« 流行語大賞 ディープインパクト最大のライバルは? | トップページ | ホリエモンファンクラブ 気になる初配当のお値段は? »

2005.11.14

エリザベス女王杯回顧 勝負を分けた1コーナー

完全に勝ちパターンに嵌っていた大逃げオースミハルカ。それを差しきってしまったスイープトウショウは本当に強い。ペースは平均以下、GⅠにしては遅めぐらいでしょうか。 10馬身ほど離して単騎で逃げていたオースミハルカは気分良さそう。川島はマイネルブラウの小倉大賞典でも逃げ切って大穴をあけていますが(取らせてもらったので記憶が鮮明です)、こういう競馬をさせると本当に怖い騎手です。今回も坂の下りでしっかり息を抜かせているし、ラップの刻ませ方を掴んでいるのかもしれませんね。

4角でスパートしたハルカはセーフティーリードに見えましたが、宝塚記念、安田記念で男馬を撫で斬りにしたスイープは半端じゃなかった。一度は前をカットされたものの、中団から電光石火の豪脚でゴール寸前で交わしてしまいました。馬連1650円的中。ある程度、前で競馬できるようになったからこそ、スローにも対応できるようになったんですね。アドマイヤグルーヴは牝馬相手なら3着も当然。但し、スイープに互する全盛期の力はありませんでした。長期休養明けも仕上げの良かったヤマニンシュクルは4着。父トウカイテイオーのドラマを受け継ぐような好走は嬉しいですね。

後方に位置していた馬には苦しい展開でした。 1番人気エアメサイア、3番人気ヤマニンアラバスタの敗因は1コーナー。エアメサイアはスイープを内へ閉じこめようと寄せていきました。武豊一流のライバル潰しです。この時点で内からエアメサイア、スイープ、アラバスタの3頭が横並び。想定外だったのは、アラバスタの外からサミットヴィルが内へ切り込んできたこと。ゴチャついて接触したため、アラバスタは最後方に、口を割ったエアメサイアも手綱を引いて後ろへと押しやられてしまいました。スイープは影響なし。サンダースは武豊の同一GⅠ5連覇を阻むために来日したようです。

エリザベス女王杯では前評判の高かった3歳勢は古馬の壁に打ち返されさてしまいましたが、エアメサイアも位置取りさえ良ければ2、3着争いには加われていたはず。直線はしっかり伸びていましたから。今週のマイルCSはエアメサイアと切磋琢磨してきたラインクラフトが登場します。デュランダルにどこまで迫れるか、非常に楽しみです。デュランダルが勝つと池添は2週連続GⅠ制覇ですか。それはありなんですかねぇ。

|

« 流行語大賞 ディープインパクト最大のライバルは? | トップページ | ホリエモンファンクラブ 気になる初配当のお値段は? »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/7097536

この記事へのトラックバック一覧です: エリザベス女王杯回顧 勝負を分けた1コーナー:

» 第30回エリザベス女王杯回顧 [今日もまんざらじゃなかった]
第30回 エリザベス女王杯(GI) 芝2200m良 サラ系3歳以上 (国際)牝(指定) オープン 定量 1着△8スイープトウショウ(池添)2番人気 2:12.5 2着◎1オースミハルカ(川島)5番人気 1/2馬身 3着△3アドマイヤグルーヴ(上村)4番人気 2 1/2馬身 4着 14ヤマニンシュクル(四位)8番人気 3/4馬身 5着△11エアメサイア(武豊)1番人気 クビ 7着△5オースミコスモ(岩田康)17番人気 8着△12ヤマニンアラバスタ(江田照)3番人気 11着△9クロユリジョウ(ペリエ)... [続きを読む]

受信: 2005.11.14 11:59

» スイープトウショウが牝馬日本一(エリザベス女王杯) [ブログで情報収集!Blog-Headline/sports]
「スイープトウショウが牝馬日本一(エリザベス女王杯)」に関連するブログ記事から興... [続きを読む]

受信: 2005.11.14 23:14

« 流行語大賞 ディープインパクト最大のライバルは? | トップページ | ホリエモンファンクラブ 気になる初配当のお値段は? »