« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004年11月の8件の記事

2004.11.29

ジャパンカップ回顧 馬は国産、屋根は舶来

JRA初の一日にふたつのGⅠが行われた ゴールデンジュビリーデー。 「小川直也と10万人のハッスル!ハッスル!」 「和田アキ子 国歌独唱」など様々な催し物も行われました。 まずは砂のジャパンカップダート。 アドマイヤドンが一本かぶり。 何しろここを勝てばダートGⅠグランドスラムですからねぇ。 この馬を軸から外すわけにはいかないでしょ。 実は去年、JCDでドンからフリートストリートダンサーへ 馬単を買っていた私は確定後にひっくり返ったものです^^;。 教訓を活かして馬連なのか、雪辱を期して再び馬単なのか。 ここで馬単買ってしまうところが私の勝負弱さなんですね。

レースは芝馬ローエングリンがハナを奪う淀みないペース。 4角までどうも手応えが悪いドンでしたが、 内に包まれるのを恐れて外を回します。 逆にそのドンをみて内を突いたのが武豊タイムパラドックス。 内外のリードを利用して一気に突き抜けました。 ドンは先に抜けたジンクライシスを交わして2着を確保するのがやっと。 うわー、2年連続で裏目で外したよ。 ドンは調子もイマイチだったし、ズブくなってるのかな。 鉄砲でも力を出せるタイプだけに、 ここ一本に絞った方が良かったかもしれません。 まあ、ひさびさのGⅠでのユタカマジック。 ドンとタイムを管理する松田博師はワンツーでも渋い顔だったそうです。

そして、やってきました国際GⅠジャパンカップ。 人気は日本馬に集中。こういう年は 外国馬が激走しちゃうのがジャパンカップでしょう。 という安易な考えで天才トレーナー、エイダイ・オブライエンが 送り込んだパワーズコート。 アーリントンミリオン1位入線、BCターフ3着なら 連対圏内の実績でしょう。 速い脚がない分は先行力でカバーしてくれるはず。 って、いきなり出遅れ ですか。。。 最後方からの競馬を強いられ、あっという間に圏外へ脱落。 スペンサー騎手、BCやアーリントンでさんざんヘグって批判されていましたが、 ジャパンカップでもやっちゃうとはねぇ。

レースはマグナーテン岡部爺の絶妙な平均ペース。 ゼンノロブロイをアシストする名ラビットぶり。ゼンノロブロイは 中団から自分の競馬をして、他馬をあっという間に置き去りにして快勝。 春とは風格の違う研ぎ澄まされた馬体は漆黒の弾丸と呼ぶに相応しいほどでした。 2着にルメールのコスモバルク。 リングハミとノーズバンドの効果が出たのか、 マグナーテンの離した逃げが良かったのか、 ともかく折り合いをつけて能力を出し切ることができました。 宝塚記念あたりなら勝てそうな気もしてきました。 馬連1040円 、タテ目で押さえてあった。

3着はデルタブルース。 出遅れがなければ2着はあったかも。 やはり菊花賞はフロックじゃ勝てないんだな。 5着に落鉄していたナリタセンチュリー。 テン乗りのヨシトミ先生はロブロイマークだったけど、 1着を狙うなら京都大賞典のように後方で自分の競馬に徹するべきだと思う。 次走は田島裕へ手綱が戻ることを希望します。 9着にヒシミラクル。ちょっとずつ復調してきました。 次からはミラクル注意報です。 それにしても日本馬ばかり勝っちゃうジャパンカップっていうのも、 なんだか味気ない気がしているのは贅沢なんですかねぇ。 しかも騎手は外国人っつーんですから。馬は国産、屋根は舶来、 今秋のトレンドはこれだったか。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2004.11.16

エリザベス女王杯回顧 燃え尽きた女王

どうしちゃったんだろうなぁ。 わが◎スティルインラブ。 パドックで馬体は良く見えたし、 道中はちょっとかかった感じはあったけど 勝ち馬と同じ位置にいたし、 まともなら惨敗するはずないんですけどねぇ。 幸も「最近は調教でも競馬でも、以前のように反応してくれないですから」 と言葉少なだったそうです。残念ながら、燃え尽きた ってことでしょうか。

メイショウバトラーが後続を引き離して逃げましたが、 1000メートルは61秒通過のスローペース。 中団につけていたアドマイヤグルーヴはライバルを尻目に 早めに仕掛けていくと、粘るオースミハルカをきっちり捕えてゴール。 天皇賞秋で3着に激走して、返す刀で中1週でのGⅠ連覇はお見事。 調整の難しい馬を馬体も減らさず出走させた陣営の勝利ですね。 武豊は自身の持つ天皇賞春4連覇に並ぶエ女王杯4連覇

2着オースミハルカ、3着エルノヴァ、4着エリモピクシーは いずれも府中牝馬S組。今年、レベルの高かったトライアルはここでしたか。 府中牝馬Sで3着だったスティルインラブは消えましたけどね^^;。 1番人気スイープトウショウは追い込んで5着まで。 展開が向かなかったのもあるし、イライラしていたところもありましたが、 上がりは33秒2ですから力は出し切ったと見るべきでしょう。

ところで京都ハイジャンプはロードプリヴェイルで楽勝しました。 鞍上の熊沢騎手は史上初の平地、障害で重賞10勝を達成。 とかく危険視されがちな障害ですが、 リーディング上位(関西12位)にいるジョッキーが 障害にこだわり続けているのは嬉しいですね。 このまま中山大障害も行っちゃうかな。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004.11.12

高知競馬 ライブドアと協力契約締結で合意

近鉄買収表明のときから、「どうせ買うつもりないんだろ」 「売名行為に利用しただけ」などと批判されてきたライブドア。 競馬参入もそんな穿った見方がされてきましたが、 ようやく相手先と契約合意までこぎつけました。 その最初の相手となったのは高知競馬です。 11日、高知県競馬組合の前田英博管理者がライブドア本社を訪ねて支援を要請しました。 競馬場の愛称にライブドアの社名を入れることや、広報活動を協力して行うことで合意。 今月中にも協力契約を交わすことになりました。 今後、ネット中継や馬券販売についても協議する方針だそうです。 高知競馬の累積赤字は60億円。 ハルウララ強奪後、高知競馬は危機的状況に立たされています。

どうやらホリエモンは本気で全国の地方競馬運営に乗り出すつもりのようですね。 岩手、高崎、笠松、高知、佐賀、荒尾。 これらの競馬場のレースを有機的に結んで、 ネットプロモーションを繰り広げるつもりでしょうか。 地方競馬を横断的に経営することで、 様々な改革を進めていける可能性はあると思います。 群馬県知事はホリエモンとの会談で 驚くような起死回生策がでなかったことに不満を抱いたようですが、 正直、そんなものあるわけありません。奇策も正攻法も使いながら、 できるところから改善していきファンを獲得していくしかないのです。 その様々な施策の結果、初年度で黒字に持って行ければ大喝采なのです。 ライブドアが魔法の杖を見せてくれなきゃ運営させない! って述べている 有識者の方々こそ、 100億稼ぐ男の本を読みすぎじゃないですか。

今、競馬村は大火事、延焼中です。 燃えさかる家を前に人々は為す術がありません。 あるグループは何もしないよりマシとコップの水をかけようとします。 「そんなことをしても無駄」「火の不始末をしたほうが悪い」と言う人々もいます。 そこへやってきたのがL社製新型消防車です。 L社の評判は芳しくありませんが、この消防車は大量の水を持っています。 「早く消防車で水を消してくれ」家の住人が叫びます。 しかし、村のお役人は「本当に火が消えるかどうか分からない」 「まず火が消えるという証明書をみせろ」と放水許可を出しません。 エライ専門家もやってきました。「地域の防災計画を先に立てるべき」 「住民が消火策のアイディアを出せ」と演説を始めました。 そうしている間にも火の勢いはますます強くなっていきます。

ライブドアの案が確実に黒字化できるかどうかは分かりません。 ただひとつ間違いないのは、ライブドアは市民には到底及ばない 大量の資金(水)を持っているということです。 なぜ火を消すための最善の努力を尽くそうとしないのでしょうか。 黙っていれば全焼は免れません。だったら、消火活動をさせてみたら? その傍で、村に詳しい住民はどこに水をかけたらよいか、 アドバイスできることもあるかもしれません。 お役人のなかには駅前の家が焼けてしまえば 再開発できると、土建屋さんと全焼を心待ち にしている方々もいるようです。 そんな人たちの肩を持つ気にはなれないなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (6)

2004.11.11

ライブドア・群馬県知事と会談 ホリエコールも

10日、高崎競馬を主管する群馬県知事と ライブドアの堀江社長との会談がもたれました。 県庁に堀江社長が到着すると、150人の関係者からホリエコールが巻き起こったそうです。 堀江社長は「良い感触だった。最終的にはJRAと対抗できるような形でやっていければいい」と 前向きな姿勢を示したものの、 県知事は「今日の段階で廃止を撤回すると判断するだけの説明はなかった」 と存続に厳しい見通しを示しました。

先日のエントリーで高崎競馬存続の署名のお知らせをさせていただきました。 笠松の時もたくさんのブロガーの方々の賛同記事をいただきましたが、 今回は特に呼びかけなどしなかったにも関わらず、 自然連鎖的にエントリーが広がっていったことは心強かったです。 というのも、ネットでは「署名は無意味」という意見も強く、 「赤字なら廃止で当然」という論調も根強いからです。 現実の世界でも関係者が署名活動をしていると、 心ない言葉を浴びせられて辛い思いをすることもあるそうです。

もちろん私も無尽蔵に税金をつぎ込めと思っているわけではありません。 ただ、今までの行政による運営が黒字化へベストを尽くしたとは言い難いこと来年から民間参入が許され手を挙げた企業があるということ、 このことからラストチャンスが地方競馬に与えられても良いのではと思うのです。 キルトクールさん が感じられた「なにが、やばいって、まずファンファーレからしてやばい」 というのも、運営改善の方策が尽くされていないひとつの現れではないでしょうか。 くらかわさん が「地方競馬は地域住民によって支えられるべき」と記事を書いていらっしゃいます。 その上で「我々が署名などで入っていっても、結局『廃止やめてほしい』」と訴えるだけで、 何の解決にもならず、。赤字が縮小することもない。」と述べられています。

「地方競馬が地域によって支えられるべき」とは私も全く同感で、この点は大切なことだと思います。 しかし、民間参入によって黒字化できるかどうかは、 憶測だけでは推し量るには難しいのではないでしょうか。 確かに経営にはコストがかかります。 そのコストを企業努力で削ったり、ライブドアの主張するネットでの プロモーション、馬券販売により売り上げを伸ばせるとしたら、 地方競馬の運営も地域がより支えやすくなる のは間違いありません。 地方財政再建だけを考えれば娯楽産業の存続にポジティブな見方をするのは愚かなことかもしれません。 ただ、やはり地方存続を願う競馬ファンとしては、 この機会を生かす方向に賭けてほしいと願わざるを得ないのです。

島村農林水産大臣は「積極的に民間の力もどんどん呼び込んでいくべき」 とのコメントを出しました。群馬県とライブドアの間では事務協議が続けられる予定です。 状況は厳しいですが、なんとか存続に向けて農林水産省も後押ししてほしいです。 中津のような現役競走馬大量処分なんて悲劇も見たくありませんから。 今週、来週は仕事で目が回るぐらいになりそうなので、 満足な更新はできないと思います。 もうちょっとちゃんとしたエントリーを書きたかったのですが、ご容赦ください。 拙サイトの記事引用、トラバなどしてくださった方々に深謝。 今の気持ちはCGetの馬事争論さん と同じです。がんばれ高崎、がんばれ笠松!馬耳東風はこれからも地方競馬を応援していきます。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2004.11.09

AR共和国杯・ファンタジーS回顧 ひさびさW的中

GⅠのふかーい谷間、アルゼンチン共和国杯。 データ解析の本命はレニングラードにしました。 ゼンノロブロイ、アドマイヤグルーヴらと闘ってきた実力は ハンデ戦では一枚上。56キロも恵量で、 府中得意のトニービン産駒と条件が揃いました。 それでも1番人気は条件戦を3連勝してきたグラスポジション。 こういうシチュエーションになったときは、 経験則的に実績馬のほうが勝つ。いや、上がり馬に◎打っちゃうことも多いんですけど^^;。

レースは押し出されたニシノサブライムが逃げる超スロー。 レニングラードは後方でじっくり脚を溜める作戦です。 こういう競馬はノリの十八番なんですよねぇ。 抜群の手応えで直線を向くと、外に持ち出して33秒6の切れ味で初重賞制覇。 2着に50キロの3歳馬テンジンムサシ。 馬連3870円的中。 データ解析、ひさびさの当たりだ。 レニングラード完勝は実力通りってとこでしょうか。

テンジンムサシは最後方からゴボウ抜き。 矢野照師は「グラスポジションをマークしていけと言ったけど相手を間違った」 と石神騎手への指示を反省しきり。 3着に番手で競馬をしたスーパージーン。2頭には切れ味で見劣りましたね。 4着にトップハンデのダイタクバートラム。スムーズに前を捌けませんでした。 矢野照師を惑わせたグラスポジションは10着大敗。 重賞の壁というか、1番人気は重すぎたようです。

西はファンタジーS。 アドマイヤベガ産駒のモンローブロンド(青鹿毛だけど)流し。 モンローブロンドも好位から伸びる良い競馬をしたんですが、 その4馬身前にいたのがラインクラフト。 福永曰く「2番手以降が来そうになかったので最後は流した」そうです。 レースは2ハロン目から11秒台を刻み続けるレベルの高さ。 その流れを先行して瞬時に抜け出した内容は高く評価すべきでしょう。 馬連1030円的中で超ひさびさ重賞W的中。

ラインクラフトはエンドスィープ産駒。 母はアドマイヤマックスの全姉で、祖母はダイナシュートという奧のある血統。 父はスイープトウショウと同じですが、 気性も素直で乗り方にも注文がつかないだけラインクラフトのほうが上かも。 順調にいけば桜の最有力候補になるんじゃないですか。 次走は阪神JFになりますが、あっさりクリアしそうな予感です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.05

速報・ライブドアが笠松競馬参入を検討!

プロ野球への参入競争に敗れた「ライブドア」が、 存続の危機に直面している笠松競馬への経営参加を検討していることが分かりました。

>>ライブドアが岐阜県の笠松競馬への経営参加を検討 (名古屋テレビ)

ライブドア側は「前向きに検討している」としているとしていて、 笠松競馬の関係者は 「11月中にもライブドアの堀江社長と梶原岐阜県知事との会談を実現させたい」と話しているとのこと。 ライブドアは名古屋競馬への経営参加も検討しているそうです。 笠松競馬存続への視界は大きく開けてきました。 地方競馬の垣根を取り払う魅力ある競馬場づくりにライブドアは力を貸してほしいですね。 一度は絶望の淵に立たされた笠松競馬に光が差し始めたのは、 笠松愛馬会をはじめ関係者のご尽力の賜物。 新しい地方競馬の扉を開けるまでもう一押し。頑張ってください!

>>笠松存続を求めるネット署名に参加しましょう!

| | コメント (4) | トラックバック (4)

2004.11.03

笠松存続に光明!? やはり再生の鍵は民間参入

廃止か存続か、厳しい局面に立たされている笠松競馬ですが、 岐阜県の梶原拓知事は「赤字を含めて民間が引き受けてくれるなら検討の余地はある」 (読売)との考えを馬主会らに示しました。 これはどういうことかと言うと、改正競馬法により参入が認められた 民間企業が運営に乗り出してくれば、笠松存続を認めるということ。 笠松町長も民間委託による経営改善を前提として「来年度は税金を投入しても開催する」 (毎日)としています。 これまで県の検討委員会は「自立的な経営は困難で速やかに廃止すべき」 との中間報告書をまとめ、知事も「前途に光明を見いだすことは極めて難しい」と議会で答えていました。 今回のトップの発言が、 廃止一辺倒に突き進んできた事務方に歯止めをかけることを期待したいです。

一方で廃止が正式決定されたのが高崎競馬。 1日、競馬開催は年内までとする補正予算案が群馬県議会で可決されました。 高崎競馬にはライブドアが経営に参画する意思を示し、 廃止撤回と競馬を開催する新組織立ち上げを県に申し入れる予定でした。 ライブドアは「赤字の場合を含む開催経費を全額負担する」という 条件を提示していたにも関わらず、 県のほうは全く貸す耳を持たなかったようです。また、懸命の存続アピールを行ってきたはずの調騎会が 「廃止の方向で県などと再就職や補償問題を話し合っているので、 その妨げになる ようなことは困る」と言うのであれば、民間参入の余地はありません。 本音はそうであっても、高崎調騎会の無神経な発言は競馬を愛するが故に 支援してくれたファンや関係者に失礼極まりないのではないでしょうか。

ともあれ、こうして民間企業が地方競馬運営に手を挙げたのは歓迎すべきこと。 既に岩手競馬は「馬券販売業務の委託」をライブドアに打診したそうです。 岩手は佐賀、荒尾との連携を進めていて、 狙いはインターネットを通じた全国地方競馬の馬券発売にあるようです。 多数のアクセスのあるポータルサイトを持つライブドアの力を借りて、 地元以外の競馬ファン、ライトファンの需要掘り起こしにつなげようというのです。 このライブドア地方競馬連合構想に笠松競馬が加わることは大いに考えられます。 もちろん、ライブドアのおかげで魅力的なコンテンツのできあがり、 と簡単に行くとは思いません。実際、競馬評論家の 須田鷹雄氏はプロ野球のオーナー同様、ライブドアの参入には否定的です。

野球のときにも「ネットを使えば魔法のように売り上げが上がる論」がまかり通ったが、 地方競馬の中でも商品力の弱い高崎の馬券を売るのは相当な難題だ。 …それと、やはり心配なのはライブドアそのもの の将来だ。卓越した競馬知識と見識を持ち、さらに潤沢な資金も備えてるというなら…… なんでホリエモンみたいな「一年後に浦和の未勝利交流走る予感満載」な馬を買っちゃうのかと 。これはどうにも説明つかない現象ですよ。 (須田鷹雄の日常・非日常)

確かにライブドアの企業としての信頼度は高くありませんし、 すべてを任すには若すぎる会社です(外部への対応の仕方ひとつにしても。代表電話は自動応答で 肝心な部署にはつながらないし)。 しかし、ライブドアだろうがソフトバンクだろうが、 民間への委託が地方競馬再起に向けた一歩になるのには違いありません。 何もしなければ廃止しかないのですから。 私は地方競馬再生(黒字転換)の方策は尽くされていないと思っています。 これまでの行政の怠慢な運営だけで、 地方競馬は税金の無駄遣いと短絡的に切り捨てられるのは、 一ファンとして到底うなづけるものではないのです。

また、 プロ野球の時もそうでしたが、とにかく先に手を挙げてしまうのが ライブドアの特徴でもあります。ということは、 今後、楽天…ではなくても、第二、第三の民間企業が名乗り出てくることもある のではないでしょうか。 地方競馬は数千億円の売り上げを持つ巨大マーケットです。 手を出したがっているのはライブドアだけではないはずです。 もし、もっと競馬運営に長けた企業が地方競馬を経営してみたい! と言い出したら、行政側も受け入れざるを得ないでしょう。 それがGⅠ馬を持つような人が社長だったら、東大卒の競馬評論家も納得するんでしょうね。 主催者側としては、そうした質の高い民間企業をいかに引き入れるかが大切になってきます。 わずかに光明が見えてきたとはいえ笠松存続はまだ予断を許しません。 来年度の開催を決定させることができるかどうか、 今、まさに笠松は正念場を迎えようとしています。

>>笠松存続を求めるネット署名に参加しましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2004.11.02

天皇賞秋回顧 女心と秋の空

遅ればせながら天皇賞秋を回顧。 前日から降り始めたのおかげで、 馬場をどう読めばよいのか非常に困難になりました。 馬場の判断によって、予想も分かれたんじゃないですか。 前残りで決まるとみるか、外差しが決まるとみるか。 私は当日、芝のレースが多く組まれていたことから、 内が踏み荒らされて外差しの馬場になると予想しました。 それで外枠の差し馬、ナリタセンチュリーに本命を打ったわけです。 テレグノシスやツルマルボーイはちょっと内かなと。

ところが、9レース、10レースと見てみると、 思いっきり内の馬が粘る前残りになってるじゃないですか。 完全に馬場を読み違えました。 なぜ、そんな馬場になったかというと、 こんな理由らしいのです。

コースの鬼を買った人は知っていることだが、 東京は先日の改修の際に水はけの悪い3、4コーナーの内側に排水溝を埋め込んである。 そのため去年のJCや今日のように朝まで豪雨でも当日に晴れていると急激に内側が乾いて、 やたら内側が伸びる ようになることがある。で今日の芝のレース、 やはり内枠の馬が結構粘っていた。 (Brain Squall)

知らなかったorz。重馬場発表なのに 内は水はけが良くて、外はたっぷり水分を含んでいるなんて! レースはローエングリンが引っ張る平均ペース。 1番人気ゼンノロブロイは13番枠ながら、道中で巧く内に入れる好プレー。 さすが神業の男、ペリエです。 そのまま直線では余裕を持って追い出すと、 きっちり内で粘ったダンスインザムードを交わして優勝。 3着アドマイヤグルーヴ、4着ツルマルボーイ、 5着ローエングリンまでインを通った馬が占めました。 終わってみれば藤沢親子丼、外国人騎手親子丼ですか。 藤沢師は史上初の同一GⅠ三連覇も達成しました。 まあ、毎年のお馴染みの光景ではありますが、 ペリエ→ルメール→武豊→蛯名→横山典って、騎手の実力順なんすかねぇ。

ダンスインザムードは中1週の強行軍で2着。 3歳牝馬の連対はフエアモア以来67年ぶりとなる快挙だそうです。 って、日中戦争開戦の時の話を持ちだされてもなぁ。 3着にアドマイヤグルーヴが来たのも意外でした。牝馬のツー、スリーとは。 武豊が巧く乗ったというのはありにしても。 ツルマルボーイは展開につきます。 ローエングリンはもうどう乗ってもGⅠは勝てないような気が^^;。 次走はジャパンカップダートらしいですけど、 新天地を砂に求めるのも面白いかもしれません。

わがナリタセンチュリーは6着。 大外をかっ飛んできましたが、前残りの展開ではどうしようもありません。 府中は初めてでしたが、トニービン産駒だけに長い直線は合うようです。 追い込んで来たのがナリタセンチュリーだけだったのを考えれば、 京都大賞典でゼンノロブロイを負かしたのはフロックではなかったと思います。 ベストは府中2400ということになるのでしょうが、 ジャパンカップはちょっとレベルが高すぎますかね。 出走してくれば複穴にはしたい馬です。 有馬よりは好走可能性は高いはず。

| | コメント (3) | トラックバック (3)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »