« 姫路がオレを呼んでいる。。。 | トップページ | ファインモーションの花婿はカメハメハに »

2005.02.26

姫路競馬おそるべし 写真付き観戦リポート

思い立ったが吉日。ふともらった連休に開催していた兵庫県営・姫路競馬。 いざ行かん、未知の競馬場へ。ということで、 重賞も何もない平日の姫路競馬リポートを初心者的立場からお送りします。 兵庫県営競馬は園田と姫路で相互に開催されていますが、 日数は園田のほうが多いようです。 中央に移籍した小牧太、赤木高太郎の出身地なんですよね。 競馬場は姫路駅からバスで15分ほど。 途中、世界遺産の姫路城もありますので、 遠方の観光客はこちらを見学してから競馬場に行くのをおすすめします。 お城の見学時間は午前9時から。 天守閣に上ってからでも、1レースに間に合います。

世界遺産の姫路城 天守閣からは姫路市内が一望

競馬場に到着すると「姫路公園競馬場」のゲートがお出迎え。 入場料は100円なり。入ってすぐに競馬新聞の売店があります。 売っているのは競馬キンキだけですので、 他の専門紙の選択肢のありませんのでアシカラズ。 向かって右手がコースとスタンド、左手がパドックです。 パドックは簡単なフェンスで囲まれているだけのもので、 馬や騎手との距離が非常に近いです。 厩務員とファンが楽しげに話しているパドックは初めて見ました。 スタンドの2階からも眺めることができますが、カブリツキを楽しみましょう。 出馬表は味のある手書きです。 デルタブルースで菊花賞を勝った岩田康誠騎手の勝負服は白地に青右たすきです。

スタンドは1、2階が一般席、4、5階が指定席です。 特観席は2000円。お金のある方はどうぞ。 馬券は単複、枠連、馬連、馬単。 場内の90%は定年退職したおっちゃんたち。 雰囲気は良くも悪くも昔ながらの地方競馬場。 笠松や高崎と比べても、こぢんまりとした感じです。帯広に近いかな。 おそらく、ファンサービスとかっていう言葉とは無縁の場所です。 誰もそんなもの求めてない気もするし。。。 経営状況は園田の売り上げを姫路が食いつぶしているようで、 主催者は姫路廃止も視野に入れています。 近い将来、もう見れなくなる光景なのかもしれません。

スタンドは5階建て ファンとの距離の近いパドック

手書きの出馬表 中央でも大活躍の岩田康

スタンドには喫茶店が一軒ありますが、 その他の食堂は入り口近くの平屋の建物に集まっています。残念ながら モツ煮込みを食べながら、レース観戦なんてありがちな光景は見られません。 食堂ではメニューを見渡す間もなく、おばちゃんたちによる客争奪戦の洗礼を受けますので覚悟のほどを。 注文した卵トロトロの親子丼は超ウマーでした。 隣のテーブルで陣取っていたグループとおばちゃんの会話(関西弁不正確)。 「ほら、もっとなんか注文しいや」「ご飯ものはお腹いっぱいや」 「のり巻き寿司はおいしいでー」「ご飯はいらんて」 「お寿司にはおかずも入っとるって。ほなお寿司ふたつな」 姫路の食堂、恐るべし!

おばちゃんパワー炸裂の食堂 親子丼650円。ご賞味あれ

で、馬券は到着した2レースから全レース勝負ですよ。 グリグリのトロットサンダー産駒、サルガワから馬単流しで勝負。 稍重の馬場で先行勢が絶対有利の様子。 直線半ばまではサルガワ→アイティメモリーでゲッツ!と思いきや、 人気薄のアイティーのほうが頭に来てるじゃないですか。 馬単3750円とは。馬連にしとけば良かったorz。 アイティの鞍上は岩田康。さすが中央GⅠジョッキーは侮れん。 その後、5レースで枠連8-8の3270円、6レースで馬連1090円を取ったのがやっとで、 あとはズルズルと負けまくり。 1番人気は良く飛ぶし、新聞の印もあてになりません。 人気の差し馬は道中でまくるものの、そこで使った脚がたたってタレるパターン。 展開が読めそうなんだけど、読めないんだよなぁ。

フルゲートは12頭です 激しい先行争い

この日のメインは1500メートルの稲美町万葉特別。 8戦7勝、オール連対というエルコン産駒、永島プレミアシスターズが1番人気。 こいつはさすがに堅いでしょ。 相手は逃げる松平クールフィールド。この2頭の馬連で大勝負! このレースで新幹線代を取り戻すよー。 一応、波乱の目も考えて、クールから先行勢へも押さえ馬券。 レースは快調にハナを切るクールと対照的に、 プレミアは内で揉まれて後退する苦しい展開。 場内は大きなドヨメキ。4角で姫路名物、小牧毅(太の弟)のマクリが炸裂。 クール→パープルシャドウ(小牧毅)で決まって馬単3740円。 押さえ馬券から抜けてるorz。プレミアは4着。

1番人気プレミアシスターズだったが… 逃げ切ったクールフィールド

最終もメイン以上につぎ込んでしまい、さらなる傷口を広げてしまう結果に。 岩田康、小牧毅、有馬、永島、大山真、松平…。 それにしても初めて見たのに印象的な乗り方をするジョッキーが多かったなぁ。 何もない競馬場だったけど、彼らのキャラの立った騎乗だけは忘れることができないでしょう。 園田・姫路は騎手の駆け引きで楽しむのが正解かも。 次は必ず勝って帰るからなと、心の中で呟きつつ姫路競馬場を後にしました。

6Rで儲けさせてくれた大山真吾騎手 元中津ジョッキー・有馬澄夫

ジョッキー整列 馬券的には散々でした。。。

参考リンク:
>>園田・姫路競馬場公式サイト
>>園田姫路ニュース
>>ヒマならおいで 園田競馬&姫路競馬

|

« 姫路がオレを呼んでいる。。。 | トップページ | ファインモーションの花婿はカメハメハに »

地方競馬」カテゴリの記事

コメント

>姫路でオレハマッテルゼ・・・・

仕事とか、出張のついでに立ち寄るパターンではなく、純粋に競馬観戦が目的の遠征だったのですね(^^; 親子丼がうまそう。羨ましいです。

>姫路名物、小牧毅(太の弟)のマクリ・・・・

園田ではなく姫路というのがポイントなのかな?小牧騎手。関西圏の騎手ゆえ、私にとっては、「まだ見ぬ強豪」ですが、一度その豪腕を目にしてみたいものです。

投稿: 山城守 | 2005.02.27 17:39

この間、中央でも爆発してましたね>小牧毅。今度は岩手にも行きたいです。

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2005.02.28 21:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/3087989

この記事へのトラックバック一覧です: 姫路競馬おそるべし 写真付き観戦リポート:

» 久しぶりの日曜川崎昼間開催 他、日曜日の地方競馬 [地方競馬に行こう!]
今日はまず、他のBLOGを書かれている皆さんの記事から、2題、雑談を。 今年に入ってからの南関東競馬、内田博幸騎手が益々大暴れで、すでに82勝、リーディング争い... [続きを読む]

受信: 2005.02.27 06:55

« 姫路がオレを呼んでいる。。。 | トップページ | ファインモーションの花婿はカメハメハに »