« プロキオンS回顧 今後が楽しみなブルーコンコルド | トップページ | 8歳馬タップダンスシチーが挑む常識の壁 »

2005.06.22

GⅠ総取り? 百点満点だったPOGドラフト

先日、初めて参加するPOGグループ(7人)のドラフト会議が行われました。数年ぶりのPOG、しかもあいにくのリスト参加とあって、どの馬を指名すべきなのか、重複する馬はいるのかなど、非常に悩みました。それでも、抽選勝ちの幸運もあり、欲しかった馬はほとんど獲ることができて、百点近いドラフトだったのではないかと思います。ちょっとミーハーすぎ たかなぁという感じは拭えませんが。恥ずかしながら、指名10頭をご紹介します。

1位・キャプテンベガ(サンデー×ベガ)
 オンファイアと並ぶ前評判1番馬。競合覚悟で指名、ゲットすることができました。言わずとしれたアドマイヤベガ、ボス、ドンの弟。取りに行くでしょう。地雷の可能性はあっても。ただ、馬主が近藤さんでなく、吉田夫人なのは何故なんだろう。ベガとSSの仔をどうしても持ちたかったのかな。

2位・アグネスサージャン(サンデー×アグネスフローラ) 
 ハズレ1位にと思ってリストに載せておいた馬。それが1、2位で誰も取りに来ないとは…。アグネスタキオン、フライトの弟で、キャプテンベガに続きベタベタな馬ですが、正真正銘のサンデーのラストクロップということで、頑張ってほしいです。

3位・キャスケードブーケ(スペシャルウィーク×スカーレットブーケ) 
 ギャロップの付録DVDを見るまでは全くのノーマークでした。ところが、馬体を見た瞬間「こいつはオークス馬だ!!」と素人に直感が走った次第。5位くらいで獲ろうかなかぁと思っていたんですが、他人に獲られるのがどうしても嫌で上位指名しました。もちろん、皐月賞馬の半妹ですから、走って当然なんですけどね。

4位・ヤマニンプレアデス(サンデー×ヤマニンパラダイス)  
 京成杯馬ヤマニンセラフィム、阪神JF2着アルシオンの全弟。仕上がり早くてもGⅡが精一杯という配合。良血すぎるのかな。予想がハズレたらもう競馬はやめようかと悩んでいた阪神JFで、万馬券をプレゼントしてくれたのがアルシオン。そんな縁もあって指名しました。

5位・ナイアガラ(Fantastic Light×レーヴドスカー)
 ディープインパクト、キングカメハメハで大ブレイクした金子-ノーザンファームの王道ライン。金子馬は6000~8000万円で落札した馬は狙い目とあって、選んでみました。当初は松田国に入る予定だったのですが、死亡したトィザヴィクトリー産駒の代わりに池江郎に入厩することになりました。 3匹目のドジョウはいますかねぇ。

6位・マシロンガール(With Approval×Above the Salt)  
 早撃ち用として指名した外国産馬。朝日杯2着エイシンキャメロンの全妹です。やはり、妹もマイル以下までのスピード馬でしょう。 7月3日の函館1200でデビュー予定。藤岡健師が「函館2歳Sを勝つ」と豪語しているとか。ただ、馬体は400キロ強と随分と小柄で、成長してくれるといいですね。

7位・ フラムドパシオン(クロフネ×カーリーパッション)
 ノーザンの吉田勝己社長イチオシの2歳馬!って、ホントかなぁ。そんな馬は走ったことがないという事実はあるんでしょうが、7位なら獲りましょう。母はエアグルーヴの全妹、馬名は仏語で情熱の炎という意味。7月3日の福島1700でデビューして、札幌2歳Sを勝つことが確定しているそうです。

8位・クリティカルライト(Fantastic Light×Caerlina) 
 ファンタスティックライトの仔、2頭目ですよ(笑)。というか、藤岡健厩舎、4頭目orz。藤岡師は「クラシックを勝つために連れてきた」とのたまっているらしい。境勝太郎系ですねぇ。母は仏オークス馬で、ニジンスキーのインブリードが3×3入っています。ちょっと重いのかなと感じますが、ラーイ-ブラッシンググルームと続く父系に、 BMSが日本向きのカーリアンなら、意外と軽めの短距離馬だったりして。

9位・メジロアレグレット(アグネスタキオン×メジロドーベル)
 上2頭が走らなかったドーベルの仔。タキオンの初年度産駒は評判が良いらしいので、内国産のアイドル配合を指名してみました。そろそろメジロ復活も見たいですしねぇ。早めに仕上がっているようで、牝馬の大久保洋厩舎ならキッチリ勝たせてくれるでしょう。母の取れなかった桜花賞を勝ってくれたら嬉しい限り。

10位・ショウナンアルス(サンデー×ショウナンハピネス)
 ドラフトの模様は逐次、携帯にメールで送ってもらっていたのですが、この馬が誰も指名していないのに気づいて、慌てて幹事に電話してしまいました。関東のナンバーワン牝馬だったんじゃ…。この馬も大久保洋厩舎。Hail to Reasonの3×4はどうでるのかな。スピードはありそうですから、新潟の高速馬場を疾走するのが楽しみ。つい先日までショウナンパントルの下だと信じていたのは内緒(爆)。

厩舎に偏りが出てしまったことが反省材料かな。藤岡師の口車に乗せられてしまった可能性大(笑)。リストに掲載して獲れなかったビーオブザバン、アドマイヤウェーブ、トゥザダービーあたりは気になりますね。とはいえ、指名馬を見返してみると、「俺がクラシック、全部もらったも同然じゃね?」と思ってしまうのは、今の時期だけなんだろうなぁ。

|

« プロキオンS回顧 今後が楽しみなブルーコンコルド | トップページ | 8歳馬タップダンスシチーが挑む常識の壁 »

若駒・POG・一口」カテゴリの記事

コメント

「弥生賞馬ヤマニンセラフィム・・・・」

→ヤマニンセラフィムは弥生賞勝ってませんよ。京成杯の間違いでは?

投稿: スギノハヤカゼ | 2005.06.22 07:37

>スギノハヤカゼさん ご指摘ありがとうございます。訂正します。

投稿: ガトー@管理人 | 2005.06.22 21:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/4625194

この記事へのトラックバック一覧です: GⅠ総取り? 百点満点だったPOGドラフト:

« プロキオンS回顧 今後が楽しみなブルーコンコルド | トップページ | 8歳馬タップダンスシチーが挑む常識の壁 »