« 岡田総帥に競馬塾をつくってもらおう! | トップページ | サイレントウィットネス 放馬で大爆走の影響は? »

2005.09.27

神戸新聞杯回顧 ディープは春と同じように…

社会現象になりつつあるディープインパクト。秋初戦となった神戸新聞杯でも、 4コーナーでライバルを瞬殺! 後方からひとマクリのパターンで楽勝しました。パドックでは落ち着きを見せていたし、スタートもひどくはなかった。春より強かったとは言えないけど、春と同じように圧倒的強さでした。 3000メートルでも折り合いは問題なさそうで、 三冠はほぼ手中と言わざるを得ないですね。

レースは淀みのないペースで、 2着以下も力通りの決着になったのではないかと思います。 シックスセンスは代打の上村がディープと勝負に行きながら、2着に導く好騎乗。マイナス10キロと馬体に成長はなかったけど、レース振りには進展がありました。本番は四位に戻ります。 3着はローゼンクロイツ。遠征だと力を発揮できないのではという陣営の読みは当たっていたようです。ただ、血統的には2000メートル前後がベストで、菊で上積みは疑問かな。

2番人気ストーミーカフェは逃げて8着。デキが良ければ単を買うつもりでしたが、パドックで消しました。さすがに息ができていませんでした。この後は天皇賞秋へ向かうようです。 3番人気アドマイヤジャパンは番手の競馬で5着。ちょっとだらしがない。馬券は3連単3970円的中。良くついた。3連単万歳! 終わってみれば、いつも通りサンデー産駒の掲示板独占か。菊花賞2着は別路線組から出るような気がします。フサイチアウステルとかアドマイヤフジとか。

データ解析の予想はオールカマー。大雨予報に反して台風は海上を進み、中山競馬場は曇り。重馬場前提で予想した◎はコイントス。稍重でも思い切って行けば好勝負とみていましたが、逃げ馬が出遅れてしまっては話になりません。サンライズシャークがハナを切って、 1000メートル1分5秒の超スローで展開もグチャグチャ。スローの瞬発力勝負ではコイントスに勝ち目はないのだから、とにかく行ってくれないと>藤岡J。

早めの競馬で押し切ったホオキパウェーブは、菊花賞2着の実力通り。叩いて変わりました。 2着グラスボンバーは2200メートルの距離で好走できたのは収穫。地力強化は著しく、今後もこのレベルなら連対圏です紅一点エルノヴァは後方から差して3着。牝馬限定だったら、ひょっとしますよ。週刊Gallopの回顧で「2番人気での出走だったが」という下りに驚いたけど、実際は5番人気じゃないですか。 5着ヴィータローザは上がりの競馬は向きませんでした。

|

« 岡田総帥に競馬塾をつくってもらおう! | トップページ | サイレントウィットネス 放馬で大爆走の影響は? »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/6137080

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸新聞杯回顧 ディープは春と同じように…:

» 英雄始動 [lightwoブログ]
遊びに行くときに大事なファクターが二つある。 「何処へ」と「誰と」 どちらも重要だが、私は後者に重きを置く。 一緒にいて楽しい相手ならば、何処へ行こうとその時間はかけがえの無いものだから。 競馬に於いても同じことが言える。 「どの馬を見に行くのか」と「どのレースを見に行くのか」 この二つの要素は一致することが多い。 あの馬の三冠達成の瞬間を観に淀へ行く。 という感じで。 だが、主役不... [続きを読む]

受信: 2005.09.27 22:15

« 岡田総帥に競馬塾をつくってもらおう! | トップページ | サイレントウィットネス 放馬で大爆走の影響は? »