« ホリエモンファンクラブで100億稼げ! | トップページ | 新潟記念回顧 常石騎手の回復を祈ります »

2004.08.24

札幌記念回顧 魔術で女王復活

ゴール後には珍しく武豊のガッツポーズが出た札幌記念。 これまで折り合いに苦しんできたファインモーションの 新境地を開拓する後方一気の競馬でした。 3コーナーから捲って上がっていくと、 直線では抜群のタイミングで抜け出したはずの バランスオブゲームを半馬身捕えて1着でゴール。 まさにターフの魔術師! はお父さんか。。。 武豊曰く「一番後ろから行くレースをしてみたかった。 あんなに折り合いがついたのは初めて。 描いていたとおりの展開の競馬ができて会心の勝利でした」とのこと。

ファインモーションは右回りで連対を外したのは有馬記念だけ ということになります。左回りはからっきしですから、 目標はエリザベス女王杯かマイルCSでしょう。 天皇賞秋やジャパンカップはやはり分が悪いですよね。 今回の上がり3ハロンは34秒9、 2番目に早いバランスオブゲームが36秒0ですから爆発力は相当なものです。 今後は札幌で会得した後方一気で行くことになるでしょうが、 そうなると前が止まるか止まらないか、それが予想のキーポイントになってきます。 ともあれ、天才の手綱で女王復活です。

2着バランスオブゲームは最高の形で2着。 逃げたローエングリンは3着。力まず走れるようにならないと、2000メートルは長いですね。 5着マイネルアムンゼンは左回りで見直しが必要です。 最下位入線したダービーレグノはレース中に左後脚屈腱を断裂、 予後不良の処置が取られました。 後ろから馬に乗りかかられてしまったそうです。 シンザン記念や新潟記念を勝ち、息の長い活躍を期待していただけにとても残念です。

新潟は1000メートルの直線競馬、アイビスサマーダッシュ。 1番人気カルストンライトオが3馬身差の逃げ切り勝ちを収めました。 抜群のダッシュでスタートを切ると、5番枠から一気に馬場の良い外ラチへ。 新潟を知り尽くした大西騎手の迷いのない好騎乗でした。 とにかく、この馬は直線競馬は強い! というか、テンの速い馬が圧倒的に有利だよなぁ。 それで外枠だったら最強。枠順に有利不利が大きすぎる? でも、直線でやる以上、外が良いのはしょうがないしなぁ。

ところで、秋を賑わすはずだった2頭の古馬が屈腱炎のため戦線離脱しました。 二冠馬ネオユニヴァースは引退種牡馬入り、 春の天皇賞馬イングランディーレは全治9ヶ月で休養することになったのです。 ネオユニヴァースは弱い世代のダービー馬として 認識されていくのだろうけど、今春の大阪杯を勝ちきった時には見直しました。 今から思えば、3歳時の宝塚記念参戦が余計だったんだろうなぁ。 あれで秋はすっかり調子を崩してしまいましたから。 ともあれ、お疲れ様でした。

|

« ホリエモンファンクラブで100億稼げ! | トップページ | 新潟記念回顧 常石騎手の回復を祈ります »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

感動した。最後のちょく線のスパートは、さいこー。

投稿: 久保  | 2004.09.02 12:16

>久保さん 秋の楽しみが増えましたね。G1でもあの脚を期待したいです。

投稿: うまむ@管理人 | 2004.09.02 16:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/1264343

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌記念回顧 魔術で女王復活:

» アイビスサマーダッシュ回顧 [JRA攻略百年構想]
 珍しいというか何というか、先週の2鞍+今週の2鞍と重賞予想の本命馬が4連勝してしまった。1番人気が3頭も含まれていた面はあるが、そうそう出来ることでも無いので... [続きを読む]

受信: 2004.08.24 03:43

» 札幌記念回顧 [JRA攻略百年構想]
 そらガッツポーズも出るっちゅうねん、という鮮やかな勝ち方で◎ファインモーションが復活の8勝目。前後半の半マイルが 47.8-48.2 という平均ペースで、逃げ... [続きを読む]

受信: 2004.08.24 03:43

» 札幌記念などの結果と回顧 [競馬ニュース的ブログ]
【写真はターフビジョンに映し出された 「おめでとう駒大苫小牧」】 今日の札幌競馬場は天候にも恵まれ、札幌記念もあってかなりの入場者(推定3万)でした。また地元北... [続きを読む]

受信: 2004.08.26 20:28

« ホリエモンファンクラブで100億稼げ! | トップページ | 新潟記念回顧 常石騎手の回復を祈ります »