« ダービー回顧 光る佐藤哲のファイティングスピリッツ | トップページ | 笠松にオグリ再来 ミツアキタービン復活V »

2005.05.31

帰ってきた笠松の怪物 飛翔ミツアキタービン!

去年3月、船橋競馬場で行われたGⅡダイオライト記念。 覚えておいでだろうか? 後の天皇賞馬、イングランディーレに5馬身差をつけて 圧勝した芦毛の怪物を。その名はミツアキタービン。 オグリキャップの再来と言われた笠松の英雄だ。 その後、凱旋レースとなったオグリキャップ記念を快勝したものの、 レース中の骨折が判明。長い間、休養を余儀なくされたものの、 いよいよ6月1日、 地元笠松のローレル争覇で復活する。

ミツアキタービンは父ライブリマウント、 BMSスイフトスワローという、泣く子も黙るダートの申し子。 去年のフェブラリーSでもアドマイヤドンとコンマ2秒差の4着に好走しており、 ダートの中長距離なら地方を代表する実力馬だ。 ローレル制覇では上がり馬マイネルポップス、 古豪フジノテンビー、転厩して好調タワリングドリームなども顔を揃えたが、 再び全国へと飛翔するには負けられないメンバー。 どんな鮮やかな走りを見せてくれるのか、非常に楽しみな一戦だ。

第23回ローレル制覇(P) 確定枠順

1 1 コウエイシャープ 9  55.0坂口重
2 2 マイネルポップス 5  53.0濱口楠
3 3 マルタカセダン 8  56.0高木健
4 4 モーニングティー 7  52.0佐藤友
5 5 ミツアキタービン 5  56.0東川公
6 6 セトノユタカオー 7  52.0安部幸
7 7 エムエフファルコン 6  52.0清家義
8 8 フジノテンビー 7  56.0岡部誠
8 9 タワリングドリーム 9  54.0向山牧

|

« ダービー回顧 光る佐藤哲のファイティングスピリッツ | トップページ | 笠松にオグリ再来 ミツアキタービン復活V »

地方競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/4357025

この記事へのトラックバック一覧です: 帰ってきた笠松の怪物 飛翔ミツアキタービン!:

« ダービー回顧 光る佐藤哲のファイティングスピリッツ | トップページ | 笠松にオグリ再来 ミツアキタービン復活V »