« 気をつけろっ! サイト運営者を狙うスパムメール | トップページ | 岩手とソフトバンクが提携 最大最後のチャンス活かせ »

2005.09.07

新潟2歳S回顧 タキオン産駒の破壊力を見た

けっこう衝撃的な勝ち方でしたね。 新潟2歳Sのショウナンタキオン。 出遅れて、後方18番手からの競馬ですよ。 JRAの実況では直線まで一度も名前を呼ばれなかったような…。 そこから大外ぶんまわして、上がり33秒9で後続に5馬身差。 ちなみに他馬で34秒台の脚を使った馬はいませんでした。 新潟だから直線勝負に賭けられたという面はあるにせよ、 道悪でしたからねぇ。すげー破壊力。去年の新潟組の活躍を考えると、 ショウナンタキオンもクラシックで好走できそうです。

これでアグネスタキオン産駒は8勝目、 早くも重賞ウイナーを出したことになります。 今年はサンデー産駒の出足が遅いこともありますが、 ポストSSの座はタキオンという評価に大きく傾きつつあるのかな。 これまで勝ち上がった7頭のBMSは ドクターデヴィアス、ジェイドロバリー、ヌレイエフ、 アンブライドルド、フェアジャッジメント、マルゼンスキー、トニービンと 系統もタイプも様々。サンデーもアグネスフローラも ノーザンダンサーを含まない異系交配の馬ですが、 その父母から生まれたアグネスタキオンは、 どの肌からも能力を引き出しやすいのかもしれませんね。

西の小倉2歳Sはアルーリングボイスが、母アルーリングアクトに続く母子制覇。 馬場の悪い内目を引きながら、武豊さまの「ロスなく回って直線で真ん中へ出す」 という相変わらずの神騎乗でした。 北九州記念、小倉記念、小倉大賞典に続く重賞勝ちで、 同一年の小倉重賞グランドスラム! 欧州でどれだけ叩かれようが、 やはりこの男はスゴイ。。。今週のデータ解析の◎は トーホウアモーレでしたので、連続本命馬勝利は4週でストップしました。 ひよって1番人気馬に行くと、外れてしまうもんですねぇ。 いよいよ秋競馬。中山開催では攻めの予想で頑張りましょう!

|

« 気をつけろっ! サイト運営者を狙うスパムメール | トップページ | 岩手とソフトバンクが提携 最大最後のチャンス活かせ »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/5823694

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟2歳S回顧 タキオン産駒の破壊力を見た:

» 未来への希望 [lightwoブログ]
三冠馬。 競走馬が最初に目標とするクラシックレース。 その全てに勝利を収めた馬がそう呼ばれる。 異なる距離、異なるコースを克服し、春先から秋までその強さを保ち続ける。 その難易度の高さから、クラシック三冠は最高の栄誉とされている。 だが、その難しさを知りながら誰もが三冠確実と言わしめた2歳馬がいた。 私がその馬を初めて観たのは年も押し詰まった頃。 良血馬が揃った関西の新馬戦。 セリで... [続きを読む]

受信: 2005.09.07 20:52

« 気をつけろっ! サイト運営者を狙うスパムメール | トップページ | 岩手とソフトバンクが提携 最大最後のチャンス活かせ »