« 赤本まつりレポート SSなきPOGをどう戦うか | トップページ | トーホウアラン ゲルマニウムパワー注入中! »

2006.05.23

オークス回顧 データ覆したカワカミプリンセス

今年のオークスはデータ派には全くかすりもしないレースになったのではないだろうか。勝ったのはスイートピーSまで3連勝していたカワカミプリンセス。これまでスイートピーSは入着さえない用なしのトライアルで、強い内容ではあったが手を出す気にはなれなかった。父は高松宮記念馬のキングヘイローだが、もともとスプリント戦を勝つこと事態が驚きの血統だったわけで、種牡馬としてスタミナ豊富な馬を出すことは不思議ではない。

例年、初めての2400メートルということで、オークスはスローになる傾向が強い。ところが、今年はヤマニンファビュルが大逃げを打ち、アサヒライジングが早めに捕まえに行ったお陰で、希に見るハイペースに陥った。1000メートル58秒1。その結果、瞬発力勝負に持ち込みたかったアドマイヤキッスキストゥヘヴンあたりは末をなくしてしまうことになった。かかり癖のあるフサイチパンドラが折り合いを欠くことなく2着に残れたのも納得だ。

カワカミプリンセスは西浦厩舎本田優騎手。テイエムオーシャンと同じ、地味だが燻し銀のコンビだ。オーナーブリーダーは三石川上牧場。遅生まれで売れ残った馬が無敗でオークスを制したのだから、喜びもひとしおだろう。幸いにも競走中止のコイウタは右肩ハ行で大事には至らなかった。今週はダービー。Cコースになっても内有利は変わりないようで、アサヒライジングを3着に粘らせた柴田善アドマイヤメインでどのようなレースをするのか、非常に気になるところだ。

|

« 赤本まつりレポート SSなきPOGをどう戦うか | トップページ | トーホウアラン ゲルマニウムパワー注入中! »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/10196998

この記事へのトラックバック一覧です: オークス回顧 データ覆したカワカミプリンセス:

» [競馬]オークスはカワカミプリンセス [毎日がエブリデイ!]
 今年のオークスはカワカミプリンセスが制した。オークスには縁のないスイートピーSを勝った馬ということで「データ派にとっては難しいレースだった」みたいに言われているが(例えばこことか)、実は私はデータ派なので当たったようなもんなんだよな。  そのデータとは... [続きを読む]

受信: 2006.05.25 00:12

« 赤本まつりレポート SSなきPOGをどう戦うか | トップページ | トーホウアラン ゲルマニウムパワー注入中! »