« 前代未聞 入浴マナーで騎乗停止 | トップページ | JRA賞改革 まずは投票理由の明記から »

2006.01.11

2005年度JRA賞 最優秀3歳牝馬はシーザリオ

10日、JRAは記者投票の結果に基づき「2005年度JRA賞」の受賞馬を発表しました。年度代表馬は言わずもがなディープインパクト。満票(291票)かと思いきや285票。残りの6票は有馬記念でディープインパクトを破ったハーツクライでした。最優秀4歳以上牡馬はそのハーツクライ(268票)が、最優秀ダートホースはカネヒキリ(284票)が順当に受賞しました。最優秀短距離馬はマイルCSと香港マイルを勝ったハットトリック(246票)。最優秀4歳以上牝馬はスイープトウショウ(255票)がヘヴンリーロマンス(36票)に大差をつけました。

票が割れると見られていたのが最優秀3歳牝馬。ラインクラフトは桜花賞、NHKマイルCを勝ち、秋華賞2着、マイルCS3着。例年なら文句なしに受賞できるレベルです。しかし、最優秀3歳牝馬は優駿牝馬とアメリカンオークスを制したシーザリオ(147票)がわずか9票差でラインクラフト(138票)を押さえました。米重賞制覇はハクチカラ以来の偉業だったことを考えると、私が記者ならやはりシーザリオに一票を投じたと思います。シーザリオは最優秀父内国産馬にも選ばれました(211票)。

すべて関西馬が競走馬部門を独占したのは、 87年にJRA賞となって以来初めてのケース。西高東低は弱まるどころか、より強固な構図となっています。これは人でも顕著です。調教師部門は藤沢和師の牙城が崩れ、最多勝利は瀬戸口師、最高勝率は伊藤雄師、最高賞金は角居師が賞を分け合いました。とりわけ、角居師はハットトリック、カネヒキリ、シーザリオの他、デルタブルース、ディアデラノビアを管理し、海外GⅠを2勝。調教師にMVPがあるなら角居師ですね。

例年、問題になる少数票や受け狙い票ですが、今年は目立ったものはあまり見られませんでした。 2歳牡馬でサクラメガワンダー(1票)。2歳牝馬でダイワパッション(1票)。父内国産でサクラセンチュリー(4票)、シーイズトウショウ(1票)、インティライミ(1票)。ダートでブルーコンコルド(1票)あたり。ラジオたんぱ杯勝ち馬に1票しか入らなかったのは、クラシック戦線においては実は悲しむべきことなのでしょうか。ともあれ、関係者のみなさま、おめでとうございました。

|

« 前代未聞 入浴マナーで騎乗停止 | トップページ | JRA賞改革 まずは投票理由の明記から »

気になるニュース&ブログ」カテゴリの記事

コメント

今年もよろしくお願いします。14日に「オオタグロ」がデビューします。高知競馬も頑張っていますので、宣伝をお願いします!

投稿: まりん | 2006.01.13 02:00

>まりんさん 今年もよろしくお願いします。2006年は高知競馬に行くぞ!と肝に銘じております。

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2006.01.15 05:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/8103196

この記事へのトラックバック一覧です: 2005年度JRA賞 最優秀3歳牝馬はシーザリオ:

« 前代未聞 入浴マナーで騎乗停止 | トップページ | JRA賞改革 まずは投票理由の明記から »