« 姫路競馬おそるべし 写真付き観戦リポート | トップページ | 「仮想馬主」になろう! サポーターズクラブ会員募集 »

2005.02.27

ファインモーションの花婿はカメハメハに

生まれ故郷の浦河・伏木田牧場で繁殖生活に入った ファインモーションの初年度の種付け相手が、 去年のダービー馬、キングカメハメハに決定しました (27日付け東京スポーツ報)。 「フサイチペガサスやシンボリクリスエスも候補に挙がったが、 絞り込んだ末に異系交配のキングカメハメハになった。 ファインはノーザン系以外なら配合しやすい血統」 と伏木田達之社長は語っています。
>>こちらが生まれてくる仔の血統表

アウトブリードを交配理由にした割には、 キングカメハメハのBMSはラストタイクーンなわけで、 当然のようにノーザンダンサーの5.5×4というインブリードが発生しています。 (ミルリーフの5×4も)。 シンボリクリスエスとの仔でしたら、 5代までならほぼ完璧なアウトブリードになるんですけどねぇ。 まあ、フサイチペガサスとの仔だと、ダンチヒの3×3の近親交配になっちゃうんで、 これと比べれば異系交配には違いないですが。。。 それとも異系って、ノーザン系以外なら異系交配という意味なのかな。 生産界のことは良く分かりません。

ファインもカメハメハも、 ともに3歳GⅠを2勝した希代のアイドルホース。 その仔はデビュー前から大きな話題になること間違いありません。 ルドルフ×ラモーヌの10冠ベイビーを彷彿とさせますね(縁起よくないか)。 こういうビッグカップルの仔は過剰な注目を集めて、 甘やかしすぎて大成しないなんてパターンも見受けられます。 それでも、最近は施設や技術の発達からか、 名牝から名馬が生まれるのがスタンダードになってますから、期待をかけるのも悪くないかもしれません。 とにもかくにも、スーパーホースが無事にターフに姿を現してくれるのを、 首を長くして待つばかりです。

|

« 姫路競馬おそるべし 写真付き観戦リポート | トップページ | 「仮想馬主」になろう! サポーターズクラブ会員募集 »

気になるニュース&ブログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/3092815

この記事へのトラックバック一覧です: ファインモーションの花婿はカメハメハに:

» [日本]ファインモーションの初年度交配相手 [名牝達の後宮プラス1]
*[http://baji.cocolog-nifty.com/okera/2005/02/post_6.html:title=ファインモーションの花婿はカメ... [続きを読む]

受信: 2005.02.28 17:58

« 姫路競馬おそるべし 写真付き観戦リポート | トップページ | 「仮想馬主」になろう! サポーターズクラブ会員募集 »