« ディープ追い切り順調 天皇賞春は乱ペース?  | トップページ | 青葉賞 マチカネ&マツリダでサンデー祭り! »

2006.04.28

オグリキャップ記念 安定度抜群エンシェント

去年はオグリキャップの里帰りで、徹夜組を含む7700人のファンが押し寄せて大変な盛況となったオグリキャップ記念。今年は芦毛の怪物の凱旋こそないが、なかなか個性的なメンバーが集まった。地元・笠松勢が名古屋、兵庫勢を迎え撃つ。その笠松の大将はエンシェント(牡6)だ。大晦日の東海ゴールドカップまで5連勝を飾ったが、年明け2戦は2着に惜敗。だが、安定度は抜群で連軸としての信頼度は高い。

笠松からは女傑クインオブクイン(牝4)も忘れるわけにはいかない。去年のクイーン賞(船橋)では中央のスルーレート、スターリーヘヴンらを押さえて2着を確保した実績がある。体調は前走より上向いており、人気のないときほどあっと言わせるタイプ。キングヘイロー×ノーザンテーストの配合も個人的には好みだ。ミラージェネス(牝4)、ゼンノサンタアニタ(牡6)は交流重賞では家賃が高いか。

おそらく1番人気は名古屋のレッドストーン(牡4)。先月は六甲盃(姫路)をレコード勝ち。スキャン×トウショウボーイでダート1900メートルは血統的にもドンピシャ。ハナを奪えれば、完勝だったスプリング争覇の再現もある。問題はハナを叩かれた時で、名古屋大賞典のようにあっさり崩れる脆さも同居している。但し、幸い同型はおらず、すんなりと先手を取れそうな雰囲気ではある。

兵庫勢ではサニーブライアン産駒のトーコーカント(牡6)。もともと中央のオープンで走っていた馬だが、前走のふさの国オープン(船橋)で復活の勝利。鞍上は去年6月に笠松から兵庫へ移籍した川原正一で、里帰りはこの日が初めて。手綱さばきが楽しみだ。なお、当日は9時半から能力審査が一般公開される。笠松愛馬会のブログも更新再開されたようで、黒字転換を果たした新生・笠松の動きに今後も注目していきたい。

>>オグリキャップ記念出馬表(28日 15:50発走)

|

« ディープ追い切り順調 天皇賞春は乱ペース?  | トップページ | 青葉賞 マチカネ&マツリダでサンデー祭り! »

地方競馬」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰いたしております。
ひっそりと再開していましたのに、ちゃんと見ていてくださり感謝です。
黒字化したものの、色々な犠牲の上での結果で複雑な思いです。そのことで、新たな問題も発生して競馬場の経営は大変なようです。

投稿: ねね | 2006.05.02 20:27

ご無沙汰しております。関係者の方々のご努力には頭が下がります。今年度はもっと売り上げが伸びるといいですね。

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2006.05.03 00:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/9797021

この記事へのトラックバック一覧です: オグリキャップ記念 安定度抜群エンシェント:

» オグリキャップの軌跡 [地方競馬のたどる道〜武豊も訪れるブログ]
明日からゴールデンウィークが始まり、明後日は天皇賞が行なわれる。本日の笠松競馬場では、オグリキャップ記念がある。オグリキャップは天皇賞に3度挑戦し2着2回の成績だったが、有馬記念を2度制している。騎乗した騎手は、安藤勝巳、南井克己、河内洋、岡部幸夫、武豊、そのなかで岡潤一郎が騎乗していたことに注目されられた。 1988年のJRAデビュー、その年に44勝を挙げて新人賞を獲得した。3年目に宝塚記念... [続きを読む]

受信: 2006.04.28 06:43

» 伝説の名馬の冠目指して! オグリキャップ記念 笠松競馬 [地方競馬に行こう!]
もう僕は、ここ何年かに無いくらい反省しています。゚(゚´Д`゚)゚。 そして、後悔しています。゚(゚´Д`゚)゚。 なんかねぇ、おかしいと思ったんですよ、祝日なのにアポがス [続きを読む]

受信: 2006.04.28 08:18

» オグリキャップ記念 [笠松・愛馬会です]
いよいよ明日は第2回笠松最終日、オグリキャップ記念SP1、15時50分発走です。 [続きを読む]

受信: 2006.05.02 20:11

« ディープ追い切り順調 天皇賞春は乱ペース?  | トップページ | 青葉賞 マチカネ&マツリダでサンデー祭り! »