« ダーウィン進化論から見たダービー予想とは? | トップページ | 安田記念回顧 雨もグリーンベルトも乗り越えて・・・ »

2004.05.31

日本ダービー回顧 北の夢、宴のあと

ダービーが終わった。握りしめた拳から 汗がにじみ出るほど、一ファンにとってもダービーは緊張するもの。 況や地方競馬の期待を一身に背負い、 中央で一世一代の勝負をすることになった五十嵐冬樹の 心境はいかばかりだったか想像に難くない。 皐月賞まで平常心だったはずのコスモバルク陣営、 調教師、騎手、馬主の三者は舞い上がって何も見えなくなってしまった。 仕上げ、輸送、馬場、展開、距離、時計、 客観的な敗因は幾らでもあげつらえるが根本的な理由はただ一つ、 ダービーを獲るには経験が足りなかった ということだ。もちろん、コスモバルクに◎を打った私も若かった。彼らと同じ穴の何とやらだ。 しかし、もし時計がダービー前に戻っても、私はコスモバルクと 心中するだろう。こんなに肩入れできる馬とダービーデイを過せるなんて、 馬券の当たりハズレを超越して、ファン冥利につきる。 どこか頭がおかしいのかもしれないが、 五十嵐の悲壮感に満ちた騎乗に 負ける美学を見て、レース後にはカタルシスすら覚えた。

スーパー競馬にパドックから出演した岡田繁幸総帥だったが、 オンエア中も心ここにあらずという感じだった。 五十嵐に言わなければならないことがあると、 インタビューを中座して駆け寄っていったとき、 余計なアドバイスをしなければ良いがと思った。 もうレースのシミュレーションは十分にできていたはずだ。 オーナーが口出しをしても、ただでさえ堅くなっている騎手にプレッシャーを与えるだけに過ぎない。 インタビューでも喋っていたが、岡田総帥の大方の指示は予想が付く。 「ダイワメジャーを目標にしろ。マイネルマクロスが平均ペース以上の展開を作るから、 4角先頭に立つ勢いで行け。皐月賞の轍を踏むな」こんな具合ではなかったか。 レースは生き物だ。百回やれば百通りの展開がある。 事前に想定した作戦に縛られては勝てるレースも勝てなくなる。 心理戦は先に動いた方が負けだ。 パドックで慌ただしく動くコスモバルク陣営。 対照的にテレビのインタビューに淡々と答える社台の吉田照哉。 威風堂々としたキングカメハメハの落ち着きを見て、 私はコスモバルクが負けるのを確信した。 だが、馬券の買い目を変えることはできなかった。

スタートして、ハナに立ったのは後藤マイネルマクロス。 ペースメーカになるはずのマクロスは1コーナーからかかって暴走。 1000メートル57秒7の超ハイラップを刻む。 一方でコスモバルクも折り合いを付けられない。 五十嵐は「ダイワメジャーの後ろ3,4番手を考えていた」はずが、 とにかく馬をなだめるのに精一杯になる。 ライバル、アンカツのキングカメハメハはハイペースをみて中団につける。 素人目に見ても完璧な位置取り。 道中、五十嵐は敗戦を覚悟したはずだ。 それでも一縷の望みをかけて、4角先頭の絶望的なスパートに出る。 差し比べでは勝ちようがない。リードを広げて粘りきるしかない。 五十嵐は4角で手綱をしごきながら、後方との差を確認しようと振り返った。 その時、視界に入ったのは絶好の手応えで迫ってくるキングカメハメハだった。 五十嵐にとって府中の直線500メートルは、とてつもない長さに思えたに違いない。

勝ったキングカメハメハは2分23秒3のレコード。 ダービー馬に相応しい強さだった。松田国師は クロフネ、タニノギムレットで為しえなかったNHKマイルC、ダービーの連覇を 三度目にして達成した。とうとうアンカツもダービージョッキーの栄冠を手に入れた。 実力で中央の扉をこじ開けた笠松の英雄を、もはや誰も地方騎手とは呼ばない。 彼もまた、1番人気ライデンリーダーに跨り、 府中2400を暴走したオークスから10年の歳月を必要としていた。 2着に横山典ハーツクライ。メジロライアン、セイウンスカイ、ゼンノロブロイと 有力馬に騎乗してきたが、今年もダービーには届かなかった。 3着にエビショーのハイアーゲーム。 坂上で脚が上がったのはキングカメハメハを負かしに行ったが故。 エビショーの感想は「勝てないなあ、ダービーは」。

思えば、五十嵐冬樹はまだ28歳。ダービーは当然、初挑戦である。 コスモバルクは地方競馬からクラシックへ挑戦する外厩制という パンドラの箱を開いた。奇跡を起こすチャンスは、きっとまた訪れる。 ラフィアン、岡田繁幸総帥はダービーを獲るため、 ペースメーカーや距離適性のない持ち馬まで参戦させた。 その作戦は裏目。結果的にマイネルマクロスはコスモバルクを潰した。 さらに、コスモサンビームは骨折、マイネルブルックは予後不良になった。 「策士、策に溺れる」、ダービーは正攻法でしか勝ち得ないレースなのかもしれない。 社台の前総帥、吉田善哉がダイナガリバーで 初めてダービーを制覇したのは65歳の時だ。岡田総帥はまだ56歳。 今回、地獄を見た彼は何かを得たに違いない。

すべてのホースマンの夢、東京優駿。 また明日から来年のダービーに向けて新たな闘いが始まる。

|

« ダーウィン進化論から見たダービー予想とは? | トップページ | 安田記念回顧 雨もグリーンベルトも乗り越えて・・・ »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/683228

この記事へのトラックバック一覧です: 日本ダービー回顧 北の夢、宴のあと:

» 東京優駿などの結果と回顧 [競馬ニュース的ブログ]
■第71回東京優駿(G〓)3歳(指)定量 芝2400m 馬場良 高速馬場の中、今度こそはマイネルマクロスの逃げで始まり、2番手にコスモ バルクが追走、ダイワメジ... [続きを読む]

受信: 2004.05.31 05:24

» レース回顧 東京10R 日本ダービー [競馬予想ノート【Diary】]
いいレースでした。 2004/5/30 3回 東京 4日目 10R 東京優駿 3歳牡・牝○指(定量) 芝2400 1 12 ◎キングカメハメハ... [続きを読む]

受信: 2004.05.31 06:23

» 日本ダービー(結果) [軸馬選定情報局]
1着 キングカメハメハ 2着 ハーツクライ 3着 ハイアーゲーム レース後の正直な感想は、キングカメハメハ強い、コスモバルクかわいそう、でした。 キ... [続きを読む]

受信: 2004.05.31 07:32

» スタア誕生 [ウーロンのブログ]
うだるような猛暑の日となったダービーデイだったが、この日、一頭のスタアが生まれた。 キングカメハメハ。 1600から2400への難しい距離延長のハンデをものとも... [続きを読む]

受信: 2004.05.31 11:12

» 第71回東京優駿回顧 −岡田繁幸18年越しの夢破れる− [FurlongBlog]
着枠 馬                          人 順番 番   馬   名   性齢 斤量 騎手 タイム 馬体重 気 印 1[6]12 キン... [続きを読む]

受信: 2004.05.31 11:25

» ダービーを終えて [Woodman's blues]
一言で表せば、とにかく壮絶な結末でした。 コスモバルクが早め早めの競馬をするであろうことは予想できましたが、いくらなんでもここまで厳しい展開になるとは・・・。 [続きを読む]

受信: 2004.05.31 15:02

» ダービー回顧その2&今週は安田記念 [はんぱもん]
キングカメハメハ 東京1600mであんなレースができるのだから、 一番強いとは思っていた。 しかしあんなローテーションで勝てるわけがない、 距離が長いと思ってい... [続きを読む]

受信: 2004.05.31 17:20

» 強い馬の強い競馬が見れた [Brain Squall]
カメハメハ ダービーレコードでG1連覇(スポニチアネックス) アンカツ初ダービー「平常心で乗れた」(スポニチアネックス) 3年連続のダービー観戦。終わってみれば... [続きを読む]

受信: 2004.05.31 18:42

» 第71回日本ダービー総括。それぞれの敗因と勝因。 [readkeiba.blog/競馬・読む・見る・書く・・・]
◎マイネルマクロスの背信。 ◎コスモバルク、ダービー成らず。 ◎キングカメハメハの強さ。 ◎ハイアーゲームに感じた意志。 ◎ダイワメジャーの誤算。 ◎ハーツクライの真価。 [続きを読む]

受信: 2004.05.31 19:10

» 最強の夢 [Turf Watch]
 雨が降るとの予報もありましたが、ダービー当日は五月の終わりとは思えないような熱 [続きを読む]

受信: 2004.05.31 19:44

» ダービー 回顧(結果&雑感) [お馬の親子]
日本ダービー(G1) "たかがダービー"年間129レースあるJRA重賞のひとつにすぎませんが、"されどダービー"このレースをはずすと気分はぐっと沈んで行き... [続きを読む]

受信: 2004.05.31 23:18

» ダービーから1夜明けて思うこと。。。 [キルトクールブログ]
えー。ダービが終わり1日たって、いろいろな意見、いろいろな反響がでてきました。 素晴らしいダービーだったことに変わりはないのですが、 一方マイネル&コスモ軍団... [続きを読む]

受信: 2004.06.01 00:56

» [競馬]日本ダービー回顧 [散華]
1 キングカメハメハ ○ 2 ハーツクライ 3 ハイアーゲーム   ちょっと偏った回顧なんでマトモなのが読みたければ【日本ダービー回顧 北の夢、宴のあと】 参考... [続きを読む]

受信: 2004.06.01 02:45

» ダービー 戦い済んで・・・回顧 [役に立たない?競馬分析blog]
他のブロガーさんの論調に、うなづくばかりで、改まって書くこと無いんですが・・・特にうなづいたのは、 FurlongBlog 展開やハーツクライの可能性について [続きを読む]

受信: 2004.06.01 06:14

» コスモバルクと五十嵐冬樹 [競馬ちっくなBlog]
ダービーが終わって数日経つが、まだダービーの余韻は残っているようですな 特にマイネル軍団、コスモバルクと五十嵐騎手について色々言われてるっぽいな 確かにマイネル... [続きを読む]

受信: 2004.06.02 19:23

« ダーウィン進化論から見たダービー予想とは? | トップページ | 安田記念回顧 雨もグリーンベルトも乗り越えて・・・ »