« POG指名馬決定 1位グレインアート! | トップページ | "勝って同条件" なし クラス分けルール変更 »

2006.06.17

新馬戦スタート アドマイヤコジーンが猛威ふるう?

きょう(17日)、待望の中央競馬で2歳新馬戦が始まる。来年のダービーに向けて、クラシックロードの火蓋が切って落とされる。新馬戦は函館、福島、京都で1鞍ずつ組まれている。最初に発走するのは函館(芝1000)。追い切りで併走馬を圧倒したローレルゲレイロ(父キングヘイロー)が人気を集める。良血度で言えば、サクラバクシンオーを兄に持つイデアーレ(父アドマイヤベガ)。新種牡馬の産駒ではホワイトキリシマ(父ワシントンカラー)は人気がないが、距離適性からも思い切って狙うのも面白い。

福島(芝1000)にはアドマイヤコジーン産駒が2頭、登場する。ドクマイネペローラ。ビッグレッドで乗り込まれたマイネペローラに期待がかかる。この他、キルシュブリューテ(父マンハッタンカフェ)、リラ(父ダイタクリーヴァ)、マイネバイレ(父スクワートルスクワート)といったフレッシュサイアーの子どもがレースを彩る。最もクラシックを意識できるのは京都組(芝1400)ということになろうが、POGでも指名した人も多かったアドマイヤデューク(父アドマイヤコジーン)の走りに注目したい。鞍上は武豊だ。父譲りのしぶといレースを見せるだろうか。

|

« POG指名馬決定 1位グレインアート! | トップページ | "勝って同条件" なし クラス分けルール変更 »

若駒・POG・一口」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/10557355

この記事へのトラックバック一覧です: 新馬戦スタート アドマイヤコジーンが猛威ふるう?:

« POG指名馬決定 1位グレインアート! | トップページ | "勝って同条件" なし クラス分けルール変更 »