« 相次ぐ廃用種牡馬の帰郷 ファーディナンド事件から2年 | トップページ | インターナショナルS・レース映像 ロブロイ2着 »

2005.08.09

函館2歳S回顧 キャリアのアドバンテージ

なんとなしに馬連4440円的中してしまった函館2歳S。 データ解析の本命は道営のモエレジーニアスでした。 栄冠賞→ラベンダー賞と連続で連対していた馬は、 函館2歳Sでも連対率100%でしたから。それに、この時期に 大きなアドバンテージになるのがキャリア。 何しろ2歳の夏なんて子どもの運動会ですから、 足が速くったって、あっちへヨロヨロ、こっちへヨロヨロと まっすぐに走ってくれない馬も多いわけです。

そういう意味合いではアドマイヤカリブ単勝1.3倍は被りすぎでしょう。 確かに強かったけど、それほどまで堅いと判断できる新馬戦ではなかったはず。 前日オッズで購入したので、単はラッシュライフを買ってしまったんですが、 モエレジーニアスで13倍もつくならこっちでした。カリブの鞍上、武豊は 「くぼみに脚をとられたのか、バランスを崩してしまって、 それからどうもリズムが悪くなってしまった」と敗戦の弁。 勝てる能力はあったんでしょうけど、多少バランスを崩したぐらいで負けるのは キャリアの浅さ故。

勝ったモエレジーニアスはフサイチコンコルド産駒。 暮れの朝日杯まで道営・堂山厩舎に所属し、年明け後は 小島太厩舎に転厩することになっています。 ということは、カリブと隣り合わせの馬房になるかもしれないってことですか。 小島太師も将来の管理馬に負けたのなら、ある程度、諦めもつこうというもの。 ちなみに中村和夫オーナーの冠号「モエレ」とは、アイヌの言葉で「ゆったり流れ る」という意味。 札幌にはモエレ沼公園という大きな公園もあって、 元札幌市民には違和感ない響きだったりします。

|

« 相次ぐ廃用種牡馬の帰郷 ファーディナンド事件から2年 | トップページ | インターナショナルS・レース映像 ロブロイ2着 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/5373780

この記事へのトラックバック一覧です: 函館2歳S回顧 キャリアのアドバンテージ:

» G?函館2歳Sの感想:( ゚Д゚)?ポカーン( ゚Д゚)?ポカーン [彩の国こうのす競馬BLOG]
( ゚Д゚)!?ポカーン・・・アドマイヤカリブぅ・・・??(レース直後) 函館2歳Sは久しぶりにウインズ後楽園まで行って観てきました。ウインズは宝塚記念以来行ってなかったんでほんとに久しぶりでした。いつもは競馬場派なんですけどたまにはウインズもいいかもです(めっちゃ煙いのは微... [続きを読む]

受信: 2005.08.09 12:23

« 相次ぐ廃用種牡馬の帰郷 ファーディナンド事件から2年 | トップページ | インターナショナルS・レース映像 ロブロイ2着 »