« 勝利騎手インタビューで通訳を買って出た意外な大物 | トップページ | Subject: 至急 »

2006.02.19

9億円馬 ミスターセキグチ初戦敗れる

六本木ヒルズの最上階に住む男、フサイチの関口フサロー氏が9億円(800万ドル)という破格の値段で落札したストームキャット産駒が18日、米・サンタアニタ競馬場でデビューした。近親にエーピーインディー、サマースコールがいる超良血で、名伯楽、ボブ・バファート調教師をして「ひとりだけフェラーリを持っている気分」と言わしめた同馬。フサイチネットでは早々に米三冠制覇をめざすことが発表され、その期待から「ミスターセキグチ」と名付けられた。

ミスターセキグチは7頭立て、3歳ダート1100メートルに出走。スタート5番手と出足は一息だったが、エスピノーザ騎手はすぐに押し上げて2番手へ。3角を過ぎて抜群の手応えで先頭に躍り出る。しかし直線、飛ばしすぎてスタミナがなくなったのか、鞭を入れられると尻尾を振って苦しがる素振り。ゴール前、猛追してきた馬に半馬身ほど交わされて2着に敗れた。勝ったのは何と同じバファート師が管理するライジングレートだった。
>>レース映像(無料だが登録が必要)

ミスターセキグチは負けたとは言え、3着以下とは差があり 2戦目となる次走は確勝だろう。但し、クラシックを勝てるレベルにあるかは疑問ではある。ミスターセキグチと同じセールで3億7000万円(日本における外国産馬の史上最高額)で購買されたストームキャット産駒、フサイチギガダイヤは日本でデビューしてこれまで3戦1勝。ともにデビュー戦は飾れなかった。やはり今年の3歳勢では3億3000万円フサイチジャンクが当たりということになりそうだ。

>>9億円のストームキャット産駒 やはり落札者はあの人(2005.4)

|

« 勝利騎手インタビューで通訳を買って出た意外な大物 | トップページ | Subject: 至急 »

若駒・POG・一口」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/8734009

この記事へのトラックバック一覧です: 9億円馬 ミスターセキグチ初戦敗れる :

» ミスターセキグチデビュー [競馬@管理人ブログ - 競馬@]
■9億円馬 ミスターセキグチがデビューしました。 デビュー戦は2着とまずまずで、次は確勝級でしょう!! 以下は関口さんのブログです。 日本時間の今朝、6時半頃に、サンタアニタ競馬場でミスターセキグチがデビューした。さすがのワシにとっても9億円...... [続きを読む]

受信: 2006.02.21 02:40

« 勝利騎手インタビューで通訳を買って出た意外な大物 | トップページ | Subject: 至急 »