« AJCC回顧 苦手の右回りで重賞3連勝!? | トップページ | 速報・来年度も笠松競馬存続へ »

2005.02.02

東京新聞杯回顧 ハットトリック驚異の切れ味

クリケットに試合で、投手が連続3球で打者3人をアウトにした時、 その投手に真新しい帽子を贈るっていたらしい。 そこで、このように連続3球級で打者3人をアウトにすることを 『ハットトリック』と呼ぶようになったんだとか。 へぇー、へぇー、へぇー。 というわけで、東京新聞杯は重賞連勝を期待してハットトリック◎。 すでに3連勝中なんですけどね。 府中はパーフェクトな戦績だし、死角が見当たりませんでした。 馬券は馬連流しと、アサクサデンエンとの2頭軸の3連複。

予想通りハナにいったグレイトジャーニーのペースはスロー。 こうなると、広い直線の瞬発力勝負になるわけですが、 後方から32秒6という驚異的な上がりを繰り出してハットトリックが快勝。 2着にキネティクス、3着グレイトジャーニー、4着アサクサデンエン。 ハットトリックは強い。GⅢクラスの馬じゃない。でも、武豊が言っていたように 現時点では一線級には もうちょい足りない 感じがします。 もちろん、一皮剥ければGⅠは目の前なのでしょうが。 脚質に幅が出てくれば怖いモノなし。

2着キネティクスも力をつけてきてますね。 あわやと思わせましたから。3着グレイトジャーニーはハナが合いますね。 3歳時はクラシック路線を歩みましたが、ベストはマイルでしょ。 アサクサデンエンは切れ負け。 ミッドタウンは予想通り、中山巧者でした。 ウインラディウスは本調子ではなかったですか。 休養明けだったボールドブライアンは叩かれて復調があるかもしれません。 馬連940円のみ的中。

西は京都牝馬S。エリモピクシーから行ったのですが、 アズマサンダース、ウイングレットに叩き負けました。 アズマの鞍上は藤岡佑介。 さすが新人で35勝しただけのことはあります。うまい。 これが重賞初制覇となりますが、若手の最有望株です。 エリモピクシーは力を出し切っての敗戦です。 ヘヴンリーロマンスは6着。 展開が向かなかったとはいえ、 この辺りはオッズほど力の差はないように感じます。

で、先週、いちばん驚かされたのが根岸Sのメイショウボーラーの圧勝です。 気分良く逃げられましたが、それでも7馬身差はすごい。 マイルで失速するとは考えられませんし、 執拗に絡まれることさえなければフェブラリーSも期待できます。 ホント、ダートで大化けしましたね。一線級との対戦が楽しみ。 馬券はこちらも馬連2620円のみ的中。 三連単はメイショウ→エコルプレイスの1、2着固定でしたので、 1-3-2着で惜しくもハズレ。 新高崎から参戦した13歳サンエムキングはどん尻の16着。おつかれさま^^。

気になる笠松の存廃問題ですが、 3日の岐阜県知事と笠松、岐南町長の会談で最終的な結論が出される模様。 町は存続の前提として、 賞金、人件費、開催費など年間7億円をコストカットした赤字ゼロ案を提示しました。 経費のかさむオグリキャップ記念、全日本サラブレッドCも取りやめになるとか。 この案をもとに、北海道の生産者団体へ公益法人設立などの協力打診、 ライブドアへのネット販売委託の検討が行われているようです。 仮に廃止という結論が出ても、あるいは願い通り存続となっても、 関係者にとっては茨の道には違いありません。 それでも、もう一度、新生・笠松競馬の姿を見たいというのが、 一ファンとしての正直な気持ちです。

|

« AJCC回顧 苦手の右回りで重賞3連勝!? | トップページ | 速報・来年度も笠松競馬存続へ »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/2776361

この記事へのトラックバック一覧です: 東京新聞杯回顧 ハットトリック驚異の切れ味:

» [ほ] 4点目も決めた - 東京新聞杯 [回顧] [ほーせずている]
2005年 1月30日(日) 1回東京2日目 15:35発走 11R 第55回東京新聞杯 4歳以上・オープン・G3(別定) (国際)[指定] 芝 1600m 14頭立 ◎ 13 ○ 3 ▲ 2 × 12 × 7... [続きを読む]

受信: 2005.02.03 00:21

» [ほ] 最強1勝馬がいなくなった - 京都牝馬S [回顧] [ほーせずている]
2005年 1月30日(日) 2回京都2日目 15:45発走 11R 第40回京都牝馬S 4歳以上・オープン・G3(別定) (牝)(国際)[指定] 芝・外 1600m 15頭立 ◎ 8 ○ 11 ▲ 9 △ 2 × 5 × 6... [続きを読む]

受信: 2005.02.03 00:21

» [ほ] 江戸の敵を長崎で - 根岸S [回顧] [ほーせずている]
2005年 1月29日(土) 1回東京1日目 15:40発走 11R 第19回根岸S 4歳以上・オープン・G3(別定) (国際)(指定) ダート 1400m 16頭立 ◎ 8 ○ 7 ▲ 3 △ 10 × 1 × 2... [続きを読む]

受信: 2005.02.03 00:22

» 京都牝馬S 結果・回顧 [お馬の親子]
京都牝馬ステークス(G3) 前半800m49.4秒の超スローをアズマサンダースはいつもよりかなり後ろから。結果的にその位置で折り合いが付いたことで脚をタメ... [続きを読む]

受信: 2005.02.03 01:32

« AJCC回顧 苦手の右回りで重賞3連勝!? | トップページ | 速報・来年度も笠松競馬存続へ »