« 女王候補ディアデラノビア大敗 吉沢宗一がアンカツ批判 | トップページ | 笠松に続き岩手も存続 試される一年の始まり »

2005.03.08

弥生賞回顧 辛勝?完勝?ディープインパクト

「新たな歴史の証人となるかもしれない」 少頭数のGⅡに集まった5万人の観客は、 ディープインパクトがどんな衝撃的なレースを見せてくれるのか、 胸を高鳴らせていたに違いない。 だが、中山まで駆けつけたファンにとって、クビという着差は いささか物足りないものだったのも事実だ。 期待はずれだったという意見も多いし、 一方で完璧なレースだったという見方もある。 確かに見た目の派手さはなかったが、実際はどう評価すべきなのだろうか。

これまでゲートで後手を踏んでいた ディープは、今回は好スタート。 1000メートル62秒2のスローペースを後方外目に 位置取ると、3角すぎからマクって進出。 内で先行抜け出したアドマイヤジャパンを坂上で退けた。ひさびさで折り合いを欠いたマイネルレコルトは3着。 ロスのない競馬をしたアドマイヤジャパンと、 外を回した距離損がありながら 一度もムチを入れなかったディープの力の差は明らか。 少なくとも辛勝という表現は当たらない だろう。

それにディープは直線、手前を変えず に走っている。 変えられなかったのだろうが、変えていればさらに伸び脚は鋭くなっていたはずだ。 また、水分を含んだ馬場コンディションでは スパイク鉄(長さ2ミリまで使用可)を履かせるところ、 ケガを恐れて普段の蹄鉄を使っていた。 ディープがGⅠ級なのは間違いない。 レース前、「若駒Sは未勝利戦レベル。レコルトが出れば馬なりでぶっちぎれた」 などと煽っていたスポニチの万哲には反省してもらいたいものだ。

では、ディープはルドルフ、ブライアンらに比肩する 三冠馬たりうる能力は持ち合わせているだろうか。 結論から言えば、彼らほど三冠制覇を安心して見ていられる馬ではない。 もちろん、レース結果は相対的なものだから、 ダービーをハナ差負けしたエアシャカールも三冠馬になっていておかしくなかったわけで、 ディープにも小さくないチャンスはある。 しかし、外を回す競馬ばかりで揉まれた経験がないことは不安材料だし、 走りの綺麗な馬で道悪はマイナス、 フルゲートで同じ競馬なら届かないケースもあり得る。 ライバルだけでなく、実は主戦・武豊もそう感じたのではないか。

ディープインパクトが、期待通りの走りで弥生賞を快勝してくれました。 …次に繋がる競馬を、できれば勝利を、と思って臨んだレースでしたが、 それも完璧な形でクリア。皆さんが思っているように、相当な逸材であるのは間違いありません。 …ボクとコンビを組んでいたほかの有力馬たちが、 ボクの意思とは別のところで早い時期に離れて行ってしまう現象にあって、 少し戸惑い を感じてもいます。クラシックを勝つには、 ここからの1、2か月でどれだけ良くなることができるかというのが、 かなり重要な要素になりますから、 ジョッキーの立場でいえば候補は最後までたくさんいる方が有利なわけです。 (武豊日記)

早い時期に手を離れていった馬とは ヴァーミリアン(デムーロ)、ペールギュント(柴田善)、ビッグプラネットか。 もし、ディープがどんな位置取りからでもライバルを突き放すことができるタイプなら、 武豊も未練を抱くこともないのだろう。だが、そうでないから 「ひょっとすると乗り捨てた馬に泡を食わせられるかも」と 一抹の不安が渦巻いているのだ。 プライドの高い武豊は外国人騎手に恥をかかせられることなど耐えられないだろうが、 皐月賞では武豊の憂いは現実となる可能性も高い。 中山2000のフルゲートでは力のある先行馬に利が働くからだ。 逆に言えば、皐月賞を勝てればディープ三冠も具現性を帯びてくる。 現時点の私見は皐月はストーミーカフェかヴァーミリアン、ダービーはディープと予想するが、いかがだろうか。

|

« 女王候補ディアデラノビア大敗 吉沢宗一がアンカツ批判 | トップページ | 笠松に続き岩手も存続 試される一年の始まり »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

たしかに3コーナーからのマクリをみると、府中の方が向いてそうなので、ダービーはビシッと◎打てそう。
逆に皐月は死んだフリの馬の出し抜けにやられそう、チケットとタイシンの関係みたいな。

てことは、皐月は弥生で退けられたジャパンか?

投稿: なぎさっち | 2005.03.08 09:17

しかし、武は毎年判を押したように同じ乗り方をするね。弥生賞になると。これだけ不利のない様に外を回しても、鞭もいらず息も乱れてないのだから、やはり相当強い馬なのでしょう。期待が大きかっただけに、やや肩透かしを食った感じはあるけど。でも確かに、フルゲートの本番はこの乗り方だと勝てないね。前に付けられる馬(と言ってもディープも付けられるんだが、騎手がそれをなぜか許さない)と言うことで、ストーミーかヴァーが最有力。管理人さんと同じで、もしディープがここを勝てれば限りなく三冠に近づくと思う。

投稿: bubuka | 2005.03.08 14:55

>なぎさっちさん 死んだふり。そうですね、ノーリーズンみたいな抜け出され方がいちばんありそうかも。 >bubukaさん 本番で初めて前に行かせるわけにもいかないでしょうしね。

投稿: ガトー@管理人 | 2005.03.09 21:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/3216673

この記事へのトラックバック一覧です: 弥生賞回顧 辛勝?完勝?ディープインパクト:

« 女王候補ディアデラノビア大敗 吉沢宗一がアンカツ批判 | トップページ | 笠松に続き岩手も存続 試される一年の始まり »