« 東京11レース 気になる多摩川特別の誤投票 | トップページ | JBCスプリント 先手必勝アグネスジェダイ◎! »

2005.11.01

天皇賞秋回顧 天覧競馬のサインはド真ん中

明治天皇以来、106年ぶりの競馬場行幸となった秋の天皇賞。 天覧競馬を観戦しようと、私も午前中から府中へ出かけてみました。 今年はエンペラーズカップ100周年ということで、 入場の際、記念のオッズカードをゲット。 場内は警察官の姿が目につき、警備の厳しさを感じさせます。 さてさて、この日の府中は前残りの傾向。 人気薄で鈍重そうなメジロの馬が内埒沿いに 粘りきるレースもあったんですが、ここに天皇賞のヒントが 隠されていたんですねぇ。馬券はくるみ賞で 馬単860円 、 紅葉特別で 馬連3250円 を獲ったものの、トータルマイナスでメインを迎えました。

天皇、皇后両陛下は 競馬博物館で武豊、柴田善、松永幹らの出迎えを受けられた後、 メモリアルスタンドの貴賓室にご来臨。 ターフビジョンにお姿が大写しになると、観客から大きな歓声が沸き起こりました。 レース前にはゼンノロブロイについて、多くの御質問をされたそうですが、 馬券は購入されなかったとか。 ファンファーレが鳴り、スタート。 ストーミーカフェ、タップダンスシチーが先陣を切り、 ロブロイは中団外、行き脚のつかないリンカーンは後方から。 予想に反してペースは未勝利戦なみの超スロー。 1000メートル62秒4って、歩いているようなものです。 こうなると上がり勝負になることは誰しもが分かること。

4角前で行き場を失ったロブロイは仕掛け遅れ。 粘るダンスインザムードをゴール寸前で、なんとか捉えた! と、思ったところに、最内から抜け出してきた ヘヴンリーロマンスが2頭の間を割って差しきり勝ち。 まさかまさかの大波乱。ウイニングランを終えた松永幹夫は スタンド前、馬上でヘルメットを脱いで深々と両陛下に一礼。 うわー、この大役が似合うのはミッキーかユタカしかいないよ。 紀宮殿下ご成婚を祝うヘヴンリーロマンス(天上のロマンス)とは、 皇室サイン馬券って本当にストレートなものじゃなきゃいけないんですね。 次回の天覧競馬に活かします(;>_<;)。

波乱の陰の立役者は佐藤哲とタップダンスシチーでしょう。 好調時ならペースが落ちるのを許さず、先頭でレースを引っ張る馬ですが、 今回、手綱は抑えたまま。レース後、 「まだ十分にやれることは分かった」と佐藤哲が前向きだったのは、 それだけ本調子ではなかった ということでしょうか。 4着アサクサデンエン。平均ペースだったら、この馬が勝っていたかもしれません。 5着スイープトウショウ、6着ハーツクライも展開を考えると、良く走っています。 出遅れたリンカーンは15着。上がりは32秒8ですから、 いかに特異なレースだったかが分かります。

ミッキーにとっては、初めて自厩舎の馬でのGⅠ勝ち、 初めて牝馬限定以外のGⅠ勝利。それを牝馬でやってしまうのがミッキーらしいですね。 ヘヴンリーロマンスはサンデー×サドラーズウェルズの配合。 今週のデータ解析では札幌記念(1着)で本命を打っていました。 力の要る馬場が得意だろうという根拠でしたから、 まさか上がりの競馬でロブロイらを負かしてしまうとは思えませんでした。 内が伸びる馬場、ぽっかりと進路が開いた直線、 ライバルから全くノーマークだったこと。 幸運はありましたが、いちばんの勝因はミッキーの神懸かり的騎乗と サドラーズウェルズの成長力だったのかな。

ウイニングランに両陛下は立ち上がって拍手されていました。 短い時間でしたが、競馬を楽しんで頂けたのではないでしょうか。 ところで、最終の多摩川特別。 私は馬連3900円 を獲って、ロブロイ単で勝負したマイナス額を少し減らせたのですが、 場内はメインの敬虔な雰囲気とは打って変わり、親父どもの罵声が吹き荒れました。 最終男・勝浦が2番人気の馬でスタート直後に落馬したからです。 振り落とされた際の受け身は華麗なものでした。 それだけに、レース後、通常の映像で2回、パトロールで2回、嫌がらせのように 合計4回も連続して勝浦ジャンプがターフヴィジョンで流されたのは心が温まりました(違うか)。

|

« 東京11レース 気になる多摩川特別の誤投票 | トップページ | JBCスプリント 先手必勝アグネスジェダイ◎! »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
ミッキーの馬上での一礼、ゴール近くにいたので見れませんでした。
今思えば馬券を外したことより、それを見られなかったことのほうが残念。
最終はツレにそそのかされて勝浦をヒモに入れたら・・・
余計な買い足しでした。
勝浦ジャンプはばっちり見ました!

投稿: kuorzo | 2005.11.01 09:39

混みすぎでわたしも良く見れなかったです。その代わりが勝浦ジャンプとは。。。

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2005.11.03 03:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/6804898

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇賞秋回顧 天覧競馬のサインはド真ん中:

» 第132回天皇賞(秋)回顧 [今日もまんざらじゃなかった]
2005年10月30日は戦後初の天覧競馬となりました。 第132回 天皇賞(秋)(GI) 芝2000m良 サラ系3歳以上 (国際)牡・牝(指定)オープン 定量 1着 1ヘヴンリーロマンス(松永)14番人気 2:00.1 2着◎13ゼンノロブロイ(横山典)1番人気 アタマ 3着 12ダンスインザムード(北村宏)13番人気 クビ 4着▲5アサクサデンエン(蛯名)9番人気 1馬身 5着△14スイープトウショウ(池添)4番人気 1/2馬身 7着△4ハットトリック(ペリエ)11番人気 9着○6タップダ... [続きを読む]

受信: 2005.11.01 09:34

» 笠松競馬組合馬主募集! 100分の1の1万円より、10分の1の2万円が熱い! [新高崎競馬応援団は、『北関東に再び競馬の灯を』に引き継がれました。今後は、私の愛馬情報中心に書き綴っていきたいと思います。]
地方競馬を取り巻く厳しい環境の中、全てを好転させウルトラCになる可能性があるシステムだと思います。地方競馬を愛する全てのインターネット関係者は、11月20日まで徹底的に取り上げて行きましょう。バーチャルの世界の実力を発揮する場面がやってきました。前から有るシス... [続きを読む]

受信: 2005.11.02 02:15

« 東京11レース 気になる多摩川特別の誤投票 | トップページ | JBCスプリント 先手必勝アグネスジェダイ◎! »