« ゼンノの大迫オーナー逝去 宝塚記念は弔い合戦へ | トップページ | プロキオンS回顧 今後が楽しみなブルーコンコルド »

2005.06.20

あの106連敗中の馬が勝利! 感動のウイニングラン?

ついに連敗に終止符です。 走っても走っても負け続け、ついに106連敗まで行き着いてしまった地方のアイドルホース。 そう、あの馬がついにデビュー以来の初勝利をあげたのです。 ダッシュ良くスタートを決めると、 あとは先頭に立ったまま1馬身差をつけてゴールイン! 騎手は拳を振り上げてガッツポーズ。 感動のウイニングランのなか、場内からは拍手と声援が巻き起こりました。 世話をしてきた宗石調教師の目からは涙が…って、 ハルウララじゃないんですか?

実はこれ、笠松で行われた 未勝利馬限定レース、「めざせ一笑」賞での一コマ。 出走資格は番組賞金150万未満で20戦以上した未勝利馬です。 どれか1頭は初勝利をあげられる仕組みで、 ほのぼのとした面白い企画ではないでしょうか。 今回、勝ったのは藤原幹生のウイニングポーズ(牡6)。 ハルウララに次ぐ連敗記録を更新中でした。 ある日、苦楽をともにしてきた調教師、厩務員らに見守られ、 ひっそりと初勝利というのが、素朴ながらも心温まるストーリーの本来の姿なんでしょうね。 まかり間違っても、中央のスター騎手なんか乗せる、 ベタベタなやらせ演出はやっちゃいけません。白けるだけですから。

|

« ゼンノの大迫オーナー逝去 宝塚記念は弔い合戦へ | トップページ | プロキオンS回顧 今後が楽しみなブルーコンコルド »

地方競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/4628781

この記事へのトラックバック一覧です: あの106連敗中の馬が勝利! 感動のウイニングラン?:

» 暖かい結婚式に106連敗馬の勝利、話題満載の笠松競馬は今日重賞サマーC [地方競馬に行こう!]
いや、紹介が直前になってしまって、本当に申し訳ないです^^ [続きを読む]

受信: 2005.06.22 11:19

« ゼンノの大迫オーナー逝去 宝塚記念は弔い合戦へ | トップページ | プロキオンS回顧 今後が楽しみなブルーコンコルド »