« 皐月賞枠順確定 内枠の先行勢に気をつけろ! | トップページ | オグリキャップ 15年ぶり笠松帰郷へ »

2005.04.19

皐月賞回顧 歴史的瞬間を感じよう

ノーリーズンの悪夢を思い出してヒヤッとしました」(武豊) スタート直後に躓いてバランスを大きく崩したディープインパクト。 落馬寸前の致命的な出遅れ。 だが、それはディープインパクトの伝説を後世に残すための、 ちょっとしたアクセントに過ぎなかった。 前半は慌てずに後ろから行き、3角手前から外を回りながら追撃を開始。 4角では気合いのムチを入れられると、直線は抜群の伸び脚で一気に先頭へ。 次元が違う走り、とはこのことを言うのだろう。 1頭だけ宙を飛んでいた。最後は馬なりで流して一冠目。

多頭数やハイペースの経験がないなど、 粗を探したファンも多かったと思うが、 これで誰もがダービーで死角をあげつらうのは難しくなった。 同世代のライバルがディープを負かすことは考えられない。 故障さえなければ、三冠も間違いないだろう。 個人的にはサンデーサイレンス、最後の大物だと思う。 フジキセキやアグネスタキオンにせよ、 GⅠを遊びながら勝つ ほどの能力差を見せつけたことはなかった。 おそらく、歴史的名馬のクラシックロードを 私たちはリアルタイムで体験しているのではないか。

2着にやはりサンデー産駒のシックスセンス。 「出遅れと初コース以外は全て連対している」と、 スーパー競馬で井崎脩五郎がディープ→シックスの映画馬券を 推奨していたが、私もちょっと乗ってみたので 元返し程度の払い戻しを受けることができた。馬連5830円。感謝。 皐月賞は同距離の京成杯連対馬が巻き返すと覚えておきたい。 3着アドマイヤジャパンもノリが上手く乗ったが3着まで。 現時点ではこれが限界か。4着マイネルレコルトも同じ。 5着アドマイヤフジは最内枠が響いた。 9着ローゼンクロイツは入れ込みが過ぎた。

土曜日はマイラーズC。 人気のハットトリック、カンパニーが大外枠に。 阪神1600は外枠不利だって、桜花賞の時はあれほど騒がれたのに、 GⅡになるとみんな忘れてしまうもの。 馬券は休み明けも先行できるプリサイスマシーンから。 3番手につけたプリサイスは、ローエングリンをクビだけ捕まえられなかったものの 2着を確保。馬連4510円的中。 4着カンパニーは力がある。6着テレグノシスは府中で一変するはず。 ハットトリックは直線の不利もあって9着。反応も悪かった。 安田記念は大幅に着順が入れ替わると思う。

|

« 皐月賞枠順確定 内枠の先行勢に気をつけろ! | トップページ | オグリキャップ 15年ぶり笠松帰郷へ »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/3762010

この記事へのトラックバック一覧です: 皐月賞回顧 歴史的瞬間を感じよう:

« 皐月賞枠順確定 内枠の先行勢に気をつけろ! | トップページ | オグリキャップ 15年ぶり笠松帰郷へ »