« 帰ってきた笠松の怪物 飛翔ミツアキタービン! | トップページ | 空前のハイレベル 安田記念を狙う香港軍団 »

2005.06.02

笠松にオグリ再来 ミツアキタービン復活V

同じ芦毛でオグリキャップの再来と言われる笠松のミツアキタービンが1日、 ローレル争覇で鮮やかな復活勝利を飾りました。 骨折で去年のオグリキャップ記念以来、1年1ヶ月ぶりのレースでしたが、 直線で先に抜け出したタワリングドリームを4分3馬身交わしてゴール。 これでダイオライト記念から3連勝となりました。 今後、笠松の怪物として、帝王賞、そしてJCダートへ殴り込みを賭けてほしいもの。 この日の笠松はいつもより売り上げ、入場人員とも3割増。19日から薄暮レースも始まりますし、 笠松は盛り上がっていきそうですね。

同じ日に行われたもうひとつの注目レース、荒尾の九州王冠賞では 佐賀所属のインターハイクラスが圧勝して23連勝を達成しました。 日本記録はドージマファイターの29連勝で、 インターハイクラスには早くも記録更新の期待が高まっています。 8月には交流重賞サマーチャンピオンが佐賀で行われますが、 ハイレベルのレースにも果敢に挑戦して勝ってくれれば、記録の価値もさらに高まると思います。 ちなみにローレル争覇の2着は高崎出身のタワリングドリーム、 九州王冠3着7は宇都宮出身のトウショウゼウス。各地での北関東勢の頑張りも応援していきたいです。

|

« 帰ってきた笠松の怪物 飛翔ミツアキタービン! | トップページ | 空前のハイレベル 安田記念を狙う香港軍団 »

地方競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/4386811

この記事へのトラックバック一覧です: 笠松にオグリ再来 ミツアキタービン復活V:

« 帰ってきた笠松の怪物 飛翔ミツアキタービン! | トップページ | 空前のハイレベル 安田記念を狙う香港軍団 »