« シーザリオ 4馬身差独走で米GⅠ制覇! | トップページ | 1番人気鬼門! 七夕賞で狙うべき馬とは »

2005.07.05

ラジオたんぱ賞回顧 思わぬ追い込み決着

思わぬ追い込み決着となったラジオたんぱ賞。 先行勢同士の組み合わせを狙った データ解析はダメダメだったわけで残念な結果になりました。 本命にしたピカレスクコートをはじめ、 トップガンジョー、ダブルティンパニーらが飛ばした ペースは1000メートル58秒5。 見かけは平均よりやや早めといった数字ですが、 実際は荒れてきた馬場を加味すると、 先行馬にはハイペースのキツイ流れ だったということでしょう。

直線半ば、一気に馬群を交わし去った コンラッド、トーセンロッキー、エイシンサリヴァンがワンツースリー。 道中は最後方にいた3頭です。 いずれもハイペースと読んで後方待機策をとったそうですが、 あまりに鮮やかに嵌りましたね。 コンラッドとトーセンロッキーは500万条件を勝ち上がっての参戦で、 この辺はラジオたんぱ賞の例年の好走データ通りだったりします。 データ解析でもしっかり指摘してるんですが、 馬券と結びつかないですねぇ。

北は函館SS。馬券はシーイズトウショウ1着軸の3連単。 函館の芝は走るシーイズトウショウはしっかり勝ってくれましたが、 2着のボールドブライアンは買ってないんですよねぇ。 マイルよりスプリントが合ってきているようなので、 GⅢクラスなら今後も注意が必要です。 1番人気、プレシャスカフェは9着惨敗。 本調子じゃない気がします。リフレッシュが必要だと思いますが、 初秋のスプリンターズSまでに調子は取り戻せるでしょうか。

|

« シーザリオ 4馬身差独走で米GⅠ制覇! | トップページ | 1番人気鬼門! 七夕賞で狙うべき馬とは »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/4825469

この記事へのトラックバック一覧です: ラジオたんぱ賞回顧 思わぬ追い込み決着:

« シーザリオ 4馬身差独走で米GⅠ制覇! | トップページ | 1番人気鬼門! 七夕賞で狙うべき馬とは »