« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »

2004年6月の7件の記事

2004.06.29

宝塚記念回顧 世界へ夢広がる完勝劇

今年の宝塚記念はタップダンスシチーの強さばかりが際だったレースでした。 3コーナー手前から先頭に立つ横綱競馬。 逃げ馬を潰した後もペースを緩めず、逆に後続の馬の息をあげました。 この馬に乗ったときの佐藤哲の騎乗には迷いがありませんよね。 ここで行ったら早すぎるんじゃないかとか、 並みの騎手なら脚を溜めてしまうケースでも、 馬の力を信じてゴーサインを出しています。 実際にそれに応えるタップの能力も相当なものです。 ジャパンカップ9馬身はダテじゃなかった。

2着シルクフェイマスは積極的にタップを追いかけていって連対を確保。 勝ち馬が強すぎただけで、例年ならフェイマスが優勝していてもおかしくありません。 天皇賞で惨敗したリンカーンは3着。 中団やや後方に位置していましたが、これはある意味、ガチでは勝てないという武豊の判断でしょう。 勝ちに行く競馬はしなかったということ。 私が◎を打ったゼンノロブロイはリンカーンに交わされて4着。 前を追いかけていって脚をなくしました。 直線で前の馬に詰まる(って、前にはシルクフェイマスしかいなかったけど)不利がありましたが、 巧く乗っても3着争いに変わりはなかったかな。 馬券は○▲で 押さえ 馬連1930円的中。

タップは7歳、シルクフェイマスは5歳。 その2頭に完敗したリンカーン、ゼンノロブロイ、ザッツザプレンティの4歳勢。 うーん、これで4歳世代・低レベル説は認めざるを得ないのではないでしょうか。 天皇賞春のレースからはゼンノロブロイはシルクフェイマスに逆転されるとは 思わなかったけど、適距離に戻ってこの完敗では。。。 それに田中勝春は緊張しすぎだよなぁ。 ヤマニンゼファーの時のように、人気薄で一発という形じゃないと、 GⅠは勝てないみいたいですねぇ。

この後、タップダンスシチーは凱旋門賞へ挑戦します。 宝塚完勝で胸を張って日本代表と言えるようになったんじゃないかな。 一口6万円×500口で募集されたクラブ馬が世界を制するなんて、 夢のある話ではないですか。JRAも一口馬主を少しは大切にするようになるかもしれませんし。 とにもかくにも、今秋の大きな楽しみがひとつできましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2004.06.24

宝塚記念 ダブルXデーの予感

おそらく人気的には混戦となりそうな今年の宝塚記念。 GⅠでは一度も1番人気になったことのないタップダンスシチーが とうとう本命を背負うことになるのか、 はたまた天皇賞で1番人気に支持されたリンカーンが人気を集めるのか。 菊花賞馬ザッツザプレンティ、GⅠ惜敗続きのゼンノロブロイ、 安田記念を勝ったツルマルボーイも 上位人気になるだろう。それでも、前走の内容をみれば、 やはりタップダンスシチーの1番人気が妥当なところではないか。

昨年の宝塚記念は直線で先頭に立ちながら、 僅差の3着に敗れたタップダンスシチー。 その後、京都大賞典でヒシミラクルを完封、ジャパンカップを逃げ切って圧勝して、 トップホースの仲間入りを果たした。 前走の金鯱賞もあの伝説のサイレンススズカのレコードを 自力で塗り替えたのだから、文句のつけようがない。 この後は凱旋門賞に挑戦して、来年に向けて国内戦は休養という青写真もできていて、 宝塚記念は壮行レースの感さえ呈している。 4歳の世代レベルの低さからすれば、タップの力は一枚も二枚も上だ。

ただ、死角がないわけではない。第一は展開的な要素。 ローエングリン、ザッツザプレンティ、シルクフェイマスら 強力な先行馬がレースを引っ張るなか、早め先頭、押し切り勝ちの パターンをつくることができるかどうか。 今回は中京平坦のようなコースの助けもない。 第二は過去のデータ。拙サイトの消去法 「今週のデータ解析」では、 ①前走、半馬身差以内で辛勝した馬(GⅠを除く)、 ②7歳以上馬、という2項目に該当している。 これまでの経験からすると、①のデータは意外と強力で、金鯱賞の 内容は完勝でも格下ブルーイレヴンに頭差まで詰め寄られたのは事実。 まあ、消去法は「GⅠ馬を除く」という条件がつきものだけに、 杞憂に終わる可能性も高いのだが。

ところで、 「重賞対談」 でも話題にさせていただいたが、 宝塚記念の行われる6月27日は、最近、2着、3着と好調のハルウララの出走日でもある。 メンバー次第では今週末がハルウララ勝利のXデーになってもおかしくない。 一方、宝塚記念で人気の一角ゼンノロブロイが勝てば、 鞍上の人間ハルウララこと田中勝春のGⅠ連敗記録も止まることになる。 密かにダブルXデーの予感もするのだが、どうだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2004.06.22

プロキオンS回顧 井崎の法則に乗ってみる

いやぁ、蒸し暑い日が続きますね。 こんな感じだと、やる気もなくなって、 馬券検討も雑になってきちゃいますよね。 福島だから前の馬から買えばいいやなんてやると、 思いっきり差しが決まったりしますからねぇ。 福島メインはスプリント戦、バーデンバーデンC。 珍しく他人の予想に乗っちゃいました。 誰の予想にかっていうと、スーパー競馬の井崎の法則(;^_^A アセアセ…。 7番人気ダイワフォーチュンを先生が強く推すもんだから、 わたしもついつい買ってしまいましたよ。 前走が評価すべき内容だったのは納得しましたから。

その岡部ダイワフォーチュンは気合いを付けて追走も、 後方11番手からの苦しい競馬。 勝負所でも置かれてしまいます。おいおいって感じだったんですが、 直線を向いて内から猛スパートをかけます。 でも、前をふらふらしているカルストンライトオが邪魔になって3着まで。 1着ワンダーシアトル、2着カルストンライトオ。 そりゃ、井崎先生は複勝を腰が抜けるほど買ったそうですから良いでしょうが、 こっちは単勝と馬連しか手元にないっす(;>_<;)。 しかし、5番人気のカルストンライトオの複勝は380円なのに、 ダイワフォーチュンは230円って何よ。 これは井崎の法則の影響力とみて良いでしょうか?

阪神はダート重賞プロキオンS。 データ解析の本命は1番人気、武豊のエイシンハンプトンです。 堅かろうがなんだろうが、この連敗地獄を止めなけれな。 しかし、エイシンハンプトンは中団でモタつき気味。 俺の◎がそんなに重いのか(T.T)。 3番手から抜け出した小牧ニホンピロサートの快勝が決まったところ、 エッチラオッチラと伸びてきたエイシンハンプトンがインタータイヨウを交わして2着を確保。 うわーい、データ解析の連敗脱出(^_-)vブイブイッ(今週の日記、顔文字多用しすぎ…)。 6点買って馬連510円だって。 いいんです、勝つことが大事なんです!(川平慈英風)。

この日もエイシンハンプトンで2着だった 武豊。 桜花賞以来、重賞勝ちはないので、 「武豊不調説」も流れていましたが、この週までで実は98勝と絶好調。 200勝の金字塔を打ち立てた去年を上回るハイペースなんですよ。 こりゃ不調じゃなくて、単なるヨシトミ病だと思いますよ。一過性の…。 騎手関係では、岡部が通算2900勝、田中亮が2年半ぶりの勝利、 マッキーも2勝目をあげるなど話題が豊富な週でしたね。 あと高橋明の引退もありました。通算1395戦49勝、重賞はマウンテンストーンの青葉賞勝ちがあります。 青葉賞がオープン特別のままじゃなくて良かったねぇ(/_;)。 デビュー当初は境勝太郎厩舎で、フトシなんかが上にいて騎乗馬に恵まれないこともありました。 それでもマウンテンストーンと言えば高橋明という記憶はファンのなかに残ったんじゃないかな。 まだ33歳、調教助手としての再スタート、頑張ってもらいたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2004.06.21

競馬は馬券だ! 百花繚乱予想サイトⅠ
<競馬サイトの夜明けを綴るNo.4>

個人サイトのなかで最も多いのが、 馬券予想をメインテーマにするものなのは間違いない。開設者は、 たまたま的中が続いたときに予想を公開しようと思ったかもしれないし、 独自の理論を世に問いたいという思い入れがあったかもしれない。 競馬は予想ファクターが無数に入り交じるギャンブルだ。 だから、タイム、展開、血統、騎手、サイン、消去法など 人それぞれの予想方法があり、オリジナルの予想サイトを作ることができる。 いずれにせよ、ファンが見たいのは最終的な買い目ではなく、 結論を導き出すまでのプロセスだ。そこに予想のヒントがあり サイトを訪れる理由がある。しかし、残念ながら、 簡単なコメントを書き添えただけの 「買い目以外にコンテンツにするものがない」というだけのサイトも少なくない。 そうしたサイトは人も集まらないし、制作者のモチベーションも続かない。 いちばん手軽に作れるのが予想サイトであるとともに、 いちばん運営が難しいのも予想サイトであると言うことができよう。

正統派予想サイトという分類が許されるなら、 96年、秋の天皇賞でバブルガムフェローに敢然と◎を打ち、 鮮烈なサイトデビューを飾った 「ヒロ中江の券道一直線」 を真っ先にあげさせていただきたい。 02年に忽然と姿を消すまで、1週1レースの予想だけでミリオンヒットの支持を得て、一時代を築いた人気サイトだ。 券道一直線の凄さは圧倒的な文章量にあった。 文字数は1レースあたり2000~3000文字にものぼり、 パソコンの画面は文字だけで埋め尽くされるほどだった。 決して奇をてらうことなく、前走の敗因や血統など ピックアップした馬について分析を加え、 最後に俯瞰した目線から、本命馬の選定理由を説明していく。 そのオーソドックスな手法と、 安定感のある高い的中率がファンの信頼感を得た大きな理由だ。 例えば99年は52レース中、24レースが的中しているが、 この年だけが飛び抜けているけではないから恐れ入る。 ブログ隆盛の時代にあっても、 これほど圧倒的なテキストサイトはお目にかかったことがない。

同じく96年秋、券道一直線より3週早くスタートした 「良馬くんと悪馬ちゃん」 も正統派予想と言えるだろう。 全出走馬の買い材料と不安材料をコメントするなど、何しろ正直で良心的な構成だからだ。 タイトルにもなっている「良馬(りょうま)くんと悪馬(あくま)ちゃん」のコーナーでは 人気よりも頑張った良馬くんと人気よりも頑張れなかった悪馬ちゃん注目。 万馬券の片棒を担いだことのある点などポイント化し、 制作者の自信度を添えて、良馬くんと悪馬ちゃんを2頭ずつあげる。 こうした正統派予想サイトの命は懇切丁寧な分析と、 ファンを納得させられる視点の鋭さを持ち合わせているか否かにある。 そういう意味合いでは、カミソリのような見解を発表する 「MAIN OFFENDER」(00~04年)、個々の馬のコメントが詳しい 「Main Race」(01年~)、 「炎の3点勝負」 (99年~)、 「週刊攻馬」(99~03年) も白眉な存在だ。 正統派サイトは競馬観や文才が非常に問われるだけに、 制作者の緊張の糸が切れると行き詰まるのも早い。 輝きを放ちながら、一瞬で消えるサイトが多いのもそのためではないか。 4年間続いた中堅サイト 「サラブの王様」 (00~04年)は無期限の休止を決めた際にこう記している。 「これまで時間を割いては何とかHPを維持してまいりましたが、精神的にも体力的にも限界に近い状態になってしまいました。予想においても最近は雑になり意気込みが無くなってきていたのは日々自身に感じ取っておりました」 サイトをつくることは易しいことだ。それを維持、運営していくことのほうが難しい。

一方、パソコンソフトを用いて、 詳細なデータから予想にアプローチするサイトも次々に登場した。 なかでもTargetを使った 「蛸坊主の赤鉛筆」(00年~) はその草分け的存在であり、 もっともアクセスのあるサイトである。 99年、「ハズレても、読者にとって予想の糧となる情報提供を目指して」 メールマガジンで発行され始めた蛸坊主の赤鉛筆は、 Niftyの 競馬フォーラムにも掲載され、 「競馬の勝ち馬は偶然ではなく合理的に決まるもの」という 説得力のあるデータ予想は他の追随を許さなかった。 例えば02年のNHKマイルCを紐解くとこうなる。 まずは1ハロンごとのラップから 「ニュージランドTとNHKマイルCは同じ芝1600メートルでもパターンが違う」 ことを解析。NHKマイルCは2F~3Fが異常に速い傾向にあることから、 似たようなパターンで好走していたテレグノシスとタニノギムレットをピックアップ。 同様のラップ分析から台頭可能と判断したアグネスソニックを加えた3頭に 重い印を打っている。もちろん、馬場状態も加味した上での合理的結論だった (結果は1着テレグノシス-2着アグネソソニック-3着タニノギムレット)。 豊富なデータと、透明性ある思考は優秀なデータベースがあればこそだろう。 Targetを利用したサイトには 「RACING BOOK」 (98年~)も有名だ。

他にも、玉石混合なれど、ソフトを活用する予想サイトは後を絶たなかった。 Targetに次ぐ支持を集めたのは、 西田式スピード指数を計算するものではないだろうか。 拙「馬耳東風 競馬データ予想」(96年~)は消去法と組み合わせたものだが、 「馬なり夢競馬」 (97~00年)、 「JACKPOT」 (98年~)、 「とりおやこ’S競馬」 (01年~)はスピード指数を全面に打ち出したものだ。 独自のソフトを用いた予想サイトでは うますぴの 「まっしぃ~んるーむ」 (96年~)、全レースの予想を提供する 「BOX3」「サラブレッドナビゲーター 」 (97年~)、 西田式と保川式を基にした 「ジュピター指数」、西田式に近い独自のプログラムの 「予想屋”Aki”のホームページ」(97年~)、 南関東公営の指数を公開している 「SouKaSILa」(95年~)、エクセルを利用している 「発走30分前!」 (98年~) をあげておく。 デジタル時代の競馬予想は多種多様な理論を生み出している。 次回も引き続き「予想サイト」をテーマにお届けしたい。

前回との更新から間があいてしまいましたが、 予想サイトは膨大にありすぎて、どこから手を付けて良いか分からなかった のが原因です。今回も小史というより、取りとめのない紹介、分類になってしまいましたが、 とりあえず前進ということでご容赦願います。 次回も同じく予想サイトをテーマに、毛色の異なったものを 取り上げられればと思います。それまで、引き続き皆様からの情報提供をお待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.15

NewsCheck 6 逃げて差しきり勝ち!?

>>スピード満点 逃げて差しきり勝ち?(レース映像)
11日の大井5Rで逃げ馬が直線で差しきり勝ちを収める珍事が発生。 レース映像を見ると分かりますが、差しかえしたというレベルではないのです。 降りしきる雨を気にすることもなく、先頭を気持ちよく走っていたスピードマンテン号。 このまま楽勝かと思われた矢先、4角を回るときに脚を滑らせてオットット。 ほとんど立ち止まってしまい、後続の馬に抜かれてしまいました。 ところが、そこからがスピード満点たる所以か、再加速すると ゴール前では1馬身の差をつけて差しきってしまったのです。 トウカイテイオー産駒の3歳牝馬ですが、能力があるのは間違いないようで、 この技を会得すれば大井のヒロインになれるかも。新聞の前走欄にはなんて載るのかなぁ。

>>ハルウララが110連敗 妹は14連敗(スポニチ)
で、こっちは相変わらず勝てない姉妹の話ですが、 この日ハルウララは3着、ミツイシフラワーは2着に好走。ハルウララは前々走でも2着でしたから、 こりゃ、メンツによってはひょっとしますね。4月から後半で追い上げる作戦に 変更したのが功を奏しているそうです。って、100戦以上した8歳馬に脚質転換とは、 今までは何だったのかと…。いずれにしても、ハルウララ勝利の日は いよいよ現実味を帯びてきた感じで、ひょっとすると次走6月27日という線もありかも。

>> 社台の外厩馬に武豊騎手 (サンスポ)
ラフィアンがコスモバルクで成功したホッカイドウ競馬の外厩利用。 当然、今年は社台もやらないわけはなく、フレンチデピュティ産駒やエアジハード産駒など 10頭以上の生産馬を外厩認定馬としてデビューさせる予定だとか。 なかでも、能試で一番時計を出したカントリーウーマン(父イシノサンデー)は 武豊を鞍上に17日に札幌でデビューすることが決まりました。 果たして社台はコスモバルクのように外厩馬をクラシックに送り込めるのか、注目です。

>> 競馬ウェブウォッチ 6月上半期号発行(馬耳東風)
リニューアル創刊したメールマガジン「競馬ウェブウォッチ」を昨夜、お届けしました。 6月上半期のウェブウォッチです。今期はダービーを巡る熱い議論、海外遠征の是非など テーマ別にブログ記事など40本をご紹介しています。

>>「競馬ウェブウォッチ」バックナンバー
>>メルマガ購読はこちらから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.06.14

ファルコンS回顧 相変わらず連敗中・・・

春の府中開催も最終週ということで、 馬場も随分と荒れてきていたようです。 エプソムCはウインクリューガー、ハスラーが先手を奪うスローな流れ。 好スタートのマイネルアムンゼンが直線で内をついて、 クビ差、ダンツジャッジを凌ぎきりました。 エプソムCは連覇ですね。前走の新潟大賞典もそうでしたが、 時計のかかる左回り1800~2000メートルという条件がベスト。 そうでなければオーストラリアTのように早め先頭で粘りきるか。 要は一瞬の脚がなく、ジリ脚で勝負するタイプなんですねぇ。 レース後のインタビューを聞くと、 大西は1番人気だと思っていたらしいですが、実際は3番人気に落ちていたようです。 馬券はダンツジャッジから取ったものの元返し。馬連1460円

今週のデータ解析はファルコンSを取り上げました。 年々、エプソムCのデータ破壊が進行してきて、消去データで予想するには 厳しい状況になっていたからなんです。 で、本命はシルヴァーゼット。 前走の勝ち方が良かったし、人気のタイキバカラは折り合いが、ムーヴオブサンデーは 追い切りに危うさが漂ってましたし。 ペースを作ったのはナムラビッグタイム、シルヴァーゼット。 遅れたタイキバカラは道中で大きな不利を受けて脱落。 直線でシルヴァーゼットらが抜け出したところを、 10番人気キョウワハピネスが外から差しきりました。

伏兵馬が突っ込んでくるかもとは思ってはいましたが、 見所のないキョウワハピネスは買ってなかったなぁ。 勝因はよく分かりません。。。こういう役回りをシゲルドントイケとか、 フェミニンガールに期待していたんですけどねぇ。 シルヴァーゼットは1200なら走ります。 もたれていたようで、左回りより右回りのほうが合っているようですが。 タイキバカラは不利、ムーヴオブサンデーは調子落ちが敗因かな。 これでデータ解析の連敗は継続(¨;)。エプソムC予想にしとけば良かった。 キョウワハピネスの爆走でファルコンSのデータも崩れそうだし、 この週は全く頭が痛い限りです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.06.08

安田記念回顧 雨もグリーンベルトも乗り越えて・・・

仕事の関係で、レース映像を見たのは月曜日。 もちろん、結果は知っていたけれど、 ツルマルボーイ-テレグノシスなんて組み合わせ、 グリーンベルトと雨予報をファクターに予想したら買えるわけないよなぁと思ってました。 ツルマルボーイは昨秋の天皇賞で本命にしたぐらいだから、 府中が走るのは百も承知。でも、雨が降るとからっきしの馬なのも確か。 走ったのはペースが嵌ったのと、アンカツが巧かったからか?テレグノシスが届かなかったのはコース取りの差ですね。 勝浦が馬場の良い外に出した分のロス。しかし、彼の騎乗は満点だったんじゃないかな。

データ解析で本命にしたマイソールサウンドは陰も形もなく15着敗退でした。 グリーンベルトを先行するどころでなく、 スタートで挟まれ、道中はかかり通しのファインモーションに内に押し込められ競馬になりませんでした。 そのファインモーションは1番枠が災いしました。 揉まれない外枠が必要なようです。 2番人気ウインラディウスは14着。オリヴァーは「1600は微妙に長いかも」 と距離に敗因を求めていましたが、それで14着は負けすぎでしょ。 気難しい馬だけにテン乗りでは扱いきれなかったか。 それにしても連敗中のデータ解析、いつ当たるんでしょうねぇ(;^_^A アセアセ…。 今週は趣向を変えて、西のファルコンSでも予想してみますか。。。

そんな安田記念の負けを取り戻してくれたのが愛知杯のチアズメッセージ。 ハンデ56.5キロが嫌われて5番人気でしたが、牝馬相手なら実力は最上位。 早め先頭のメモリーキアヌは捕まえ切れませんでしたが、きっちり2着を確保しました。 サンデー産駒だけど、BMSはアンバーシャダイだけに重は苦にしないですね。 馬連7850円、少額購入とはいえ、寂しいPAT残高には貴重な的中でした。 今回のレース回顧はブログ化以前のオケラセラチックだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »