« 阪神・芝2000 驚異の出世レースがやってきた | トップページ | 速報 ハットトリックが香港マイル制覇! »

2005.12.06

阪神JF回顧 波乱呼んだ直前の雷雨

やはり大荒れとなった阪神JF。回顧は簡単に失礼。直前に降り出した雨の影響で、切れ味タイプの馬には厳しい馬場になってしまった。データ解析の本命は アイスドール。対抗にフサイチパンドラ、単穴に シークレットコードで、この3頭の馬連、三連単BOXが勝負馬券。押さえにシークレット流しも。アイスドールは大外枠の不利に発馬一息、それに雨にたたられて着外に終わったが、それでも7着なら次走は絶対に買い。 1番人気アルーリングボイスは14着。調子落ち。

結局、能力の高さを見せながら、シークレットコード2着、フサイチパンドラ3着。惜しいorz。私の馬券を破壊してくれたのは テイエムプリキュア。前走の口向きの悪さから印を回さなかったが、結果論ではそれでも連勝してきたことを評価すべきだった。パラダイスクリーク×ステートリードンという鈍重な配合に馬場も向いた。熊沢はあのダイユサクの有馬記念以来、14年ぶりのGⅠ制覇。いつのまにあんな髪の色に…。コスモドリームといい、勝つときはあっと言わせるね。

250万円で落札されたというテイエムプリキュア。市場では100頭の馬から、この1頭を選んだというのだから凄い。竹園オーナーの引きに強さには毎度、恐れ入る。馬名は「ふたりはプリキュア」という幼児向けヒーローアニメからつけられたそう。新聞の絵解きに 「追い切りもマックスハート」って、ぜんぜん意味不明だったけど、このアニメに関連したものだったのね。プリキュアは 少女趣味の大きなお友達にも高い人気だとかで、確かに 「萌え」が流行語だった2005年を暗示する馬だったかもしれないなぁ。

|

« 阪神・芝2000 驚異の出世レースがやってきた | トップページ | 速報 ハットトリックが香港マイル制覇! »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/7487304

この記事へのトラックバック一覧です: 阪神JF回顧 波乱呼んだ直前の雷雨:

» 第57回阪神ジュベナイルフィリーズ回顧 [今日もまんざらじゃなかった]
第57回 阪神ジュベナイルフィリーズ(GI) 芝1600m良 牝2歳オープン 馬齢 1着 12テイエムプリキュア(熊沢)8番人気 1:37.3 2着 5シークレットコード(藤田)9番人気 1 1/2馬身 3着 16フサイチパンドラ(角田)2番人気 1/2馬身 4着△4エイシンアモーレ(福永)4番人気 クビ 5着 9アサヒライジング(小林淳)6番人気 1 1/2馬身 6着△1コイウタ(横山典)3番人気 7着△18アイスドール(藤岡)5番人気 14着◎14アルーリングボイス(武豊)1番人気 15着△1... [続きを読む]

受信: 2005.12.06 11:20

« 阪神・芝2000 驚異の出世レースがやってきた | トップページ | 速報 ハットトリックが香港マイル制覇! »