« デュランダル引退 来春のマイル戦線は? | トップページ | 死闘ジャパンカップ! 2分22秒1の新たなる伝説 »

2005.11.26

GⅠ2着ゲッター 横山典弘のお家芸

「ボクの馬が一番強い」 今から15年前、声高に主張し続けた若手ジョッキーがいた。 デビューしてまだ5年目の横山典弘である。当時は折しも競馬ブームの真っ只中。ノリはメジロライアンという最良のパートナーを得て、GⅠ戦線の主役としてスポットライトを浴びていた。しかし、弥生賞を勝ってクラシックの期待がかけられたメジロライアンは、皐月賞3着、ダービー2着、菊花賞3着、有馬記念2着と悉く惜敗を重ねた。「GⅠで2着、3着の多い騎手」というイメージはこの頃に源流があるのかもしれない。ちなみに、この年は天皇賞秋でもメジロアルダンに騎乗し、ヤエノムテキにクビ差の2着している。

もちろん、ノリは若い頃から幾つもGⅠの勲章は手にしていた。「1週遅れの18番!キョウエイタップのエリザベス女王杯(90年)、ツメの甘いライアンを思い切って先行させた伝説の宝塚記念(91年)、電撃のトロットサンダーのマイルCS(95年)…。ノリは武豊に次いでGⅠを15勝もしている名騎手だ。それでも、シルバーコレクターの印象が強烈なのは、1着の倍以上も2着の数があるからだ。その真骨頂ようなレースだったのが今日のジャパンカップダート。シーキングザダイヤでハナ差は、32回目の中央GⅠ2着だった。

  • 90ダービー   メジロライアン(1人)
  • 90天皇賞秋 メジロアルダン( 5人)
  • 90有馬記念 メジロライアン(3人)
  • 92エ女王杯 メジロカンムリ(2人)
  • 95エ女王杯 ブライトサンディー(5人)
  • 95スプリンS  ビコーペガサス(2人)
  • 96高松宮杯  ビコーペガサス(4人)
  • 96NHKマイル  ツクバシンフォニー(2人)
  • 97天皇賞春  サクラローレル(1人)
  • 98オークス  エアデジャヴー ( 2人)
  • 98JC      エアグルーヴ ( 2人)
  • 99秋華賞    クロックワーク(10人)
  • 00スプリンS ブラックホーク (2人)
  • 00エ女王杯 フサイチエアデール (1人)
  • 01高松宮杯 ブラックホーク (3人)
  • 01オークス    ローズバド (4人)
  • 01秋華賞     ローズバド (2人)
  • 01エ女王杯  ローズバド ( 2人)
  • 01JCD          ウイングアロー ( 3人)
  • 02NHKマイル アグネスソニック (5人)
  • 03フェブラリ   ビワシンセイキ (3人)
  • 03NHKマイル エイシンツルギサン (5人)
  • 03ダービー  ゼンノロブロイ (2人)
  • 03宝塚記念  ツルマルボーイ (8人)
  • 03菊花賞   リンカーン (4人)
  • 03天皇賞秋  ツルマルボーイ (5人)
  • 04ダービー  ハーツクライ ( 5人)
  • 04菊花賞   ホオキパパウェーブ(4人)
  • 05宝塚記念  ハーツクライ (3人)
  • 05菊花賞    アドマイヤジャパン  (6人)
  • 05天皇賞秋  ゼンノロブロイ (1人)
  • 05JCD     シーキングザダイヤ(11人)

本来なら2着が多いということは、1番人気で足下をすくわれたというケースが並んでも良いものだが、1番人気の馬に乗ったのはわずか4度だけ。つまり、能力以上の実力を引き出して2着に持ってきているということだ。ビコーペガサス、クロックワーク、ローズバド、ツルマルボーイ、ハーツクライと連なる「脚をためて爆発」という十八番だけに留まらない。ホオキパウェーブ、アドマイヤジャパンの菊花賞など、騎手の腕が大きな比重を占めると言われる長距離戦の好騎乗も目立つ。今秋のゼンノロブロイのような敗戦もあるが、基本的にはポジティブな2着が2ゲッターノリのお家芸だ。

かつての「もどかしい2着」は、「よく持ってきてくれた2着」へと成長し、今は「狙ってるとしか思えない2着」と昇華した。ゴール板でカネヒキリに交わされたシーキングザダイヤを見ていると、ノリの2着には神の手が介在しているとしか思えない場面もある。人気でも穴でも、短距離でも長距離でも、芝でもダートでも中央でも地方でも、「馬単ノリの2着付け」は買っておくのが鉄則と肝に銘じておきたい。明日のジャパンカップ、ノリはアドマイヤジャパンに騎乗する。まずは四の五を言わず買ってみようか。

|

« デュランダル引退 来春のマイル戦線は? | トップページ | 死闘ジャパンカップ! 2分22秒1の新たなる伝説 »

コラム・書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/7333045

この記事へのトラックバック一覧です: GⅠ2着ゲッター 横山典弘のお家芸:

» 雷神の目に世界は見えたか?〜ジャパンカップダート(G1)回顧〜 [Trifecta Wizard〜3連単の達人〜]
東京競馬場で行われた第6回ジャパンカップダート(G1)は1番人気のカネヒキリ(牡3)が勝利を収め、父フジキセキに中央初G1をプレゼントした。 直線で3頭の叩き合いになった。最後まで諦めずに伸びたカネヒキリがわずかに先に抜け出してい....... [続きを読む]

受信: 2005.11.27 03:04

» 11/27 メインレース予想 [今日もまんざらじゃなかった]
※馬名の前の数字は馬番です。 ※人気とオッズは11/27 10:26現在の単勝オッズです。 東京10R 第25回 ジャパンカップ(GI) 芝2400m 3歳上オープン 定量 15:20発走 ◎8ゼンノロブロイ(デザーモ)1番人気 2.3倍 ○14アルカセット(デットーリ)3番人気 10.4倍 ▲2タップダンスシチー(佐藤哲)7番人気 17.1倍 △3ウォーサン(スペンサー)16番人気 82.0倍 △4アドマイヤジャパン(横山典)5番人気 13.9倍 △6ウィジャボード(ファロン)4番人気 11... [続きを読む]

受信: 2005.11.27 11:10

« デュランダル引退 来春のマイル戦線は? | トップページ | 死闘ジャパンカップ! 2分22秒1の新たなる伝説 »