« 日本ダービー回顧 北の夢、宴のあと | トップページ | ファルコンS回顧 相変わらず連敗中・・・ »

2004.06.08

安田記念回顧 雨もグリーンベルトも乗り越えて・・・

仕事の関係で、レース映像を見たのは月曜日。 もちろん、結果は知っていたけれど、 ツルマルボーイ-テレグノシスなんて組み合わせ、 グリーンベルトと雨予報をファクターに予想したら買えるわけないよなぁと思ってました。 ツルマルボーイは昨秋の天皇賞で本命にしたぐらいだから、 府中が走るのは百も承知。でも、雨が降るとからっきしの馬なのも確か。 走ったのはペースが嵌ったのと、アンカツが巧かったからか?テレグノシスが届かなかったのはコース取りの差ですね。 勝浦が馬場の良い外に出した分のロス。しかし、彼の騎乗は満点だったんじゃないかな。

データ解析で本命にしたマイソールサウンドは陰も形もなく15着敗退でした。 グリーンベルトを先行するどころでなく、 スタートで挟まれ、道中はかかり通しのファインモーションに内に押し込められ競馬になりませんでした。 そのファインモーションは1番枠が災いしました。 揉まれない外枠が必要なようです。 2番人気ウインラディウスは14着。オリヴァーは「1600は微妙に長いかも」 と距離に敗因を求めていましたが、それで14着は負けすぎでしょ。 気難しい馬だけにテン乗りでは扱いきれなかったか。 それにしても連敗中のデータ解析、いつ当たるんでしょうねぇ(;^_^A アセアセ…。 今週は趣向を変えて、西のファルコンSでも予想してみますか。。。

そんな安田記念の負けを取り戻してくれたのが愛知杯のチアズメッセージ。 ハンデ56.5キロが嫌われて5番人気でしたが、牝馬相手なら実力は最上位。 早め先頭のメモリーキアヌは捕まえ切れませんでしたが、きっちり2着を確保しました。 サンデー産駒だけど、BMSはアンバーシャダイだけに重は苦にしないですね。 馬連7850円、少額購入とはいえ、寂しいPAT残高には貴重な的中でした。 今回のレース回顧はブログ化以前のオケラセラチックだなぁ。

|

« 日本ダービー回顧 北の夢、宴のあと | トップページ | ファルコンS回顧 相変わらず連敗中・・・ »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/731210

この記事へのトラックバック一覧です: 安田記念回顧 雨もグリーンベルトも乗り越えて・・・:

» 安田記念・愛知杯の結果と回顧 [競馬ニュース的ブログ]
■第64回安田記念(G〓) 天候雨、馬場稍重で行われた今年の安田記念は、メジロマイヤーがハナを切り 2番手に香港のセルフフリット、3番手にローエングリンが追走、... [続きを読む]

受信: 2004.06.08 05:24

« 日本ダービー回顧 北の夢、宴のあと | トップページ | ファルコンS回顧 相変わらず連敗中・・・ »