« 秋華賞回顧 大坪さんとダンスインザムード | トップページ | 菊花賞回顧 バルクと歩んだ三冠ロード »

2004.10.22

衝撃! キングカメハメハ屈腱炎!

競馬界に激震が走りました。 ダンツフレームが荒尾で2着に…って話ではなく ^^;、 秋競馬の主役を張るはずだったキングカメハメハの 屈腱炎を発症してしまったのです。 春はNHKマイルC、ダービーを連勝、 秋も神戸新聞杯を勝って、いざ天下統一というところだっただけに非常に惜しまれます。 復帰には長期を要する見込みで、 このまま引退、種牡馬入りという可能性も少なくありません。 個人的には復帰を目指してほしいけど、 種牡馬としての箔は十分ですからねぇ。

管理する松田国師は記者会見で 「クロフネ、タニノギムレットに続き、また秋の大一番を前に失敗してしまいました」と無念を語りました。3年前にJCダートを楽勝したクロフネが、 その翌年にはシンボリクリスエスを降してダービー馬になった タニノギムレットが同じく屈腱炎で引退に追い込まれています。 この3頭に共通するのが、 NHKマイルC→日本ダービーというローテを選択したこと。 連勝したのはキングカメハメハが初めてだったわけで、 松田国師は三度目の正直と賞賛されたわけです。 今回は三度目の悪夢ということになりますが…。

松田国師は なぜNHKマイルCからダービーを目指すのかと聞かれ、 「最大の目標はダービーです。ダービーを勝つために、 より難しい方法に挑戦する、ということ。 もちろんNHKマイルCもステップではなく、勝ちにいくレースです」と答えています。 強い馬はマイルでもクラシックディスタンスでも強い、 そんな信念を持っていたようです。 3頭の故障がこの特殊なローテに原因があるかどうかは分かりません。 ただ、不世出の名馬を3頭とも3歳でリタイヤさせてしまったのは事実として残ります。 NHKマイルC、ダービーと厳しいレースを連戦させたことへの批判は高まるでしょう。 因果関係はともかく、その批判には甘んじなくてはなりません。

会見の最後「ファンや関係者の夢を壊して申し訳ない」と 松田国師は深々と頭を下げたそうです。 もちろん、最も辛いのは師自身であることには違いありません。 その心中はいかばかりか察するに余りあります。 しかし、松田国師にとって一番の試練は 4頭目の名馬を手に入れたときではないでしょうか。 その時、松田国師がどんなローテを選択するのか、 再びNHKマイルCからダービーへと向かわせるのか。 ファンとしては楽しみでもあると言ったら不謹慎すぎるでしょうねぇ。

|

« 秋華賞回顧 大坪さんとダンスインザムード | トップページ | 菊花賞回顧 バルクと歩んだ三冠ロード »

気になるニュース&ブログ」カテゴリの記事

コメント

いつもお世話になっております。
誠に勝手ながらトラバさせて頂きました。
キンカメに関するBlogコメントで否定的な意見が多い中、
先見でコメントされていることに共鳴を受けました。
小生も別に肯定している訳ではないのですが、
とりあえず、松田国調教師には自身のポリシーだけは
失って欲しくないと思っています。

もちろんキンカメ自体まだ引退と決まったわけではないので、
個人的には復活劇を期待して止みません。

投稿: CGet | 2004.10.22 01:59

はじめまして。はじめてトラックバックさせていただきました。僕も今回の件での松田調教師に対するこちらの見解に賛同いたします。このような意見を伺うと本当にホッとします。今後もよろしくお願いします。

投稿: あおの | 2004.10.22 02:26

先にコメントされたお二方に同意。

投稿: | 2004.10.22 03:43

今回の記事、トラックバックさせて頂きました。

今回の件で誰よりも辛いのは、当の松田師だと思います。今後は、キングカメハメハの意志を継げる馬作りを目標に頑張ってほしいものです。

投稿: ジョカトーレ・F(F's blogroom管理人) | 2004.10.23 23:40

失敗は誉められたものではないですけど、調教師が松国じゃなければ、キンカメはあんなにすごい馬にはならなかったでしょうし。
3頭名馬を潰したことは事実だけど、3頭名馬を育てたことも事実。
まあ、一方の当事者のキングカメハメハは松国に潰された馬としてではなく、NHKマイルCとダービーを連勝した名馬として記憶されることでしょう(距離体系的には本来の2000ギニーとダービーの連勝)。
クロフネもJCダートで衝撃的な圧勝劇を演じた馬として、タニノギムレットも春の3歳GI3度目の正直で一番大きいところを取った馬として。

投稿: とぽ | 2004.10.23 23:48

>CGetさん お世話になっております。残念ながら引退となりましたね。批判はしょうがない面もありますが、これまでの功績まで否定する論調には賛成できませんね。 >あおのさん 初めまして。今後ともよろしくお願いします。 >ぶさん 端的なコメントありがとうございます^^。 > ジョカトーレ・Fさん 松田国師も相当なショックだと思いますが、これを糧に新たなチャレンジをしてほしいですね。 >とぽさん 誰が調教してもダービーを獲れたとは言えないでしょうね。米三冠などはもっとハードだったりしますし。

投稿: うまむ@馬耳東風 | 2004.10.24 02:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/1741513

この記事へのトラックバック一覧です: 衝撃! キングカメハメハ屈腱炎!:

» キングカメハメハ屈腱炎 一考 [CGetの馬事争論]
周知の通り、キングカメハメハが不運にも屈腱炎を発症させてしまった。 netkeiba.com キングカメハメハ 屈腱炎発症 松田調教師にとっても... [続きを読む]

受信: 2004.10.22 01:51

» 10.21 | 「キンカメ騒動」にモノ申す!ついでに提案。 [逃げ馬Gallery_Blog]
こんばんは。昨夜からにわかに騒がれた噂が本当の事になってしまいましたね。今年のダービー馬キングカメハメハの故障、戦線離脱。この馬のファンではないけれども、とって... [続きを読む]

受信: 2004.10.22 02:22

» 恐らくキングカメハメハの傷めた場所はここ。右前浅屈腱炎 [↓しげしげ・・シゲシゲ↑]
 キングカメハメハの右前浅屈腱炎はショッキングなニュース。実際どこを傷めたのかJRAの前肢の図とNHKマイルのときに撮った写真を見比べて見ました。このあたりじゃ... [続きを読む]

受信: 2004.10.22 02:30

» 改めてキングカメハメハの故障に思うこと [日本のへそ特別]
馬券日記オケラセラさんのエントリーを読みながら、色々と考えていました。自分は少しというか、かなり『戸山イズム信者』だったりもしたので、当然の如く『鍛えて最強馬を... [続きを読む]

受信: 2004.10.22 09:10

» キングカメハメハ屈腱炎 [一撃必殺!一刀両断・改]
 キングカメハメハが右脚屈腱炎で長期離脱  やっちまったか...orz [続きを読む]

受信: 2004.10.22 15:54

» [競馬]キングカメハメハ 屈腱炎 [オオカミ少年]
>> 今年の日本ダービー(G1)を制したキングカメハメハ(牡3、栗東・松田国英厩舎)が、20日に競走馬診療所にてエコー検査を行った結果「右前浅屈腱炎... [続きを読む]

受信: 2004.10.22 17:26

» 松国よ、何度同じ過ちを繰り返す? [今日もターフはみどり色@ブログ]
キングカメハメハ故障・天皇賞回避 →ラジオNIKKEI 競馬実況HP  秋の天皇賞の最有力候補だと目されていた、キングカメハメハが浅屈腱炎を発症したため、天皇... [続きを読む]

受信: 2004.10.23 18:27

» 再考・キングカメハメハ故障 [F’s blogroom]
 キングカメハメハが屈腱炎を患ったというのは、既に周知の通り。そして今日、JRAから正式に引退の発表がされた。 (以下、JRAのお知らせより)  平成1... [続きを読む]

受信: 2004.10.23 21:59

« 秋華賞回顧 大坪さんとダンスインザムード | トップページ | 菊花賞回顧 バルクと歩んだ三冠ロード »