« 昭和の職人 大塚栄三郎ジョッキー引退へ | トップページ | '93共同通信杯 人生を分けた勝負の一瞬 »

2006.01.26

公正競馬を害する? ホリエモン所有馬が競走除外

25日、川崎競馬の5レースに出走予定だった4歳牝馬 シェアザブライトン(川崎・村田六郎)が競走除外の処分を受けた。「公正競馬が保持できない」という主催者側の判断によるもの。同馬は9人の共同馬主となっているが、そのひとりに元ライブドア社長の堀江貴文容疑者がいる。社会的問題を引き起こした人物が関係した馬が出走するのは好ましくないとされたわけだ。すでに枠順は確定しており、同馬は1枠1番に入っていた。こうしたケースは前代未聞ではないか。

お祭り騒ぎになっているライブドアショックだが、公共性、中立性が求められる競馬主催者(川崎市)すら、冷静な判断ができなくなっているように見える。堀江はまだ起訴前の容疑者であり、一方当事者である検察側が嫌疑をかけているに過ぎない。競馬法でも馬主資格の取消しは禁固以上の刑が確定した時となっており、川崎市の処分は行き過ぎではないか。堀江名義の馬が出走すると、公正競馬が害される具体的な理由を川崎市は提示できるだろうか? 処分は政治性を帯びたもので、根拠は薄弱だ。

私はライブドア経営陣が行った数々の違法な経済行為は厳しく追及されるべきだと思うし、堀江の株価釣上げを狙ったパフォーマンス、法の網を擦り抜けても金儲けできれば良いという価値観にはまったく共感していなかった。しかし、世間のライブドア叩きの風潮に流されて、本来なら適正に保護されるべき利益さえ、公的機関が一方的に剥奪してしまうことには賛成できない。況やシェアザブライトンは9人の共同所有であり、残りの8人の馬主としての権利は何処へいったのか。

シェアザブライトンは地方競馬共同馬主クラブであるシェアホースクラブの募集馬。地方競馬の馬主資格を持つファンを集い、 1頭を20口に分けて共同所有しようというクラブだ。地方競馬版の一口馬主クラブと考えても良い。シェアザブライトンの権利は一口11万6000円で売りに出されている。堀江が出資している馬には高知のシェアハッピーもいるが、このクラブで何頭の馬を買ったのかは不明だ。今後、他の主催者も追随するのか、高知はホリエモンをどう扱うのか、注目していきたい。

♪カフェ・ド・トサジン♪さんによれば、28日と29日にそれぞれ出走する予定だったホリエモンとシェアハッピーはレースを回避するとのこと。

|

« 昭和の職人 大塚栄三郎ジョッキー引退へ | トップページ | '93共同通信杯 人生を分けた勝負の一瞬 »

気になるニュース&ブログ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
確か,シェアホースクラブってk-ba.com(即ち,The Derby Square)から派生した組織じゃなかったでしたっけ?
#間違っていたらゴメンナサイ。
そのあたりも微妙に絡んでいるのかもしれませんね。

投稿: nao | 2006.01.26 20:06

記憶間違ってなかったようです。
http://www.k-ba.com/sh_horse/

投稿: nao | 2006.01.26 20:49

>naoさん ダビスクから派生したクラブですし、募集馬にホリエモン2号という馬もいますから、堀江と深い関係があるのは間違いないと思います。但し、だからといって、競走除外処分にするのは見当はずれかと。問題の本質は同じですし、形式上は一出資者なのですから。起訴前でもあり、司法の判断までは容疑者も尊重されるべきですし、競馬の公正保持が害される可能性がまずあり得ないケースだからです。

投稿: ガトー@管理人 | 2006.01.27 01:37

拙blogにて紹介しましたが、地方競馬実施規則上ではどうも法違反で起訴されたら確定するまでは共有馬含めて出走を拒否できるようです。ただ、規則上は起訴前に拒否するのはちょっと難しい気はします(69条2項適用はさすがに・・・)。ましてや出走受付時点では何ともなかった訳ですし。
高知の場合は、「馬主が登録する意志を示さなかった」という形を取っていますし、今回の川崎の措置は若干無理気味の措置であるとは考えられます。
それにしては、馬主サイドからの反発も少ないですし、何か馬主サイドの意図が働いたのかもしれませんね。

投稿: 劇場 | 2006.01.27 02:19

>劇場さん 証券取引法違反が公正競馬を害するとは思えないです。法の趣旨を鑑みて、判断されていないと感じますね。

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2006.01.30 04:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/8343005

この記事へのトラックバック一覧です: 公正競馬を害する? ホリエモン所有馬が競走除外:

» シェアザブライトン競走除外・続報 [劇場の基本的には競馬日記blog版]
ネタが多いねえ。今日は一口の調教+出走情報を載せる日で、こういう時はストックしていたんだけど、今回は放出します。 昨日のシェアザブライトンの記事の関係、スポーツ紙が一斉に報じている。一番詳しいのはこっちかな? 川崎競馬で競走除外…堀江容疑者が共同馬主のひとり サンケイスポーツ (引用開始)  ここにもホリエモン・ショック! 25日の川崎競馬5Rに出走予定だったシェアザブライトン(川崎・村田六、牝4)が、堀江貴文容疑者逮捕の影響で競走から除外された。同馬は筆頭馬主の仲尾淳一氏(60%所有)ら9... [続きを読む]

受信: 2006.01.27 02:07

» シェアザブライトンの競争除外 [競馬でメシを食うために]
川崎競馬でのシェアザブライトン(父キングオブダイヤ)除外事件について,除外の根拠規定を調べてみました。競馬法施行令17条の7が準用する14条1項1号は,以下の内容となっております。 (競馬の公正を確保するため等の処分) 第十四条 競馬会は,競馬の公正を確保し,又は競馬場内の秩序を維持するため必要があるときは,次に掲げる処分をすることができる。  一 馬の出走を停止すること。 「公正の確保」という抽象的な要件しか定められていませんね。私なりに考えましたが,  �堀江氏は有罪判決を受けてお... [続きを読む]

受信: 2006.01.31 17:49

« 昭和の職人 大塚栄三郎ジョッキー引退へ | トップページ | '93共同通信杯 人生を分けた勝負の一瞬 »