« Yahoo! 笠松・佐賀競馬をライブ配信 | トップページ | アネモネS アンテヴォルテに謎の騎手 »

2006.03.09

松田博厩舎が挑む トライアル完全制覇!

先週、アドマイヤムーンで弥生賞を、アドマイヤキッスでチューリップ賞を制した松田博、通称マツパク厩舎。粒ぞろいの3歳勢を抱えるマツパクが大胆不敵な記録に挑もうとしている。それはトライアルレース完全制覇。牡馬は若葉S、スプリングS、牝馬はアネモネS、フィリーズレビュー。まだ4つも残っているじゃないかというご意見はもっともだが、そのいずれにも人気になりそうな有力馬を参戦させるのが今年のマツパクの凄いところ。

まずはフィリーズレビュー。ここには1番人気が予想されるサンヴィクトワールを出走させる。同馬は父サンデー、母がマーメイドS2着などの実績があるヴィクトリーバンク。前走は有力馬が集ったエルフィンSで優勝しており、同レース4着のシェルズレイがチューリップ賞で僅差2着だったことを物差しにすれば、実力は世代トップレベルにあると言えよう。アネモネSはアンテヴォルテ。父はブライアンズタイム、祖母はパシフィカスだから、ナリタブライアンと4分の3が同じ血統構成。抽選を通れば、印がつくのは間違いない。

来週の若葉Sにはキャプテンベガが控えている。休養後、馬体に身が入って2連勝。ダービー馬アドマイヤベガを含めて、兄3頭はステークスウイナー。マツパク先生曰く「アドマイヤムーンの敵はキャプテンベガだけ」というのも、あながちラッパに聞こえないのが今の勢い。スプリングSはドリームパスポート。年明け初戦のきさらぎ賞をきっちり勝って、クラシック戦線に名乗りをあげた。次走も勝って当然の雰囲気。 6頭はすべて社台グループの生産馬だが、これだけの素質馬を預けられるにも名伯楽の証か。まずは土曜のアネモネSから注目したい。

|

« Yahoo! 笠松・佐賀競馬をライブ配信 | トップページ | アネモネS アンテヴォルテに謎の騎手 »

事前見解」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/9010826

この記事へのトラックバック一覧です: 松田博厩舎が挑む トライアル完全制覇!:

» 弥生賞回顧 今年は松田博厩舎クラシック席巻か!? [今週の気になる馬]
◎が1着で○が最下位とは・・・( ゚Д゚)ポカーン [続きを読む]

受信: 2006.03.09 09:44

« Yahoo! 笠松・佐賀競馬をライブ配信 | トップページ | アネモネS アンテヴォルテに謎の騎手 »