« 真夏の夜はJDD 砂のクラシックで全国の雄が激突! | トップページ | 再録: 戦火からの復興 レバノン競馬観戦記 »

2006.07.13

バブル再来? キンコンカンが霞んだセレクトセール

3日間に渡って繰り広げられたセレクトセールが幕を閉じた。当歳の世界レコードとなる6億円馬をはじめ、14頭のミリオンホースが誕生。全体を通しても、合計469頭が上場され、330頭が落札された。売却率は70.4%と低下したものの、売上総額は117億5450万円で、去年の79億7200万円を大きく上回った。平均価格は3561万9696円だった。おなじみの金子真人、近藤利一、関口房朗の"キンコンカン"を圧倒するダーレー新興馬主の参入が、前代未聞の巨大セールを産み出す原動力となった。今後の競馬界を左右するであろう、今年のセレクトセールを振り返ってみたい。

初日は8年ぶりの1歳馬のセールが開かれた。この日は2、3日目の波乱を予感させる序章。その結果は先般の拙記事「セレクトセール初日 バクシンオー産駒に9600万円」を見ていただきたい。当歳に比べるとレベルが落ちるのは否めなかったが、バイヤーの多田信尊母ヴェイルオブアヴァロン(父Pivotal)を2億500万円で落札。馬主は山本英俊。パチンコ機『CR松浦亜弥』などのパチンコ機器メーカー・株式会社フィールズの社長だ。ダーレー・ジャパン母マイケイティーズ(父サクラバクシンオー)に9600万円の値をつけた。まるで中央参入を却下された怒りをぶつけるかのようで、今年のダーレーは本気だと感じさせる凄味があった。

2日目。6億円ホース、母トゥザヴィクトリー(父キングカメハメハ)から語らねば失礼か。近藤が2億、関口が3億、金子が4億まで競り、最後はダーレーと多田の一騎打ちに。激しい攻防の末、6億円まで競り上げたところで多田が勝利を収めた。馬主は「共同所有」としか明かされなかったが、前出の山本らとみられている。牝馬に6億とは常識では解せないが、馬主は海外で走らせることを視野に入れているという。山本は去年から中央の馬主としてミスターケビン(藤沢厩舎)などを所有。今、いちばん儲かっているのはパチ屋ということだろうが、次々と経済力ある人間を馬主として引っ張ってくる藤沢&多田には恐れ入る。

一方、ダーレーも負けてはいない。母ブルーアヴェニュー(父フレンチデュピティ)を3億円、母マストビーラヴド(父スウェプトオーヴァーボード)を1億4000万円で購入するなど、オイルマネーの力を見せ付けた。母トゥザヴィクトリーを最後まで競ったことも含めて、ダーレーはセールを通して、JRA、馬産地、馬主団体に中央参入へ無言の圧力をかけているように思える。南関東ではペイできない大枚をはたくことで、中央の扉をこじ開ようという強い意志を示すとともに、これだけ日本の馬産地に資金を投下できるのだというアピールになったのは間違いない。セレクションセールでも買いまくるようなら、ダーレー待望論が日高から出てもおかしくない。

最終日に意地を見せたのは近藤母ローザロバータ(父キングカメハメハ)を1億6200万円で落札した。近藤が使った額は3日間で6億4800万円(18頭)だった。「経済状況を考えると、お金だけが独り歩きしている。購買者のプランがあるのかどうか」(内外)と大相場に批判的だ。金子は計16頭を購入したが、1億円超えは1頭だけ。もともと6000万円前後のリーズナブル?な層を狙う人だけに、価格競争には冷ややかだったか。関口はフサイチ軍団に1頭もいない1歳世代を中心に計11頭(8億円)を購入。「心をくすぐるような超A級の馬は見当たらんかった」とのこと。高騰したキングカメハメハ産駒は1頭もおらず、多田とダーレーの陰に印象も霞んでしまった。

今年は3頭のミリオンホースを出したキングカメハメハの評価が圧倒的に高かった。日本で良績のあるキングマンボの系統ということや、サンデー系の優秀な肌馬と配合されたことが要因だ。まだ走っていない産駒を評することはできないが、優秀な繁殖相手と社台のバックアップがある以上、ポストサンデーのリーディングサイヤーとなる可能性は高いだろう(6億円ホースの未来は分からないが)。また、当歳の売却率は良かったが、主取りになった馬の生産牧場をみると、日高の有名牧場がズラリと並ぶ。社台ブランドの一極集中化は当然のことではあるが、今春のクラシックを日高勢が独占したことを考えると、少しばかり寂しい結果ではある。

|

« 真夏の夜はJDD 砂のクラシックで全国の雄が激突! | トップページ | 再録: 戦火からの復興 レバノン競馬観戦記 »

気になるニュース&ブログ」カテゴリの記事

コメント

ダーレーが日本で取得または生産した馬を日本で走らせるなら、他の馬主と大差なくなりますねえ。というか、一番「日本的な」馬主ということになります。

投稿: yoshimasa | 2006.07.13 22:08

照哉さんが「キングマンボ系は種牡馬として実績が・・・」みたいなことをどこかで言っていた記憶があるのですが大丈夫なんでしょうかね。母系が揃ってるので大失敗はないでしょうが。ダーレーがクロフネの下を買ったのをみて思ったのですが有名馬の下とか有名馬の仔ばかり狙い撃ちして買えばそれが中央で走らないとなるとファンがどう思うかですよね。パチ屋馬主を認めるくらいならアラブ馬主も認めてやれよって話です。どうせどっちも日本人じゃ(以下略・・)

投稿: スイフトセイダイ | 2006.07.14 14:08

>yoshimasaさま 外国産馬を大量に輸入しなければそうだと思います。 >スイフトセイダイさま ラインクラフト、アドマイヤムーンと有名馬の下を買うんですね。

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2006.07.17 01:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/10919291

この記事へのトラックバック一覧です: バブル再来? キンコンカンが霞んだセレクトセール:

« 真夏の夜はJDD 砂のクラシックで全国の雄が激突! | トップページ | 再録: 戦火からの復興 レバノン競馬観戦記 »