« 船橋・かしわ記念 ドンvsボーラー再び雌雄を決す! | トップページ | 海の戦車、砂を席巻! シーチャリオット三冠への序章 »

2005.05.10

NHKマイルC回顧 桜組の強さ見せつけたワンツー

遅ればせながら簡単にNHKマイルC回顧を。 データ解析の本命はラインクラフトだったんですが、 期待以上の走りを見せてくれたんではないでしょうか。 スローな流れを見越して好位からの競馬。 天皇賞のリンカーンとは打って変わったユーイチの 鮮やかな手綱さばきで、内から抜け出しました。 これで福永は芝マイルGⅠは7勝目ですか。 絶対の信頼はまだ置けませんが、 人気馬できっちりと結果を出せるようになったのは一流の証。

2着に桜花賞3着のデアリングハート。 このサンデー産駒はいつも人気薄かつ、 能力一杯まで走ってますよね。 それにしてもシルクトゥルーパーより人気が下とは。。。 馬連4890円的中。気が変わって買い目を絞った三連単は痛恨の外れ。 3着アイルラヴァゲインは1ハロン長かったかな。 1番人気ペールギュントは4着。 前残りの競馬と内枠が仇になりました。 NZTの勝ち馬、マイネルハーティーは12着。 展開や乗り方云々もあるでしょうけど、 中山マイルと府中マイルは別物という原則を覚えておきましょう。

今回のレースの結果をシーザリオの角居陣営は 喜んでいるでしょうね。 牡馬相手に桜花賞1、3着馬がワンツーですから、 桜組のレベルの高さ は担保されたようなもの。 さらにオークスでの人気を高めたのは間違いありません。 鞍上も乗り慣れた福永に戻るし、変則春三冠という可能性は高いんじゃないかな。 どの馬の手綱を取るか注目されていた武豊は 予定通り、エアメサイアを選びました。ディアデラノビアはデザーモに。 このふたりが福永とシーザリオの前に立ちはだかることになるんでしょうか。 そのふたりに蹴られたライラプスは四位なのかな? クイーンC勝ち馬はオークスと相性は良いんですけどねぇ。

|

« 船橋・かしわ記念 ドンvsボーラー再び雌雄を決す! | トップページ | 海の戦車、砂を席巻! シーチャリオット三冠への序章 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/4076487

この記事へのトラックバック一覧です: NHKマイルC回顧 桜組の強さ見せつけたワンツー:

« 船橋・かしわ記念 ドンvsボーラー再び雌雄を決す! | トップページ | 海の戦車、砂を席巻! シーチャリオット三冠への序章 »