« 函館記念回顧 さらば崖っぷちジョッキー | トップページ | NewsCheck7 名義貸し安勝ショックで三兄弟激突 »

2004.07.28

一口馬主募集の季節 未来の愛馬を選ぼう!

今年もクラブ馬主の出資申し込みの季節がやってきた。 私がシルクホースクラブに入会したのは、もう8年前になる。 以来、何となしに9頭の馬に出資しつづけているが、 これまで勝利をあげたのはシルクディヴァイン1頭だけ (先日のマーキュリーCに岩手所属として出走していた)。 他はことごとく未出走か未勝利だから、 相当に馬運が悪いか、相馬眼に欠けているに違いない。 ならば、寄らば大樹の陰とばかり社台の資料を取り寄せてみたものの、 最低価格が30万円では嫁の理解も得られそうにない。 切りよく10年間はシルクで頑張ってみようと、 2頭の1歳馬に申し込みをしてみることにした。

今年の2歳がファーストクロップになるアドマイヤベガ。 その産駒、アドマイヤフジが新馬戦を快勝して 俄然、評価が高まりつつある。パンフレットを眺めていると、 アドマイヤベガに瓜二つの馬体を持つ馬に目がとまった。 牡馬のシルク3-26(アドマイヤベガ×ビクトリアウインク)だ。 母の父はノーザンテーストで、ミスターシービー、 ファバージ、ダイハードが重ねられている血統だ。 牝系は小岩井のビューチフルドリーマー系と由緒ある一族。 一口6万円とクラブ側が強気なのも頷ける。 今月、半兄のウエストエンドも5馬身差で未勝利を脱出して、 波に乗ってきたのも悪くない。 会員優先期間中に満口を超える勢いで、 最初の敵は抽選ということになりそうだ。

「上が走っても下はさっぱり」というケースが多いのが一口馬主の常でもある。 今、唯一の私の現役馬、シルクグレイスフルはシルクジャスティスの全妹で、 牝馬では安くない一口6万円した馬。 ところが、良いところなく2戦未勝利のまま休養中だからがっかりだ。 もう兄弟には騙されないぞ!と肝に銘じたはずなのに選んでしまったのが シルク3-49(クロフネ×ダボナアンビション)。 クラシック路線を賑わせたサスガ、ヒダカサイレンスの妹だ。 母はシアトルスルー×ミスタープロスペクターという文句のつけようのない 米チャンピオンサイアー同士の配合。 何より祖母は米牝馬三冠を制して最優秀3歳牝馬に選ばれている。 このコテコテのアメリカ血脈に、フレンチデピュティの代表産駒である クロフネを掛け合わせたらどうなるか。 桜花賞がダートなら圧勝間違いない!と言いたいところだが、 血統信ずべし信ずべからず。この馬も抽選になりそう。

一口馬主の楽しみは、こうしてまだ見ぬ愛馬へ 想像をふくらませている時にあるのかもしれない。 この2頭も、もし私のもとに来てくれることになったら、めいっぱい応援してあげたい。 ネットでも様々なBBSで活発な議論が交わされているようだ。 購入するか否かは別にしても、 気になるクラブのパンフレットを取り寄せて眺めてみるのも楽しいかもしれない。

シルク関連のBBS
・シルク募集馬検討掲示板
・しるくちゃんねる2
・臨時オープン!シルク新規募集用掲示板

|

« 函館記念回顧 さらば崖っぷちジョッキー | トップページ | NewsCheck7 名義貸し安勝ショックで三兄弟激突 »

若駒・POG・一口」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/1068562

この記事へのトラックバック一覧です: 一口馬主募集の季節 未来の愛馬を選ぼう!:

« 函館記念回顧 さらば崖っぷちジョッキー | トップページ | NewsCheck7 名義貸し安勝ショックで三兄弟激突 »