« 大阪杯回顧 キーワードは復活 | トップページ | 桜花賞枠順確定 不利は内枠?外枠? »

2005.04.06

9億円のストームキャット産駒 やはり落札者はあの人

去年9月、キーンランド・セレクトセールで同セールの最高価格、 800万ドル(約9億円)ストームキャット産駒が落札された。購買者の名前は長らく伏せられたままで憶測を呼んだが、落札者はやはりあの御仁、関口フサロー氏であることが明らかになった。これはフサイチネットで公式発表されたもので、同馬はボブ・バファート調教師のもと米クラシックに挑戦することになる。なぜ、フサローは落札したことを隠していたのだろうか?

これまで敢えて名前の公表を控えておりましたのは、今まで必ず自分の目で見、触り、感じ、自らがセリ落とすスタイルを貫いてきた馬の購入を、今回はさまざまな原因により現地到着が間に合わず、他人に依頼して記録的な高額で落札したことが、「常に正々堂々と勝負する自分のポリシーに反する。またセリの競合相手に対し失礼にあたる」と言う本人の強い意思によるものです。 …春のクラシックシーズンを前に競馬ファンの皆様にエキサイティングな話題を提供するにはピッタリな時期だと言う、関口独特のパフォーマンスから、今回の正式発表に至りました。 (フサイチネット)

つまり、入国トラブルでセリに間に合わず落札を任せたが、ほかのオーナーなどから「安く買おうと戦略的に、裏から隠れて競ったように思われる」ことにプライドが許さなかったということらしい。 9億払ったのに誰が買い叩いたと思うのだろうか。金持ちの考えていることは分からない。フサローはストームキャット産駒に特別の思い入れがあるようで、ここ数年、眼鏡に適う若駒を探し続けてきたという。

ミスタープロスペクターに代わって、北米のみならずヨーロッパでもストームキャット産駒の活躍を目の当たりにしてきました。 …どうしてもストームキャット産駒を手に入れたくて、この4年間、世界中のあちこちで探し回りましたが、トップクラスのストームキャット産駒がマーケットに出ることはありませんでした。なぜならそれらの産駒を所有する誰もが、必ず走る!と確信しているからです。 …同馬の写真がメールで送信され、それを見たとたんに「これは間違いない!」と電撃的に直感しました。そしてその場で秘書に電話をし、「今からケンタッキーに飛ぶぞ!」と一言。数時間後にはアメリカ行きの飛行機の中いたわけです。

この9億円馬、ウェルカムサプライズ03は近親にエーピーインディやサマースコールのいる超良血。母自身もG3を勝っているシーキングザゴールド産駒。フサローはこのセールで同馬のほか、もう一頭のストームキャット産駒、ブレス03を落札している。ブレスはフサイチペガサスの全妹。こちらは栗東・森厩舎に入厩予定で、今月11日に来日することになっている。落札価格はお安く3億7400万円。とはいえ、日本における外国産馬の史上最高額なのだから恐れ入る。内外タイムスによれば、森師はこの馬で06年のケンタッキーダービーをめざすとのこと。

フサローがこれだけ派手なことをしても世間から恨みを買わないのは、金を持っていることを隠し立てせず、パッと大枚をはたいてしまうからだろう。「金庫に金貯め込んで毎晩数えるような大人になったらアカンで。お金は使うものや。数えたいだけなら新聞紙でも入れときゃエエんやわ」は至言か。「ギャンブルは金持ってるもんが勝つようになってるんやて」というのは貧乏人には悲しすぎる摂理だが。 金を使わない金持ちほど社会悪なものはない。今後とも国内外で高額馬を買い漁って、競馬を盛り上げてほしい。渦中のホリエモンもフサローに見習うべきところは多い。

|

« 大阪杯回顧 キーワードは復活 | トップページ | 桜花賞枠順確定 不利は内枠?外枠? »

海外競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/3583353

この記事へのトラックバック一覧です: 9億円のストームキャット産駒 やはり落札者はあの人:

» 800万ドル馬とそのおばあちゃん [役に立たない?競馬分析blog]
パカパカファームを、「清い心」で追いかけること、 ゴドルフィン・セブンスターズを、「煩悩に従って」追いかけること、 それが、今のところ私のPOGだったりするので... [続きを読む]

受信: 2005.04.06 16:17

» 競馬ニュース [うぉんばっとな毎日]
Acatenangoが事故死しました(記事)。 好みの種牡馬だったのになあ。 種牡馬生活は2年前に引退していたらしいですが。 キーンランドのセールでStorm Cat産駒を800万ドルと340万ドルで落札したのは やはり関口氏でした(記事)。 800万ドルで落札した方はA.P.Indyな... [続きを読む]

受信: 2005.04.07 20:16

« 大阪杯回顧 キーワードは復活 | トップページ | 桜花賞枠順確定 不利は内枠?外枠? »