこのレースは混戦模様。 とはいえ、地方馬にも..... [続きを読む]

受信: 2006.07.11 09:27

« セレクトセール初日 バクシンオー産駒に9600万円 | トップページ | バブル再来? キンコンカンが霞んだセレクトセール »