« 皐月賞 中山競馬場は雨を気にする必要なし | トップページ | POG最後の砦? 走れ、ショウナンアルス! »

2006.04.18

皐月賞回顧 神様はバイプレイヤーを祝す

中山競馬場に出かけて、ひさびさにライブ観戦させていただいた皐月賞。予想は見当はずれだったが、レース自体は見応えのあるものだった。断続的な雨に見舞われた中山は良発表とはいえ、例年より1秒は余計にかかるクッションの効いた馬場だった。追い込みの決まらない皐月賞だが、今年はその傾向が一段と強かったと思う。肌寒かったこともあって、入場人員は7万2900人と前年比15%減。どうりで馬券も並ぶことなく買えたはずだ。

レースは前半60秒0-後半59秒9という差のないラップ。問われたのは瞬発力より持続力だった。メイショウサムソンは先行力を活かして、正攻法での押し切り勝ち。石橋守のベテランらしい落ち着いた騎乗だった。オペラハウス産駒ということで、こうした馬場も合っていた。キャリア9戦と使いすぎの嫌いもあったが、クラシックを狙えると分かった時点で馬体を緩めたのが功を奏したのではないか。日高産にこだわってきたメイショウ軍団の勝利は素直に嬉しい。

2着にはドリームパスポート。正直、高田潤に乗り替わり、内枠に入ったことで無印にしてしまった。内外がバラける展開だったとはいえ、焦ることなく内でじっと我慢させたのは騎手の技量によるものだ。高田の騎乗を称えたい。 3着にフサイチジャンク。人気先行の心配もあったが、 GⅠ級の実力があることを証明した。距離が伸びても対応できる。 5着フサイチリシャールは4角スパート。結果的にはマイラーの同馬は失速したが、勝ちに行った競馬で悔いはないだろう。

1番人気アドマイヤムーンは後方から差をつめて4着。武豊は振ったフサイチジャンクにも後れを取ってしまった。この日の武豊は内外の伸び具合を確かめるレースをしていたようだったが、本番では全く活かされなかった。後ろから行って、あれだけ外を回せばディープインパクト級でなければ届かない。ハイペースを警戒したか。馬の具合は悪くなかったと思うが、名手らしからぬ工夫のない競馬だった。マイルよりの中距離馬のムーンでダービーはどこまでやれるか。

以下、着外ではサクラメガワンダーが6着。弥生賞よりはずっと良くなっていた。良馬場、広い府中で巻き返しはある。次走もぜひ内田博幸で見てみたい。ジャリスコライトは7着。レース後のコメントを聞くと、藤沢師も最初から期待していなかったようだ。ファンには迷惑なローテだ。私が本命にしたスーパーホーネットは出遅れて10着。 460キロで競馬をしていた馬が、今回は438キロ。厩舎は否定しているが調整の失敗だろう。返し馬でも口を割っていた。マイルで再度、狙いたい。

競馬学校一期生の石橋守にとって、意外にも?GⅠは初勝利だそうだ。 90年のエリザベス女王杯ではトウショウアイに騎乗し、1番人気になったことがある。この時はキョウエイタップの2着だったが、私が生涯初めて馬券を当てたレース。それが横山典-石橋だったと、今日になって気づいた。苦労人で人格者。武豊も一目置くと言われる寡黙な仕事人。デビュー前からずっと調教をつけてきた馬で勝つのは、実に彼らしい。小島貞博、大西直弘とイメージが重なるなら、2人のように春2冠を掴むのか。

2着の高田潤も松田博厩舎で縁の下の力持ちとして、半ば調教助手となって努力を積み重ねてきたジョッキー。皐月賞の神様は、そんなバイプレイヤーをワンツーフィニッシュさせる粋な計らいを見せた。ゴール後にハイタッチが失敗したのも、抱きつこうとした石橋が瀬戸口師に拒否されてしまったのも、どこかぎこちなくて初々しい。瀬戸口師には石橋の喜びを受け止めてあげてほしかったが。次は東京優駿。堂々と胸を張って主役として舞台に立ってもらいたい。

|

« 皐月賞 中山競馬場は雨を気にする必要なし | トップページ | POG最後の砦? 走れ、ショウナンアルス! »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

藤沢師はダービーに絞ってローテを組んだのかも知れませんが毎度毎度なんでクラシックのセオリーを無視するのか本当に不思議です。馬優先主義なのか馬房優先主義なのかわかりませんがあれでよく馬主さんが逃げませんね。

投稿: スイフトセイダイ | 2006.04.19 00:30

藤沢さんのところはお金持ちしか預けられませんからねぇ。セレブ厩舎はなんでもありというか、藤沢流に従えない馬主は出て行ってもらって結構ということなんでしょうね。

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2006.04.19 02:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/9644462

この記事へのトラックバック一覧です: 皐月賞回顧 神様はバイプレイヤーを祝す :

» ダービーに向けて=≪回顧≫ [JRA未来予想図BLOG]
≪マイラーズC≫ ダイワメジャーが勝った。 順当な結果になっただけに、1着2着の入れ替わりが望ましかった。残念である。 しかし、古馬路線でも通じる牝馬として、2頭が馬券に絡 [続きを読む]

受信: 2006.04.19 20:46

« 皐月賞 中山競馬場は雨を気にする必要なし | トップページ | POG最後の砦? 走れ、ショウナンアルス! »