« 速報・ライブドアが笠松競馬参入を検討! | トップページ | ライブドア・群馬県知事と会談 ホリエコールも »

2004.11.09

AR共和国杯・ファンタジーS回顧 ひさびさW的中

GⅠのふかーい谷間、アルゼンチン共和国杯。 データ解析の本命はレニングラードにしました。 ゼンノロブロイ、アドマイヤグルーヴらと闘ってきた実力は ハンデ戦では一枚上。56キロも恵量で、 府中得意のトニービン産駒と条件が揃いました。 それでも1番人気は条件戦を3連勝してきたグラスポジション。 こういうシチュエーションになったときは、 経験則的に実績馬のほうが勝つ。いや、上がり馬に◎打っちゃうことも多いんですけど^^;。

レースは押し出されたニシノサブライムが逃げる超スロー。 レニングラードは後方でじっくり脚を溜める作戦です。 こういう競馬はノリの十八番なんですよねぇ。 抜群の手応えで直線を向くと、外に持ち出して33秒6の切れ味で初重賞制覇。 2着に50キロの3歳馬テンジンムサシ。 馬連3870円的中。 データ解析、ひさびさの当たりだ。 レニングラード完勝は実力通りってとこでしょうか。

テンジンムサシは最後方からゴボウ抜き。 矢野照師は「グラスポジションをマークしていけと言ったけど相手を間違った」 と石神騎手への指示を反省しきり。 3着に番手で競馬をしたスーパージーン。2頭には切れ味で見劣りましたね。 4着にトップハンデのダイタクバートラム。スムーズに前を捌けませんでした。 矢野照師を惑わせたグラスポジションは10着大敗。 重賞の壁というか、1番人気は重すぎたようです。

西はファンタジーS。 アドマイヤベガ産駒のモンローブロンド(青鹿毛だけど)流し。 モンローブロンドも好位から伸びる良い競馬をしたんですが、 その4馬身前にいたのがラインクラフト。 福永曰く「2番手以降が来そうになかったので最後は流した」そうです。 レースは2ハロン目から11秒台を刻み続けるレベルの高さ。 その流れを先行して瞬時に抜け出した内容は高く評価すべきでしょう。 馬連1030円的中で超ひさびさ重賞W的中。

ラインクラフトはエンドスィープ産駒。 母はアドマイヤマックスの全姉で、祖母はダイナシュートという奧のある血統。 父はスイープトウショウと同じですが、 気性も素直で乗り方にも注文がつかないだけラインクラフトのほうが上かも。 順調にいけば桜の最有力候補になるんじゃないですか。 次走は阪神JFになりますが、あっさりクリアしそうな予感です。

|

« 速報・ライブドアが笠松競馬参入を検討! | トップページ | ライブドア・群馬県知事と会談 ホリエコールも »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/1905464

この記事へのトラックバック一覧です: AR共和国杯・ファンタジーS回顧 ひさびさW的中:

« 速報・ライブドアが笠松競馬参入を検討! | トップページ | ライブドア・群馬県知事と会談 ホリエコールも »