« エリザベス女王杯回顧 燃え尽きた女王 | トップページ | 浦和記念 ダンツフレーム転入初戦は敗退 »

2004.11.29

ジャパンカップ回顧 馬は国産、屋根は舶来

JRA初の一日にふたつのGⅠが行われた ゴールデンジュビリーデー。 「小川直也と10万人のハッスル!ハッスル!」 「和田アキ子 国歌独唱」など様々な催し物も行われました。 まずは砂のジャパンカップダート。 アドマイヤドンが一本かぶり。 何しろここを勝てばダートGⅠグランドスラムですからねぇ。 この馬を軸から外すわけにはいかないでしょ。 実は去年、JCDでドンからフリートストリートダンサーへ 馬単を買っていた私は確定後にひっくり返ったものです^^;。 教訓を活かして馬連なのか、雪辱を期して再び馬単なのか。 ここで馬単買ってしまうところが私の勝負弱さなんですね。

レースは芝馬ローエングリンがハナを奪う淀みないペース。 4角までどうも手応えが悪いドンでしたが、 内に包まれるのを恐れて外を回します。 逆にそのドンをみて内を突いたのが武豊タイムパラドックス。 内外のリードを利用して一気に突き抜けました。 ドンは先に抜けたジンクライシスを交わして2着を確保するのがやっと。 うわー、2年連続で裏目で外したよ。 ドンは調子もイマイチだったし、ズブくなってるのかな。 鉄砲でも力を出せるタイプだけに、 ここ一本に絞った方が良かったかもしれません。 まあ、ひさびさのGⅠでのユタカマジック。 ドンとタイムを管理する松田博師はワンツーでも渋い顔だったそうです。

そして、やってきました国際GⅠジャパンカップ。 人気は日本馬に集中。こういう年は 外国馬が激走しちゃうのがジャパンカップでしょう。 という安易な考えで天才トレーナー、エイダイ・オブライエンが 送り込んだパワーズコート。 アーリントンミリオン1位入線、BCターフ3着なら 連対圏内の実績でしょう。 速い脚がない分は先行力でカバーしてくれるはず。 って、いきなり出遅れ ですか。。。 最後方からの競馬を強いられ、あっという間に圏外へ脱落。 スペンサー騎手、BCやアーリントンでさんざんヘグって批判されていましたが、 ジャパンカップでもやっちゃうとはねぇ。

レースはマグナーテン岡部爺の絶妙な平均ペース。 ゼンノロブロイをアシストする名ラビットぶり。ゼンノロブロイは 中団から自分の競馬をして、他馬をあっという間に置き去りにして快勝。 春とは風格の違う研ぎ澄まされた馬体は漆黒の弾丸と呼ぶに相応しいほどでした。 2着にルメールのコスモバルク。 リングハミとノーズバンドの効果が出たのか、 マグナーテンの離した逃げが良かったのか、 ともかく折り合いをつけて能力を出し切ることができました。 宝塚記念あたりなら勝てそうな気もしてきました。 馬連1040円 、タテ目で押さえてあった。

3着はデルタブルース。 出遅れがなければ2着はあったかも。 やはり菊花賞はフロックじゃ勝てないんだな。 5着に落鉄していたナリタセンチュリー。 テン乗りのヨシトミ先生はロブロイマークだったけど、 1着を狙うなら京都大賞典のように後方で自分の競馬に徹するべきだと思う。 次走は田島裕へ手綱が戻ることを希望します。 9着にヒシミラクル。ちょっとずつ復調してきました。 次からはミラクル注意報です。 それにしても日本馬ばかり勝っちゃうジャパンカップっていうのも、 なんだか味気ない気がしているのは贅沢なんですかねぇ。 しかも騎手は外国人っつーんですから。馬は国産、屋根は舶来、 今秋のトレンドはこれだったか。

|

« エリザベス女王杯回顧 燃え尽きた女王 | トップページ | 浦和記念 ダンツフレーム転入初戦は敗退 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

うまむ@馬耳東風オケラセラさま、ご無沙汰しています。
徐々にではありますが、ネットに戻ってきました。

エイダイ・オブライエン。私も一番注目していたのですが・・・。またクールモア勢に挑戦して欲しいです。今度は本人もぜひ来日を。
「アウェーでも実力をだせるか?という能力が遠征には必要で、それを予想するのは困難」「相対的に遠征馬は不利」ということでしょうか・・・。

投稿: 桂馬 | 2004.12.01 15:35

>桂馬さん、おかえりなさい。阪神JFも鋭いデータを出されてますね。オブライエンも自信がなかったから来日しなかったのかな。遠征は馬自身の能力もそうですが、陣営の日本でのノウハウも必要なのかもしれませんね。

投稿: がとー@馬耳東風 | 2004.12.02 22:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/2106170

この記事へのトラックバック一覧です: ジャパンカップ回顧 馬は国産、屋根は舶来:

» 【JC回顧】オグリを彷彿とさせたコスモバルクの変貌 [そのまま、そのままっ!!]
決着時計2分24秒2。コース改修後のレコードを記録したキングカメハメハのダービーと比べてしまうと、1秒近く遅いタイムではある。だが、マグナーテンの刻んだ絶妙のミ... [続きを読む]

受信: 2004.11.30 01:50

» JC 結果 [Racing Blog 2004]
大方の予想通りマグナーテンが逃げた。マグナーテンのラップはやや速めだが、2番手につけたコスモバルクがやや離れていたので平均ペースと考えていいだろう。レース後... [続きを読む]

受信: 2004.11.30 02:31

« エリザベス女王杯回顧 燃え尽きた女王 | トップページ | 浦和記念 ダンツフレーム転入初戦は敗退 »