« 『廃競馬場巡礼』 戦後の熱気を伝える貴重な外史 | トップページ | ディープ追い切り順調 天皇賞春は乱ペース?  »

2006.04.26

リーディング2位 内田博幸が叩き壊す厚い壁

今週、何気なく関東のリーディーング表を見ていて驚いた。トップの柴田善臣に続いて、2位に内田博幸の名があったのだ。毎週のように中央へ参戦しているとはいえ、大井競馬所属のジョッキー。それが中央のライバルを押しのけてしまうのだから、内田博の凄まじさを改めて思い知らされる。ケガや騎乗停止で蛯名、横山典が出遅れていることを考えても、関東の騎手たちはどうしてしまったのかと情けなくなるのも事実だ。

内田博は先週もメトロポリタンSをハイアーゲームで制するなど3勝をあげている。 4月23日終了時点で31勝。トップの柴田善とは5勝差だ。リミットレスピッド(根岸S)、ネイティヴハート(オーシャンS)の重賞勝ちはもちろん、1日6勝という地方騎手の最多勝記録を樹立する派手な仕事ぶりは、中央のファンに舌を巻かせた。良い成績を残せば、良い馬が集まる。歯車は良い方向へと回り続けている。柴田善の尻に火がつくのも、直ぐかもしれない。

そうした地方勢の活躍の一方、関東では半数の騎手が2勝以下に甘んじている。一部の騎手に馬が集まる寡占化の傾向は強くなるばかりで、若手には騎乗チャンスもなかなか巡ってこない状況が続いている。どんな素質のある騎手でも、腕を磨く機会がなければ巧くはなれない。地方に比べて開催日が少ない中央では、若手限定競走をつくるぐらいでは解決にはなるまい。将来的には騎手レベル全体が地盤沈下を起こすことも危惧される。

日本の競馬界では中央が最高峰の舞台である以上、トップジョッキーが集まるのは当然のことだ。ファンとしても、精鋭たちによる質の高いレースを見せてもらう方が良いに決まっている。となれば、もっと中央は地方の優秀なジョッキーに門戸を開くべきだし、地方馬の遠征に伴って同日レースの騎乗を認めるといった、本末転倒になっているルールも廃するべきとなる。外国人に与えられる短期免許が地方騎手に認められないのも解せない話だ。現状ではJRAが忌み嫌ったダブル免許制に実質はなっているではないか。

中長期的な視点に立てば競馬学校は統一化して、騎手の育成は中央・地方の合同で行ったほうが良いと思う。その上で新人は地方で研鑽を積み、あるレベルに到達して騎乗依頼を得られるようになってから、ピラミッドの頂点である中央に参戦するのが摂理ではないか。内田博が地方所属のままリーディングを獲得した時、中央と地方のジョッキーを隔てる壁や矛盾点は鮮明になってくるだろう。彼の活躍はその厚い壁を叩き壊す一歩なのかもしれない。

|

« 『廃競馬場巡礼』 戦後の熱気を伝える貴重な外史 | トップページ | ディープ追い切り順調 天皇賞春は乱ペース?  »

コラム・書評」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。

内田騎手のリーディング2位は、革命的と言ってもよい事件だと思います。

実績、実力のある騎手に馬が集まるのは必然ですが、ある程度の道筋を作ることも必要ですよね。

昨日、競馬学校のことをテレビでやっていましたが、あの子たちが数年後に武豊、内田博、安藤勝らと同じ土俵に放り込まれても結果を出せるはずがありませんから。

そういった意味で、ガトーさんの最後の段落のご意見には、私も大賛成です。

投稿: 治郎丸敬之 | 2006.04.26 22:42

もっと言うと、実質の関東リーディングは藤田伸二という気がしないでもない(笑)この辺に関東の抱える問題があるのかも。
最初の頃は「一体何に乗りに来てるんだ」って思いましたよ。今ではもう慣れっこですが。

投稿: とりおやこ | 2006.04.27 00:38

>治郎丸敬之さま 一部の上位騎手と地方出身、外国人でレースは占められてますもんね。若手は乗ってナンボだと思います。 >とりおやこさま 藤田は藤田ですねぇ。

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2006.04.27 02:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/9769894

この記事へのトラックバック一覧です: リーディング2位 内田博幸が叩き壊す厚い壁:

» 2.3着探し~2006年 天皇賞 過去と傾向~ [競馬予想・必勝法を考えるページ]
ここ3年は大荒れ状態の天皇賞(春)。 しかし今年はディープインパクトの出走で 取りあえず、1番人気は信用できそうです。 しかし2着以下は・・・。 2006年天皇賞( [続きを読む]

受信: 2006.04.26 15:07

« 『廃競馬場巡礼』 戦後の熱気を伝える貴重な外史 | トップページ | ディープ追い切り順調 天皇賞春は乱ペース?  »