« 高知競馬 ライブドアと協力契約締結で合意 | トップページ | ジャパンカップ回顧 馬は国産、屋根は舶来 »

2004.11.16

エリザベス女王杯回顧 燃え尽きた女王

どうしちゃったんだろうなぁ。 わが◎スティルインラブ。 パドックで馬体は良く見えたし、 道中はちょっとかかった感じはあったけど 勝ち馬と同じ位置にいたし、 まともなら惨敗するはずないんですけどねぇ。 幸も「最近は調教でも競馬でも、以前のように反応してくれないですから」 と言葉少なだったそうです。残念ながら、燃え尽きた ってことでしょうか。

メイショウバトラーが後続を引き離して逃げましたが、 1000メートルは61秒通過のスローペース。 中団につけていたアドマイヤグルーヴはライバルを尻目に 早めに仕掛けていくと、粘るオースミハルカをきっちり捕えてゴール。 天皇賞秋で3着に激走して、返す刀で中1週でのGⅠ連覇はお見事。 調整の難しい馬を馬体も減らさず出走させた陣営の勝利ですね。 武豊は自身の持つ天皇賞春4連覇に並ぶエ女王杯4連覇

2着オースミハルカ、3着エルノヴァ、4着エリモピクシーは いずれも府中牝馬S組。今年、レベルの高かったトライアルはここでしたか。 府中牝馬Sで3着だったスティルインラブは消えましたけどね^^;。 1番人気スイープトウショウは追い込んで5着まで。 展開が向かなかったのもあるし、イライラしていたところもありましたが、 上がりは33秒2ですから力は出し切ったと見るべきでしょう。

ところで京都ハイジャンプはロードプリヴェイルで楽勝しました。 鞍上の熊沢騎手は史上初の平地、障害で重賞10勝を達成。 とかく危険視されがちな障害ですが、 リーディング上位(関西12位)にいるジョッキーが 障害にこだわり続けているのは嬉しいですね。 このまま中山大障害も行っちゃうかな。

|

« 高知競馬 ライブドアと協力契約締結で合意 | トップページ | ジャパンカップ回顧 馬は国産、屋根は舶来 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。

競馬メルマガ 【勝ち組の勝利指針】
を発行者している勝ち組と申します。

スティルインラブは昨年の3冠を取ったときは
はち切れんばかりの良い体をしていたのですが、
最近はどうも萎んでしまったような感じがしましたね。

3歳の連戦で精神面で燃え尽きるものがあったのか、
古馬になってからは残念な戦績ばかりです。

復活してくれることを期待したいですね。

それでは失礼します。

投稿: 勝ち組 | 2004.11.16 22:06

復活ができれば最良ですが、もうお休みさせてあげてもいいのかなとも思います。来年のエリ女が勝てるようならいいんですが、それ以外の目標はないですしねぇ。

投稿: がとー@馬耳東風 | 2004.11.29 02:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/1974073

この記事へのトラックバック一覧です: エリザベス女王杯回顧 燃え尽きた女王:

» [回顧]京都11R エリザベス女王杯 [オオカミ少年]
>| 1. アドマイヤグルーヴ  武豊   〓 2:13.6 2. オースミハルカ    川島信二 〓 3/4 3. エルノヴァ      ペリエ  〓 1 1/4 | エリザベス女王杯4連覇! 武豊 ... [続きを読む]

受信: 2004.11.16 03:32

« 高知競馬 ライブドアと協力契約締結で合意 | トップページ | ジャパンカップ回顧 馬は国産、屋根は舶来 »